劇場公開日 2020年9月25日

  • 予告編を見る

鵞鳥湖の夜のレビュー・感想・評価

3.567
16%
48%
29%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全67件中、1~20件目を表示

4.0グイ・ルンメイ、アジア映画界きっての演技派美人女優

2020年9月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

萌える

ディアオ・イーナン監督の前作「薄氷の殺人」でこの長いキャリアの女優を恥ずかしながら初めて知り衝撃を受け、過去の出演作をハシゴしてますます魅了された評者だが、本作でもそのクールな美貌、儚げだがしたたかさも漂わせる存在感を堪能できた。トレードマークの短髪に、少年のように細く小柄な身体は、アジアンノワールのファムファタールにうってつけだ。主演のフー・ゴー(岩井俊二監督の「チィファの手紙」にも短く出演)は大柄な体躯を駆使して活劇を牽引するが、ルンメイが演じる娼婦もW主演と言って差し支えないほど重要で、彼女を軸に話を追うとミステリ要素を一層楽しめる。

「薄氷の殺人」が過去の事件の謎を刑事が追う比較的ストイックな作風だったのと対照的に、本作は(回想場面もあるとはいえ)出来事が現在進行形でダイナミックに展開。仏映画発のスタイリッシュな暗黒映画を継承しつつ、中華らしいケレンを添えて新味を出している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
高森 郁哉

4.0夜の静寂の中に、鮮烈かつ魅惑的な野性味がほとばしるノワール作品

2020年9月22日
PCから投稿

夜の静寂の中、鮮烈な野性味がほとばしるノワール作品だ。舞台は都市開発から取り残された鵞鳥湖のほとり。片や警察に追われる男がいて、片や「あなたの奥さんの代理で来た」と主張する女がいる。建物の陰で初対面を交わした二人は、これまでの経緯を回想しつつ、この先どうすべきかの決断を迫られる・・・。ストーリーだけみると単純な逃走劇かもしれない。だが、主人公をあえて一人に限定せず、男女それぞれが目線を絡ませあうことで語り口の面白さが増す。

寡黙で胸の内側をほとんど表に出さない彼らには、何を考えているのか分からぬミステリアスな雰囲気が漂い、だからこそ身体を駆使して感情が一気に噴き出す際の凄みは計り知れない。寂れた街並みを照らすネオンや蛍光色も忘れがたい要素。イーナン監督流の魅惑の映像美にすっかり陶酔しきりの我々観客の姿は、怪しい明かりを求めて水辺に群がる登場人物たちの生態とさほど変わらないのかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

2.0自由の国、中国❓❓❓❓❓❓❓

2021年8月9日
PCから投稿

何故か、韓国映画みたいだ、気合の抜けた。
共産党の臭いがしないのだ、わざと?
評判良いですけど、何処が良いのか、皆目わからない。
ひたすら眠い、何をしてるんだか、阿部寛似の男。
女優だけは良いの揃えてるようだ、謎の女と妻。
中国がこんな姿だと喧伝すれば、カンヌも評価するのだろうか。
いい意味で自由の国、悪い意味で無法地帯、ほんとかなーー、眉唾です。
とてもトホホな映画でした、最後まで観れるかな、忍耐力を試される映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
アサシン5

4.0懸賞金が掛かった逃亡犯と鵞鳥湖に住む水辺の娼婦

mittyさん
2021年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
mitty

2.5「どう?ダークでしょ?」って一人相撲する男たちの滑稽

きりんさん
2021年7月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

命と引き替えに遺してやる30万元が、女たちにとってはただのラッキーな臨時収入だったという闇。

【前半=男編】
何でしょうね、この映画。
高尚な芸術作品なのか、B級ヤクザ映画なのか、僕は判断に苦しんだんですけれど。
は?パルムドール?

街を支配するチンピラ一派ならさぁ、ジンギスカンダンス踊ってんの、あれみんな警察官だって見破ってほしいですよ(笑)
ギャグかと思うようなこの導入で、お粗末なことこの上もないバイクの窃盗団です。そこに舞い戻って籍を置いているようなチョウ氏に(=イケメンではあるけれど)そもそも魅力が感じられる訳がないんですけど。

街がセット。セットが街。
住民がエキストラ。エキストラが住民。
そこだけはリアルなロケ画面で感心はしました。
すりガラスやテントの幕布にうつる追手の影絵の手法もなかなか。

けれど、
結局この映画は、出所した半グレの男に心寄せる二人の女の物語なのだが、先ず「何ゆえチョウ氏が刑務所でお務めすることになったのか」・・、そこの説明が無い。これは作品の致命的な欠陥ではないでしょうか。

(チョウの出所を、昔の悪い仲間たちも、妻たちも、誰も待っていない。
⇔山田洋次の「幸福の黄色いハンカチ」ならば、男の収監の理由は明かされなくとも待ち続ける家族の爆愛の描写が映画の核となって逸話の感動を最高潮に盛り上げるものを)。

まさか刑期を終えてすぐに再犯しちゃうとかの、よくある残念なパターンかな?
「訳あって牢獄を選んだが、苦労かけた妻に少しでも多額の報奨金を遺すために敢えて警官殺しを積み重ねた」というなら、これは男の末期にもいくらか同情したくなったかも知れないが、「間違って警官を撃ってしまったよォ」と何度も繰り返すチョウ氏って意味不明です。
魅力皆無です。

警官もチンピラ窃盗団もなんだかみんな同じ顔で、観るこちらを混乱させてくれるだけ。
総合評価としては「低」。ストーリーがカオスなのではなく、演出の出鱈目さがカオスなのだ。貧民窟という独特な舞台を選択しながら、正義も悪もまるで描き切れていない、そういう出来損ないでしたね。
⇒映画の出来の悪さを、貧民たちの混沌を言い訳にしちゃダメだと思う。

警官たちの記念撮影とか、最後の捜査官の“舐めるような視線”は、女たちの肉体と、持ち金への欲望感有り有りで、少し面白かったが。

【後半=女編】
夜と雨の場面が多かったけれど、リゾート地「鵞鳥湖」だけが明るい昼間のロケに使われている。
でも、幸薄い女たちには昼も夜もないんですね。覚せい剤が出てこないのは中国公司の指導かもしれません。

エンディングは、それまでの熾烈な抗争や官権の追及、そして旦那の悲しい死などどうでも良かったかのように
札束をしかと抱いて、ガッツリと腕を組み、ずんずんと歩きながら、ふと顔を見合わせて、こらえ切れずにニヤリと笑う女二人のシーンで終わる。

この後半・女編としては
「自分にかかった報奨金を命の代償として妻に残したい」と願った男の「お涙頂戴の愛」など、哀れ どこへやらだ。
あの女たちの薄ら笑いだけが闇に残ります。

結局、女たちにとっては、バイクなんぞに夢中になっている情夫たちの“幼稚で単純な闘い”など、どうでも良かったのですよ。男が死んでも顔色ひとつ変えない女こそ恐ろしい。
男どもは誰ひとり浮かばれず、女たちは笑う。保険金だけが欲しい。
そこが、そこの所だけが、この映画のゾッとするダークな結論だったのではないだろうか。

男の精気を吸い取る、まさしく「白鳥の湖」ならぬ、底無し沼、「鵞鳥の湖」の怪でありました。

女優の多岐川裕美が、離婚して戻ってきた娘華子に言い聞かせたあの言葉
「この世で唯一裏切らないのは女友だちとお金だけよ」
―を、思い出して薄ら寒くなった。

肉うどんにも、ゲップです。

・・・・・・・・・・・・

グイ・ルンメイ
「藍色夏恋」で爽やかさ満点の初恋を見せてくれたグイ・ルンメイちゃん。
あのキュートで清純な高校生が、まさかの水浴女になっているとは、きりん、大ショックでした(笑)

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 4 件)
きりん

4.0タイトルがいいです、ただそれだけのことなのです

2021年7月7日
スマートフォンから投稿

笑える

楽しい

興奮

作り物の世界から生身の人間が立ち上がってくる不思議。この世界に辛うじて片足で踏みとどまっているミステリアスな女。間抜けな男たちを糧にして愛と自由を謳歌する。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アメリカの友人

4.5早く次!の監督になりました。

ポンパさん
2021年3月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ポンパ

2.5良いところがわからない

りやのさん
2021年1月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

刑務所帰りの男が警官を射殺して逃げ回る話。
途中で鵞鳥湖近くの娼婦を信用したり裏切られたりが有るが、基本逃げるだけ。
面白くもないし、何が良いのかわからない作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
りやの

2.0面白くは、ない。

2020年12月19日
iPhoneアプリから投稿

ハードボイルドに見えて何処かのんびりと間抜けな逃避行。
それでいて面白くは、ない。
以上。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
きねまっきい

5.0凄すぎる。

2020年12月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

どんどんストーリーの内容がズレていって最後にプツリと切られる様な映画です。なんだこりゃ、どうなるんだと思いながらも違和感なくめちゃくちゃになっていきます。
演劇的というか(演劇に詳しくも無いのにこういった物言いをすることをお許しください)観客をしっかりと意識した様なこちらに感情を強く伝えようとする演出だったと感じます。
画面の美しさは言葉にできないほどです。ゴミゴミした路地でさえ魅力的に感じます。俳優たちのビジュアルも含めた演技の素晴らしさも言わずもがなです。
バイオレンスシーンの息を飲む、しかしどこか作り物の様で安心できるグロテスクさがとても良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Rewind That

3.5同監督の「薄氷の殺人」はちょっぴりモヤモヤした部分があって、本作品...

2020年11月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

同監督の「薄氷の殺人」はちょっぴりモヤモヤした部分があって、本作品はどうなんだろうと思ってましたが、こちらはかなりはっきりした描写で、ストーリーも面白かった。
ビニール傘の血とか最高な描写。バイクの首のところのおどろおどろしい音楽や、あの行為の嫌な感じを洗濯機の機械音に被せるところとかの表現は凄く印象的だった。
ルンメイさんも奥さん役のレジーナ・ワンさんも美しかったなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ワイルドとみまる

4.0映像美と猥雑な都市風景が奇妙に入り交じった作品。

yuiさん
2020年11月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

中国映画の「第六世代」の一人とされる、ディアオ・イーナン監督の最新作。予告編でも明らかなように、街の雑踏や暗がりを効果的に用いた、典型的なノワール映画の様相をまとっています。同時に、イーナン監督の映像感覚が随所にちりばめられていて、傘やカーテンを透かして見えるシルエットなど、表現手法そのものは決して真新しいものではないけど、やはり脳裏に刻み込まれるような美しさがあります。撮影は誰が担当しているのかなぁ、と思っていたら、ウォン・カーウァイ監督『花様年華』(2000)で撮影監督を務めていたウォン・チーミンが参加しているんですね。納得。

映像美と猥雑な都市風景が入り混じった本作ですが、時間軸が多少前後していることを除けば、物語を追う事はそれほど困難ではありません。犯罪組織からも警察からも追われることになった主人公チョウ(フー・ゴー)と娼婦リウ(グイ・ルンメイ)の奇妙な逃避行、そして誰が密告者なのか読めない展開が物語の牽引力となっています。

パンフレットで町山広美さんが指摘しているように、フー・ゴーは包帯の巻き方もさまになっていて、確かにかっこいいんだけど、いくつかの挙動が怪しすぎて、つい笑ってしまいました。ある場面の、バイクに乗った彼の動きは完全に不審人物のそれでしかない!なんでこんな演技をさせたんだろう…。一方グイ・ルンメイが演じた娼婦について、パンフレットでも「ファム・ファタール」と表現していて、確かに役柄上その要素はあるにはあるのですが、周囲から浮き上がるような衣裳と安物のバッグを纏っていつも小走りで動き回る彼女は、妖艶さというよりも不安感や行き場のなさを全身で表現しています。ちょっと『マジカル・ガール』(2014)のバルバラ・レニーと雰囲気が似てるかも。だからチョウが深みにはまったのかな。

なお本作は、中国南部の架空の都市を舞台にしていると言う事ですが、そのモデルとなっているのは2012年頃の武漢の景観で、実際の撮影も武漢で行われています(ただし本作の舞台となっているのは、都市郊外の未開発地区)。その後コロナウィルス禍の影響で封鎖されることになったこの巨大都市が、果たして封鎖前にどのような様子だったのかを記録しているという点でも、本作はとても重要な意味を持っています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
yui

3.5チャイナノアールと映像美

2020年11月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

この世界観は嫌いではない。
しかし中国には共産党独裁体制下での急速な資本主義への移行が様々な闇を抱えているのが想像できる。
しかしトリッキーな固有名詞が多いのも笑える。猫目、猫耳、鵞鳥湖など。極彩色のネオンが映し出すディアオイーナンの世界にどっぷりハマる。Vシネくらいしか日本のヤクザ映画が更新されてないのも、ノアールを欲していたのかも。水浴女なんて実在するのか?

主人公のアイアイ役の女優は河井あんりに似ていますね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
トシくん

5.0スタイリッシュで美しいノワール

柴左近さん
2020年11月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

萌える

今年はビー・ガン監督の「ロングデイズ・ジャーニー」も鑑賞したが、雰囲気は今作と似ているが個人的にはこの「鵞鳥湖の夜」に軍配を上げたい。

中国の寂れた街がノワールにもってこいな世界観を醸し出していて、画がとにかくカッコいい。夢を映像化したように美しい。

雨の中佇む男
突如現れた謎の美女
明らかになる背景
疾走するバイク
響き渡る銃声
血に染まる透明傘
揺れる煙草の煙
湖の沈黙…
と、魅力的な要素でしかこの映画は構成されていない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
柴左近

3.0映像美・・・ただ・・・

yyyさん
2020年11月4日
PCから投稿

映像の美しさが光ります。
ただ、ストーリーが今ひとつ何が主題なのかわかりにくいなという印象でピンぼけを感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
yyy

4.0映画アイテムてんこもり。芳醇な映画世界。

ONIさん
2020年11月1日
iPhoneアプリから投稿

面白い。前作と同じく現代的犯罪映画と、中国の映画風土の良さと、独特のアクションを堪能。なんていうのか匂いそうな良さなんだよな。大陸の。土煙、食べ物、そしてやっぱりバイク、建物、そして、、ネオン。
観ながらとにかく隙あらば光と影とマシンの演出が加わり話なんかそっちのけでわくわくする。
遠くの山から近づく車の灯り、警官の蛍光シューズ、広場の踊り、遠くの雷鳴、発泡の直後の動物園の虎、象、霧のわく湖面、そしてやっぱり食堂。映画のネタとしか思えないアイテムがてんこもり。閉店時の見せ物小屋の幕の内と外の影、なんてものもあったな。
芳醇な映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ONI

4.0中国映画も捨てておけない

2020年10月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

中国語を低空飛行で勉強し、中国人女性がいるような店にもたまに足を運ぶ、中国好きである。しかし、本土には10数年前までに3回行っただけ。
この10年ほどにもさらに中国は激変しているんだろうが、その「暗部」をフィクションとはいえ、リアルに描いた作品と思える。
懸賞金のかかったお尋ね者が、その金を妻にやりたいと考え、ある女と接触し…。
というのが、あらすじ。
映画を見る際に、ほとんど事前知識を入れないようにしているので、ギャング団と警察、主人公とそれを手引きする女の人物関係や背景が理解しにくくはあった。
しかし、それを上回る、映像の迫力と、そこはかとないユーモアがあり、粗削りではあるものの、引きつけられた。
本作の監督、1968年生まれというから、決して若くはないのだが、ちょっとタランティーノの「レザボアドッグス」を見たときの印象につながる、作風は今後に期待したい、と思う。
結構、エッチ(おっぱいは見えません)な場面はバイオレンスシーン、かなり中国の汚い(2012年とうじという設定)面を描いていながら、中国でも公開され、ヒットしたのだという。
案外、中国国内の言論は共産党批判さえしなければ、風通しがよいのかな…。

東京・新宿武蔵野館で日曜の昼間に見たけれど、封切りから1カ月というのに、案外と客が入っていたね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
トコマトマト

4.5中国ノワール

2020年10月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

主人公が阿部寛と西島秀俊を足して2で割った雰囲気

職場の張君曰く中国の劇場では暴力シーンやエロ表現はカットするらしい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
うんこたれぞう

3.0映像は凄いが意外にあっさり

2020年10月16日
スマートフォンから投稿

悲しい

怖い

興奮

最初からスタイリッシュな映像美をゆっくりじっくり見せて来る。
かと思えば突然、俊敏な動きで相手を殺傷する緊張感のあるアクションシーンに変わる!

その柔軟使い分けがこの作品最大の魅力だが、いかんせん内容が薄く、もったいないとしか言いようが無い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
死亡遊戯

3.0お兄さん、私を好きにしていいのよ。満足させてあげる。

栗太郎さん
2020年10月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

映像に作り手の美学を感じるこの映画。
発展した中国都市部からは遅れた、ローカルのリゾート地。そんな鵞鳥湖は、周辺自治体の管理責任もあいまいで、雑多な人間が入り乱れているようなヤバめな無法地帯。なんか、馳星周、大沢在昌の世界。躍起になってる警察権力も、逮捕時に射殺した容疑者(誰とは言わないが)の死体と一緒に記念写真を撮るくらいだから、どこか腐っているんだろう。
なんかね、残された妻子に金を残してやろうとする気持ちだけは本当のような気がするけれど、それがいろいろ裏切られていく様もまた、ノアール映画としての快感と思えればいいんだろうなあ。
かの水浴嬢は、元が美形なのに、短く刈り上げた髪には色艶などみじんもないが、それには理由があるのだろう。身を守る術なのか、単に衛生面なのか。クールに澄ましていながら、実は怖がりなのは、やはり虚栄を張っているのか。あの容姿のおかげで、いろいろと想像が逞しくなっていく。
吉田栄作似のチョウ。そうなるとは予想外。そして、謎めいたラスト。全編を通して、緊張感と浮遊感が混ぜこぜの感覚。どこかに、これは夢であって欲しい、と願いたくなる気持ちのままで。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
栗太郎
「鵞鳥湖の夜」の作品トップへ