劇場公開日 2019年10月25日

「必然性のないアクションが惜しい。M.E.ウィンステッドは好演」ジェミニマン AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

3.2128
8%
46%
38%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0必然性のないアクションが惜しい。M.E.ウィンステッドは好演

AuVisさん
2019年10月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

興奮

バイクでのチェイスとアクションは見た目に派手だし、若いクローンの顔はパフォーマンスキャプチャーとCGで描かれた点を考えると、活劇の振付と撮影技術の両面で偉業と言える。だがクローンは自動小銃もあるのに、追い詰めたアーサーをわざわざバイクで倒しに行くのは暗殺者として失格。人馬一体ならぬ人・単車一体の格闘シーンを見せたいにせよ、観客を納得させる自然な状況を用意してほしかった。

メアリー・エリザベス・ウィンステッドは「ファイナル・デッドコースター」で魅力的な若手が出てきたと喜んだものだが、以降は役にあまり恵まれていない印象。女優陣が男勝りの大暴れをする「デス・プルーフ in グラインドハウス」にも出演したのに、彼女が居眠りしている間に肝心の活劇は終わってしまうし。それもあり、今作でアクションも頑張っていたのは嬉しい驚きだ。

「3D+in HFR」は賛否両論あろうが、個人的には新鮮で面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
AuVis
「ジェミニマン」のレビューを書く 「ジェミニマン」のレビュー一覧へ(全128件)
「ジェミニマン」の作品トップへ