劇場公開日 2019年6月14日

  • 予告編を見る

劇場版 誰ガ為のアルケミストのレビュー・感想・評価

3.838
52%
17%
19%
6%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全38件中、1~20件目を表示

3.0人気ゲームを異世界転生ものにアレンジ

2019年6月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

人気ゲームの映画化だが、ゲーム未プレイでも楽しめる作品だった。ゲームの世界に普通の女子高生が転生してしまうという筋書きになっており、流行りの異世界転生ものの要素を入れたのか、と少し冷めた見方をしていたが、その設定だから、作品内の世界観を主人公と同じ視点を観られるので、入り込みやすくなっている。世界を知らない人物が主人公なので、世界観の説明もしやすい。結果としては良い工夫だったと思う。
総監督が河森正治なので、アクションシーンは大い見応えあった。板野サーカスチックな演出も見せてくれたし、TVアニメ化ではなくいきなり映画化した意義は感じられた。スクリーンでこの世界の迫力あるバトルを見せたいという気持ちはすごく伝わってきたし、その点は成功したのではないか。ドラマに関しては、盛り上がりにやや欠けるかなと思うが、ゲームにも興味が出たし、もう少し各キャラを掘り下げたドラマを観てみたいと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

1.0冒頭だけワクワク

MrPさん
2019年6月25日
iPhoneアプリから投稿

なんの情報も無しに見ました。眠たくなりましたがなんとか見ました。眠たくなる度では平成仮面ライダーに負けますね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MrP

1.5よくあるストーリーにタガタメキャラが出演している映画

miaさん
2019年6月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
mia

1.0原作ファンと河森監督ファンしか楽しめません

サトウさん
2019年6月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「原作のゲームを知らない人でも楽しめる」
とはなかなか言い難い映画です。

楽しめる要素は2点のみ。
・ゲームのキャラクターが動いていること
・ダイナミックな動きのアクションシーン

当方、原作ゲームのプレイヤーですが、
上記のこと以外ではあまり楽しめませんでした。

アクションシーンはとても素晴らしかったです。
ロボの複雑な変形や迫力ある攻撃は圧巻でしたし、
主要キャラ同士の戦闘も見ごたえがありました。

しかし、ストーリーはかなり残念なものでした。
これと言って悪い所はありませんが、良い所もありません。
どこかで何度も観たこと・読んだことのあるお話で、
この作品ならではの面白みは一切ないです。
ご都合主義もある上に、安直なお涙頂戴展開……。
お子様向けとしてならギリギリ楽しめるような内容です。

原作ゲームのプロデューサーが
「映画.comやYahoo!映画などに感想を書いて、
タガタメユーザー以外にも広めてもらえると嬉しいです!」
と言ったことで、
ゲームユーザーによる高評価なレビューが多いようですが、
私はまったくオススメしません。
(実際、5.0の評価をしている方のほとんどが、
この作品のレビューしかしていませんし……)

映画のそのものの評価としては★2くらいですが、
偏った感想が多い印象を受けましたので、
★を1つ減らさせていただきました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
サトウ

5.0後半の盛り上がりが(੭ꠥ⁾⁾´・ω・`)੭ꠥ⁾⁾

ayachuさん
2019年6月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

河森正治監督のアクエリオンが好きで
なおかつタガタメもプレイしてるので
これはもう劇場で見るしかないなってとこで見に行ってきました。

60席ちょっとの小さなスクリーン
最前列のど真ん中で鑑賞したので
大音量のヘッドホンをつけて鑑賞しているみたいな音響で映画の音以外の余計な雑音は一切なく
どっぷりと映画の世界に浸れました。

映画オリジナルのキャラクターが主人公で
ゲーム世界の数年後?を描いた作品

主人公のカスミが異世界からバベル大陸に召喚され何も分からない状態から物語は進んでいくので、
ゲームユーザーではなくても楽しめる作品だと思います。

ゲームユーザー以外をタガタメ世界に引き込む前半とは打って変わって、後半の対戦シーンでは、ゲームの主要キャラが総動員?って言うくらいの盛りだくさん詰め放題感(笑)

必殺技の決めゼリフ?って言うんですかね
ラスト20分はゲームしてる方なら大満足の盛り上がりタイムだと思います。

とりあえず劇場で見れて良かったと思いましたので共有です!

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ayachu

4.0後半の盛り上がりが熱い

2019年6月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
髙橋佳純

3.5ゲーム(原作)の要素が多様すぎるため

しゆさん
2019年6月19日
iPhoneアプリから投稿

ゲームはそこが面白いのだが、映画では少し物足りない。
エドガーがメインだからか、ゲームの2章の要素が目立つ。ダークファントム以外にエネミーとして登場するのは、機械的なデザインの魔人のみ。ストーリーの設定上仕方ないのかもしれないが、銃や大砲がよく使われる。戦車?にいたってはゲームでは無かった要素である。少しゲームの世界観を壊された感すらある。(悪い言い方をすれば、F○7のパクリ。中盤エドガーのキャラは崩壊していて、クラ○ドっぽくみえてきてしまったのは私だけだろうかw)

配信当初からやってた身としては、やっぱり1章にあったような古風なファンタジー要素をもっと推してほしかった。

あと魔法が画(CG)に頼りすぎていて、ただ派手なだけな印象。(映画館にもよるだろうが、効果音がでかすぎ)

あ、ストーリーは楽しめました。概ねアニメ映画単体で見れば良好な作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しゆ

2.5(ここのレビュー見て映画観に行きました)

にょむさん
2019年6月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
にょむ

2.0ゲームプレイ大前提!

2019年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ゲームはまったくプレイしていない状態で鑑賞。
鑑賞前に「未プレイで大丈夫だろうか」と前もって調べたら「タガタメを知らなくても楽しめる!」というレビューサイトを発見。
これはと思い楽しみにしていたが脆くも希望は砕かれた。
以下はあくまでゲーム未プレイの人が見た感想なのでそのつもりで。

▼ゲームプレイ前提!
まず、各キャラクターの行動理念や立ち位置がまったくわからない。ゲームをやっていれば「彼はこういうキャラクターだ」と知っているので行動の1つ1つを自分の中で補完することができたと思われる。
しかし、未プレイだった私には急にかっこつけていたキャラが急に周りのことを考えなくなったり、
ゲームでは主人公であろう赤髪のキャラが途中から消え、そのあと何事もなく合流し、周りは誰もそれを追求したりしない。
「どうしてそのキャラがそんなことをしたの?」という疑問ばかり積み上がるが、話はどんどん進んでいく。
ゲームプレイが前提で脳内補完しろということだろうか

▼ファントムの小物感
本作はジョジョでいうところのスタンドポジションであるファントムと呼ばれる存在が反旗を翻し、人間に襲いかかる。
反旗を翻した理由は「死んでいる自分たちを勝手に蘇らせ、戦わせるだなんてふざけるな」というもの。
これは勝手な推測だが、ゲーム内で人間はファントムのことをそんな風に思ったりこき使ったりしていないのではないだろうか…。
それに作中でも青色の髪の女性ファントムが、自身を召喚した人間と師弟関係を結んでおり、お互いの心中が伝わっていてもおかしくないはず。
そんな青髪の彼女も率先して人間を駆逐しにかかる。つながりとは…。

▼力を取り戻したらきれいごとでイキる
本作の世界にはアルケミーと呼ばれる魔法の力が存在しており、人々はそれを使って様々な文明を築いてきたことがまず説明される。その後、アルケミーが謎の生命体のせいで使えなくなってしまったことにより、世界は謎の生命体によって壊滅へと追い込まれる。果たしてこのような危機的状況で人間はその生命体に抗うことができるのか…というもの。
失って初めて大切なものに気づくというのが人間の性だが、本作は失っている状態の時は疑心暗鬼になり、少し力を取り戻してから余裕が生まれたのか、そこでようやくお互いのことを思いやるという流れになっている。それってどうなんだろう…。

▼主人公という存在
また、主人公であるオリジナルキャラクターの女の子の存在が際立ってよくわからない。
情緒不安定さはこの危機的状況ならば仕方ないかと思われるが、この子じゃないとダメだという要素がまったく見えてこない。あと付けでそれっぽいことを急に挟んでくるが、流石に無理がある。

▼マクロスでやれ。これはタガタメです
河森正治氏が総監督ということもあり、これはマクロスで見たことある動きだなーというのをされた時、本当に興ざめした。これは誰ガ為のアルケミストでありマクロスじゃない。

▼台無しのラストシーン
終盤、石崎ひゅーい氏の楽曲を爆音で流しながら、とあるキャラとの別れにみんながボロボロと泣くシーンがあるが、ここまでの積み重ねで疑問の方が多いためまったくピンとこない。てか、いつの間にそんなに仲良くなっていたんだ君たちは…。

と、長々とマイナスレビューを書いたが、正直なところ私自身がゲームをプレイしていなかったせいでマイナス評価しているのかもしれない。
脳内でちゃんと補完しながら見るときっともっと違う見方ができるはず。そんなわけで個人的にはおもしろくなかったが、星は2つで。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 4 件)
むねりん

5.0スマホゲームアニメに一石を投じる傑作

はんたさん
2019年6月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はんた

5.0あまり何も求めず見に行ったが

2019年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

このタガタメのアプリゲームをやめて1年経ったのだが、たまたま映画公開していたので、せっかくなので映画を観に行ってみた。
ゲームは中毒性があるものなので1年半近く行っていただろうか。
映像に関しては、そこまでうまくいくと思ってもいなかったが、
まさかの出来にびっくりでした。
えっ! アニメ映画で泣かせるような場面を作れるなんてと。
セオリー的な流れが中心ではあったが、とてもシナリオもよくキャラの登場シーンなどはドキドキでした。
ゲームを行っている人であれば確実に見るべしだし、ゲームを行っていなかったとしてもわかりやすい内容なので楽しめます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
にしやん

2.5おまけは豪華だなー。

peanutsさん
2019年6月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

ただ戦ってるだけであんまり楽しめなかったかなー。アニメは入り込めないとアウトだなー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
peanuts

4.0想像してたより面白かった

2019年6月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アグニ@

3.5良かった。

はるとさん
2019年6月18日
iPhoneアプリから投稿

ストーリーはありきたりだし、めちゃくちゃ面白いかと言われたらそうでもなく、少し退屈な場面もあったけれど、石崎ひゅーいさんの「Namida」が流れる場面では胸が熱くなった。

上映後にこの映画を見てよかったって思える作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はると

4.5とても良かったですよ

どらさん
2019年6月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

単純

興奮

特典欲しさに期待せずに観てきたけれど、原作プレイヤーの私は勿論、未プレイの嫁さん(特典要因)もバッチリ楽しめた様子。
カスミや主人公たちやファントムの心情を短い映画の中で丁寧に描いている点が好印象。効果音も良かった。
大御所監督の底力を感じて未視聴のマクロスアクエリオンシリーズも観てみたくなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
どら

4.5良い意味でユーザーを裏切ってきた

2019年6月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

興奮

原作アプリのユーザーです、
シナリオにはあまり期待していなかったですが、原作キャラのイメージをぶち壊すような場面も特になく、かと言ってアプリの延長線上のような物語でもなく、良い塩梅で原作と河森正治さん映画が融合していると感じました。

原作アプリをプレイしている人していない人どちらも手に汗を握ることができる程、作中に登場する古代兵器「魔人」の恐ろしくもかっこいい姿を拝めます。動いて戦い表情がみるみる変化していくキャラクター達も、静止画で展開されるアプリでは見られない魅力的な部分です。

物語に添えるだけというような原作キャラが複数人存在する為、その点においては原作を知らないユーザーは「突然出てきたコイツは誰?」となってしまうかなとは思いましたが、気になるキャラクターがいてアプリに興味を持ってもらえたら1人のユーザーとして嬉しいです。
是非1度見てほしい映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
なっちゃん

2.5劇場用アニメとしてはクオリティが今ひとつ

Jiroさん
2019年6月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

興奮

寝られる

スマホアプリ原作の本作品
原作をそのまま映画化というよりは、原作のパーツをうまく構成し直して、一つの劇場用アニメーションに起こし直せている点が非常に評価できる。

主人公に女子高生を立てて、「外」の世界からタガタメの世界観を客観視することで世界観をうまく説明して見たり、物語におけるゴールとなる縦軸と、自身の成長譚として、ごくごく標準的な異世界ものアニメとして成立していた。

気になった点はアニメーションクオリティの低さ。主要キャラクター以外のモブや背景など、テレビシリーズ程度のクオリティのものが散見された。ラストの大規模バトルなどはさすが河森監督!というところはあったが、全体的には粗の方が目立つ。

また、原作キャラクターが多すぎるため、出演キャラの少なさ及び、個々のキャラクターのモチベーションに関わる部分が映画内で語られないため、原作ファンにはもの足りず、初見で見ると感情移入しずらいというバランスになっていた。

初見の人向けにハードルを下げて作られていたものの、そこからの引き込みはやや弱かった。
映画出演を果たしているキャラクターに思い入れがある人向けの作品かなと思いました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Jiro

5.0想定を超えてきました。

魔王さん
2019年6月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

ゲームやってます。ゲームやってる方は勿論、ゲームやってな人でも全然勧められます。冒頭に、どう言う設定なのかや、用語などの解説が入ります。

内容に関しても、今後のゲーム展開が期待でそうな感じでしたし。ユーザーも、多かれ少なかれ満足したんじゃないですかね。特典も手厚かったですし。

私見ですが、私は大変満足しました。家から映画館まで、車と電車で約2時間くらいはかかりますが。
移動時間や交通費を差し引いても、もう、2・3回は行こうと思います。

ゲームを楽しんでるユーザーの方もそうでない方も、是非映画館まで足を運んで下さい。よろしくお願いします。

p.s.レビューとかあんまり書いたことないので、ヘタだったらすみません。笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
魔王

5.0没頭できました!

そららさん
2019年6月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

幸せ

水瀬いのりという声優さんは、かわいいだけじゃなく実力もあるんですね!
私はアニメファンじゃないけど、今春のTVブロスで見かけた気がします。
正直、かわいいだけの声優かと思ってたのが堂々の演技、しかも自然で作品に没頭できました!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
そらら

5.0続篇観たいなー!

2019年6月16日
スマートフォンから投稿

泣ける

楽しい

興奮

まったくゲームを知らずに観ましたが、各キャラの豊かさ、応援したくなる主人公カスミの性格、戦闘シーンの緻密さと大胆さ。想定外の面白さでした!さすが河森監督!
これは続篇、もしくは別編?が観たい。とおもったら舞台版の公演もある??
なんか自分的に凄い盛り上がってきた!

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
アライグマタスカル
「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」の作品トップへ