劇場公開日 2020年2月28日

「もう若くないさと君に言い訳できない」レ・ミゼラブル 蛇足軒瞬平太さんの映画レビュー(感想・評価)

4.073
29%
62%
9%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0もう若くないさと君に言い訳できない

2020年3月27日
PCから投稿

『ぼくらの7日間戦争』風に観るか、
『デトロイト』や『シティ・オブ・ゴッド』風に観るか、その岐路にある@フランス、@世界中、というように観客に選択肢を与えるように優しく描いてある。

ゴム弾を子どもに命中させて、
オロオロするオトナたち。

子どもたちにとっては、
めんどくさいホウキは折る、
うるさいチリトリは壊す、
オトナなんてその辺に転がってるホウキやチリトリと変わらない。
なぜなら、ゴミ以下の扱いを受けている、
または、いたから。

そんな子どもたちもオトナになると、
髪を切って、もう若くないさと言い訳をしたのは、昭和のはなし。

時計じかけのオレンジのディムは警察官、
ワンダラーズのテラーは海兵隊、
ガキ帝国のポパイは機動隊、
三島と一緒に900番教室にいた奴らも、
多くはサラリーマン。
昭和のガキには受け皿があった。

クニ全体がもう若くないさと、
言い訳をしても、
対岸の火事はすでに足元まできている。

君も観るだろうか?
オトナ帝国の逆襲風の作品を。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
蛇足軒瞬平太
「レ・ミゼラブル」のレビューを書く 「レ・ミゼラブル」のレビュー一覧へ(全73件)
「レ・ミゼラブル」の作品トップへ