劇場公開日 2020年9月25日

鵞鳥湖の夜のレビュー・感想・評価

3.630
20%
54%
20%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全30件中、1~20件目を表示

4.0グイ・ルンメイ、アジア映画界きっての演技派美人女優

2020年9月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

萌える

ディアオ・イーナン監督の前作「薄氷の殺人」でこの長いキャリアの女優を恥ずかしながら初めて知り衝撃を受け、過去の出演作をハシゴしてますます魅了された評者だが、本作でもそのクールな美貌、儚げだがしたたかさも漂わせる存在感を堪能できた。トレードマークの短髪に、少年のように細く小柄な身体は、アジアンノワールのファムファタールにうってつけだ。主演のフー・ゴー(岩井俊二監督の「チィファの手紙」にも短く出演)は大柄な体躯を駆使して活劇を牽引するが、ルンメイが演じる娼婦もW主演と言って差し支えないほど重要で、彼女を軸に話を追うとミステリ要素を一層楽しめる。

「薄氷の殺人」が過去の事件の謎を刑事が追う比較的ストイックな作風だったのと対照的に、本作は(回想場面もあるとはいえ)出来事が現在進行形でダイナミックに展開。仏映画発のスタイリッシュな暗黒映画を継承しつつ、中華らしいケレンを添えて新味を出している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
高森 郁哉

4.0夜の静寂の中に、鮮烈かつ魅惑的な野性味がほとばしるノワール作品

2020年9月22日
PCから投稿

夜の静寂の中、鮮烈な野性味がほとばしるノワール作品だ。舞台は都市開発から取り残された鵞鳥湖のほとり。片や警察に追われる男がいて、片や「あなたの奥さんの代理で来た」と主張する女がいる。建物の陰で初対面を交わした二人は、これまでの経緯を回想しつつ、この先どうすべきかの決断を迫られる・・・。ストーリーだけみると単純な逃走劇かもしれない。だが、主人公をあえて一人に限定せず、男女それぞれが目線を絡ませあうことで語り口の面白さが増す。

寡黙で胸の内側をほとんど表に出さない彼らには、何を考えているのか分からぬミステリアスな雰囲気が漂い、だからこそ身体を駆使して感情が一気に噴き出す際の凄みは計り知れない。寂れた街並みを照らすネオンや蛍光色も忘れがたい要素。イーナン監督流の魅惑の映像美にすっかり陶酔しきりの我々観客の姿は、怪しい明かりを求めて水辺に群がる登場人物たちの生態とさほど変わらないのかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

2.5飽きずに見たけど面白くはない

2020年10月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

不思議な映画。絵もたいして綺麗でもなく、ノワールっぽくない明るくて見やすい感じ。主人公2人も特に魅力が無く肩入れしたくもならない。男は阿部ちゃんをひ弱にした感じで、女は蓮舫の劣化版?ホントは綺麗なのかもしれないけどこの映画では美人には見えなかった。そんで何故私を好きにしていいのよ、なの?
説明や回想設定も雑。時間軸不明だし、警察とチンピラの見分けつかないし。ラスプーチンも外し感満載。あそこはチープなチャイナポップでいいのに。
ストーリーは最後に何かあるんでしょ??と思ってましたが何も無く終了。こりゃ公開規模も小さくて正解。残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マクラビン

4.0【中国近代化から取り残されたリゾート地、鵞鳥湖畔で起きた事。退廃的な暗いトーンの色合い、雰囲気の中、鮮やかな”赤”が印象的な中国ノワールムービーの秀作。】

NOBUさん
2020年10月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU

3.5魅力的なシーンが多いです

まめこさん
2020年9月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ストーリーは超がつくほど単純です。ひねりないです。けどこの作品はそれで良いと思います。

土臭い中国の片田舎のヤクザもんの人生の最後ですね。ヤクザ映画好きな人にはオススメかもです。
ところどころのシーンがとっても魅力的。鑑賞して数日経ちますが、思い出すシーンがけっこうありますもん。これは制作者の勝ちですね。
地下のケンカのシーンとか、縁日?のダンスのとことか。

ネオンの使い方が良いですね!ネオンに照らされる顔が、もうなんか気持ち悪くてかっこいい。こいつらどーしようもねー世界で生きてんだなーって、すごい感じる。
どーしよーもねーけど、キレイなところもあって、そこが居心地良くて、そこに生きてるんだよね、そこで生きてくしかないんだよね、っていうのが映像からすごい伝わる。
決して私なんかは絶対生活できないような場所だけど。

でもそういう世界を描いたり、観たりできることって、それが映像体験の目的の一つでもあるからいいですよね。
決してすげー面白いって作品じゃないけど、なんか思い出す。そんな作品でした。

水浴女って本当にいるんだろうか。初めて聞きました。水浴女の帽子が可愛かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
まめこ

3.5タイトルなし

Shiroさん
2020年9月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

薄氷の殺人ほどは楽しめなかったかな..
今回は割とストーリーが単純!?
雨、夜の暗いシーンが相変わらず多くて、途中ちょっとうとうとしてしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Shiro

2.5つまらなくはないのだが、もう一つ話にのめり込めないのは、シナリオや...

2020年9月30日
iPhoneアプリから投稿

つまらなくはないのだが、もう一つ話にのめり込めないのは、シナリオや演出の練り込みが足りないのかなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Mr. Planty

2.5カッコいいっすよ、、、。

2020年9月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

映像かっこいい、光と影と雨(水)演出、
様々な黒とグレーを巧みに使った映像は
好きです。
マジでかっこいい。

ただなー、映像かっこいいだけなんだよなー。
セリフ回しやカットがかっこいいだけなんだよなー。

サスペンス感が薄い。
ハラハラしない。
ストーリー単純。

おねーちゃんの気持ちの移ろいもわからん。
最後のバス内の持ち物で辛うじて、、、かな?
けど、後付け過ぎない?(笑)

過去の出来事はわかるが、心情まで描ききれて
ないと思うんだよなー。

しかたないんだが、
しかたないんだが、
バイクチェイス、あの車種だとしらける。

色々とマイナス面目立ってしまった
中途半端ノワール。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
バリカタ

2.0面白さが全くわからない。

2020年9月29日
Androidアプリから投稿

物語の展開に無理が有る、
60年代の日本のアクション映画みたい。
僕には高評価が理解出来なかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
しゃちょう

5.0ワンタンがうまそう

2020年9月29日
Androidアプリから投稿

主人公の男が仲代達矢そっくり、女は髪型だけ美川憲一。何とか兄貴は渋川清彦似のイケメン。と気になるところはいろいろありつつ、あれ?何か見覚えあるなと思ったら、事前知識ゼロで見た帰れない二人。謎のダンスシーンもあり、あー同じ監督かと勝手に納得して、山からバイクのライトが照らされた瞬間、は!また脈絡のないUFOシーンか?と思ったけど違いました。そして映画終わってから監督調べたら違う人でしたね。けど、中国の地方都市のボンヤリした空気感似てますね、そしてとてもいいです。あとワンタンがすごい美味しそうでした。いかにも現地な感じで。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
三毛猫泣太郎

3.5バイクの運動会

kossyさん
2020年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 中国ノワール。中国映画凄い!と感じたチャン・イーモウ作品を初めて観た感覚に似ている。こんな映像中心の作品も出てきたのね。冒頭から雨のシーンで、女が男チョウに近づいてくる。「火貸してくれる?」と・・・まるで昔のフランス映画みたい。

 残酷シーンもさすが。『大脱走』のピアノ線でナチのバイクを倒すみたいなやつとか、テント張りの遊園地で首だけが動いている女だとか、ドキッとするシーンも散りばめられていた。

 再開発から取り残され、まるで廃墟のようなアパートだとか、貧富の差をも見せつけてくれるし、逃亡劇のリアリティにも圧倒された。バイク窃盗団がこんなに多いとか、盗み方の講義をしている様子もなんだか不思議な感じ。

 映像は悪くないのに、ストーリーが今一つ。複雑な町の中であり、GPSで見つからないよう携帯も捨てたのに、すぐ一緒に行動してたり、警官とチンピラの区別がつかなかったり、疑問点も多いのが残念でした。印象に残るのはやっぱり湖に浮かぶボートの上の出来事・・・

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 9 件)
kossy

4.5決して地味でも派手でもない

SHさん
2020年9月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

知的

悲劇的な話が淡々と始まって、細かいこと気にせずに、とにかくシンプルなカットでどんどん進行していって、あっけなくそして静かに終わっていったという印象。
正直、取り扱われるアイテムとか話の内容も、それ自体にはそれほど興味をそそるものではないけれど、集めた題材や、絵や光を、知的に色々と構成することで、途轍もなく面白いものになっていた。
とにかく色んな工夫でこちらを楽しませてくれ、内容にとらわれることのない面白さがあった。
内容も実にシンプルで分かりやすいし、まずは伝えること前提にして、たくさんの味付けというかスパイスといったものを堪能したといったところでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
SH

3.0残念な映画

2020年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

2012年、中国南部。再開発から取り残された鵞鳥湖の周辺地域は、ギャングたちの縄張り争いが激化していた。刑務所を出所して古巣のバイク窃盗団に舞い戻った裏社会の男チョウは、対立する猫目・猫耳兄弟たちとの揉め事に巻き込まれ、逃走中に誤って警官を射殺してしまう。たちまち全国に指名手配され、警察の包囲網に追い詰められたチョウは、自らに懸けられた報奨金30万元を妻のシュージュンと幼い息子に残そうと画策する。そんなチョウの前に現れたのは、妻の代理としてやってきたアイアイという見知らぬ女。寂れたリゾート地の鵞鳥湖で水浴嬢、すなわち水辺の娼婦として生きているアイアイと行動を共にするチョウだったが、警察の捜査を指揮するリウ隊長、報奨金の強奪を狙う窃盗団に行く手を阻まれ、後戻りできない袋小路に迷い込んでいく。そんなストーリーです。
観終った感想を述べるとしたら、はっきり言って映画としての作りが雑過ぎる。警察と窃盗団の区別が全くつかない。しかも単なるチェイサー物だから物語的にも単純。少しばかりの幻想的な映像?(ルノワール・サスペンスと強調されてますが、そこまでは全く到達していない)と、随所随所で似つかわしくない音楽で、なんとか盛り上げようとする必死さが伝わって、なんか興ざめであった。
ただ傘で自分を貶めようとする窃盗団を殺戮するシーンは愉快であった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
オクやん

4.0観てる途中何度も心の中でカッコいいと言ってしまった 途中どうしても...

2020年9月28日
iPhoneアプリから投稿

観てる途中何度も心の中でカッコいいと言ってしまった

途中どうしてもお腹が痛くなってお手洗いに行ったせいか、細かい部分はよくわからなかったけど、そんなことどうでもいいほどかっこよかった

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 4 件)
コーヒー

2.5雰囲気はノワール

bionさん
2020年9月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

 雰囲気はいいんだけどね。中盤のかったるさがちょっといただけない。何度も寝落ちしそうになった。

 主人公が逃亡するキッカケになった出来事は、ひょっとしてヘレディタリへのオマージュって思いくらいインパクトがあった。このまんま血を血で洗う抗争に突入したらよかったんじゃないのかな。ノワールといったら今でも狼達の挽歌を思い出すから、アート風味のノワールはちょっとって感じ。

 最後はやっとノワールになったって感じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
bion

3.5「南方车站的聚会」(『鵞鳥湖の夜』の原題)と「白日烟花」(『薄氷の殺人』の原題)との対比

2020年9月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
もーさん

3.5お兄さんのライター

2020年9月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 7 件)
カールⅢ世

3.5カラーなんだけど、モノクロぽい映画

sallyさん
2020年9月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

「薄氷の殺人」のディアオ・イーナン監督の最新作なので大変に楽しみにしていました。

ディアオ・イーナン監督って、ある意味、芸術的センスで囲まれ評価されているかな、本作品も、映画の内容に全く意味と言うか訴えかけるモノもないし、台詞は少ないし、ディアオ・イーナン監督の映像美を楽しく為映画と言う感じですね。

「薄氷の殺人」に関しては、内容がプラスされていましたが・・・・

本作品、本当に、映像だけでも、本当に計算されて作られていて、夜や雨、昼と言ったシーンを実に印象強く写しだしています。

また、内容とは別なのですが、当時の中国の流行や生活感などがさりげなく、または日本人にとっては、強烈に映し出されていて、非常に印象に残りました。

内容の方は、初めにも言いましたが、それほど強烈な印象は無く、淡々と進んでいく感じで、強いて言うのなら、前半は結構、迫力やらなにやらで楽しめるのですが、後半は少しだらだら感があるかな・・・・ラストも、少し腑に落ちない・・・・・・

しかし、何ともま、別に凄く面白い映画ではないのですが、なぜか、ぐいぐい中に引きずられると言うか・・・・悪意がないから不思議に感じます。

しかし、最近の中国映画、韓国映画は、良質なモノが増えているので、是非とも邦画にも頑張って貰いたいな・・・・

中国の警察が、遺体と記念撮影するシーンや、湖で働く女性を水浴嬢と呼んだり、なんか凄く新鮮だったな・・・・

グロいシーンもあるのですが、これも不思議とグロいと言う印象をもてないと言うか・・・・・

本作品は、私にとっては、凄く不思議な映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
sally

4.0期待通りの一本

2020年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 ストーリーもシンプルでダレ場がなく、映画として単純に好きだ。団地や露店での空間演出なども上手く、決して美しくない湖畔や主人公の妻の職場などのディテールが「薄氷の殺人」同様きちんと描かれていて、満足感がある。泥棒団と警察が同じように地図上で担当割をしているところも良かった。
 減点ポイントとしては、女性主役のグイ・ルンメイが生活感もなく魅力的に描かれているのは必須として、主役の男とその妻が造形も美男美女でかつ清潔感があり過ぎ、映画のたたずまいとは合っていないような気がする。ここは昭和の日本映画のようだった。
 2001年から2019年の間、香港と中国南部で約10年生活した。ある時期の地方都市は本当にこんな感じだったし、今でもちょっと田舎にはこういうところもある。映像について、色鮮やかなネオンなどが狙いすぎと思われるかもしれないが、あれも間違いない事実。汚れた団地や路地裏、麵屋の汚さも実景の再現で、懐かしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
またぞう

4.5活気ある中国映画

リブレさん
2020年9月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
リブレ
「鵞鳥湖の夜」の作品トップへ