劇場公開日 2019年10月4日

  • 予告編を見る

ジョーカーのレビュー・感想・評価

3.91454
40%
42%
13%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全1454件中、1~20件目を表示

4.0ジョーカーを名乗った空虚な男の妄想劇

村山章さん
2020年5月26日
PCから投稿

悲しい

知的

どこまでが(劇中における)現実でどこまでが妄想なのか、と追求することはしない。作り手が解釈に委ねて明かす気はないと名言しているというだけでなく、それでは答え合わせに過ぎないから。ただ、はっきりと言えるのは、本作のジョーカーは「ジョーカーを名乗っている」というだけで、別にジョーカーではない、ということ。終盤の展開が本当なのか妄想なのかはともかく、ジョーカーを名乗った空虚な男に、大衆が自分たちの不満や怒りを託そうとする。その社会性がこの映画の肝であり、このひしゃげたご時世に爆発的に受け入れられた理由なんじゃなかろうか。

映画的には撮影、演技ともにみごとだが、気にかかるのはあからさまに『キング・オブ・コメディ』『タクシー・ドライバー』とハッキリ名指しできるスコセッシ映画をモチーフにしていること。アメコミ映画に新しいアングルからアプローチすることで、従来のジャンル映画の壁を破ろうという試みが、限りなく先達の作ったもの(スコセッシ映画)に近づいていく、といのはやはり懐古趣味ではないか。スコセッシ御大が今でも常に攻めているからこそ、目指す天井が見えてしまっている感じが気になった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 14 件)
村山章

4.5わかりやすい動機という落とし穴

2019年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ジョーカーという男はこんなにもわかりやすかったのか、と驚いた。バットマンシリーズはそれぞれ独立した世界なので、今回のジョーカーはこういう解釈なのだと言われてしまえばそれまでだが、本作はノーランの『ダークナイト』に近いリアル路線の世界観だったので、ノーラン版の印象をそのまま引きずって観ていたので驚いたのだ。
本作のジョーカーの世間を憎む動機はとてもわかりやすい。ノーラン版では、そのようなわかりやすい動機は示されなかった。ノーラン版は、なんというか、「混沌」そのものを愛してるような印象だった。口が裂けている理由がいつも違うのも、動機なんざどうでもいい、俺は混沌自体が好きなんだという風に見て取れた。その底知れなさに魅力だった。今回のジョーカーは、ある意味底が知れている。共感可能な理由も描かれる。実際共感を覚える人もたくさんいるようだ。
しかし、ちょっと待てと思う。その共感できるストーリーそのものが嘘かもしれない。本作が上手いのはここだ。映画全体を嘘かもしれないと提示することで、観客を混沌に落とし込む。この映画のそんな振る舞い方そのものがジョーカーっぽい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 46 件)
杉本穂高

4.5絶望の果てにあるあっけらかんとした心の荒野

2019年10月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

レトロな色調で映し出されるゴッサムシティの根底で生きる大道芸人、アーサーの、まるで人の不幸をまとめて請け負ったような日常に、まず惹きつけられる。誰しも、彼ほどではないにしろ、嫌なことが連続して起きることはあるし、そんな時、悲しむよりむしろ笑ってしまうことだってある。ついてない現実から逃避するため、愉快な妄想の中で思いっきり自分を解放してみたくもなる。トッド・フィリップス×ホアキン・フェニックスの「ジョーカー」は、観客の心の足を鷲掴みにして、物凄い力で地獄へと引き込もうとする。かつて、コミックス上のヴィランにこれほどシンパシーを感じたことがあっただろうか?そうして、これまで誰も描かなかった「なぜ」に踏み込んだ本作は、絶望の果てにある妙にあっけらかんとした心の荒野を大都会のど真ん中に設定して、人の世の悲喜劇を新たな形で提示する。今年一番の強烈な映画体験。そろそろ始まるアワードシーズンを間違いなく牽引する1作だ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 56 件)
清藤秀人

4.5映画を見ながらこれほど身震いしたのは初めて

2019年10月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

映画を見ながらこんなに身震いしたのは初めてだ。これはDCコミックの超有名ヴィランの誕生秘話の域を超えて、現代社会の喉元にナイフを食い込ませるかのような狂気と絶望に満ちた作品だ。ホアキン・フェニックスのあの肉体からしてどうだ。幾度も映し出される半裸の姿は、痩せているのになぜか肩のあたりが異様に隆起し、たったそれだけで彼の精神面での変動が透けて見えてくるかのよう。同じ半裸の男と拳銃の文脈でいうとスコセッシの「タクシードライバー」が脳裏に浮かぶが、もう一つ忘れてはいけないのがその対をなす「キング・オブ・コメディ」の存在だろう。ぶっ飛んだコメディを手がけてきたトッド・フィリップス監督がこれほどスコセッシとデ・ニーロを引き合いに「ジョーカー」を奏でるとは。やはり我々の暮らす今日の現代社会は混沌としたあの頃へ逆戻りしているのか。日常を侵食するこの感覚が僕らを狂わせる。誰しもの心の中にジョーカーはいる。

コメントする
共感した! (共感した人 66 件)
牛津厚信

5.0ジョーカーの喜劇的妄想が現実を侵食する恐怖と悲哀

2019年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

興奮

「ハングオーバー」3部作のトッド・フィリップス、喜劇畑の職人監督という認識だったが、アメコミのヴィランを題材に、これほど深い人間洞察と確かな時代性とトリッキーな作劇を融合させた心理サスペンスを完成させるとは!

精神障害を持つ無名コメディアンが、ゴッサム市を恐怖と混乱に陥れるジョーカーになるまでを描く。彼が憧れる喜劇人役にロバート・デ・ニーロ。監督は「タクシードライバー」「キング・オブ・コメディ」の影響を公言しており、2作を鑑賞済みなら気づく点も多い。実在の連続殺人犯ジョン・ゲイシー(幼少から障害に苦しみ、成人後に道化師の装いで大勢を殺害)の影響も。

序盤でアーサーの妄想癖が提示される。最初は明示的だが、次第に妄想と現実が曖昧に。その過程はまるで彼の狂気が映画の現実(と観客)を侵食していくかのよう。終盤の暴動は格差社会で虐げられた人々の下剋上であり、トランプの時代に重なって映る。

コメントする (コメント数 10 件)
共感した! (共感した人 173 件)
高森 郁哉

4.0模倣犯が出て残念

2021年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

知的

模倣犯が出たから見たわけではないが、こういう映画の作り手というのは当然、自己表現の中に現実の抑止効果があることを願っているだろう。
この映画を見て、影響を受けて犯行に至ったというのは、非常に残念なことだ。
この映画を見て疑似体験して、やってはいけないことと思ってくれる人が増えることで、社会貢献になる。
テレビでは放送しないことになったらしいが、短絡的、事なかれ主義、そんなことならば、かえってそれが犯罪抑止の一つをつぶすことにはならなければいいが。

映画自体は、ドキドキする展開で怖いもの見たさを満足させる内容でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かずジー

5.0BLM暴動が拡大する米国二極分化社会の比喩

2021年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

手塚治虫や石森章太郎をはじめとする豪華な漫画作品に囲まれて育った子供にとって、スーパーマン、バットマンなどのアメコミ・ドラマは退屈極まりなかった。数十年を経てもこの感想はまったく変わらず、それらが成人向けの映画にリメイクされても、はっきり言って軽蔑しか感じなかったのである。

で、今回はそのお仲間「ジョーカー」である。こんなもの見るのはバカだけだと思っていたのだが、せっかく衛星放送で流れるのだからちょっと見ておくかwと見始めたら、それが大いなる勘違いだとすぐにわかった。
枠組みはあの愚かしい「バットマン」だが、ジョーカーなる精神を病む男が健常者の社会から虐げられる不当さと、二極分化された社会で爪弾きされる貧困層の怒りが共振していくさまは、現在のBLM運動が暴動を起こすヒステリックな米国社会の見事な比喩になっているではないか。まさに換骨奪胎を絵に描いたような、脱アメコミのリアルで重厚な作品といえる。

惜しむらくはジョーカーが最後にショー番組司会者を確信をもって射殺してしまうことで、「あっちの=アメコミの」世界に行ってしまい、何らの悲劇性もなくなってしまうことだろうか。彼が語る悲劇と喜劇の意味がいま一つ不明だが、小生には人間の悲劇を考察するのをやめた、アメコミ的軽薄さに聞こえた。
バットマンの父親を誰か別の人間が射殺したように、ジョーカーは司会者を死亡させたと勘違いされた挙句、米国最大の悪人に祭り上げられていくという展開なら、さらに深みのある人間ドラマになったと思うのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
徒然草枕

4.5主体的に物事を判断し決める精神的な自立を得る物語?

Kazu Annさん
2021年11月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

観客にこれだけ考えさせる脚本と映像設定は大したもの。

初見の時の狂気を描いた映画という印象と異なり、二度見で実は不幸で可哀想なだけの人間が、道徳的には問題あるにせよ主体的に物事を判断し決める精神的な自立を得る物語と思えてきた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
Kazu Ann

4.5【圧倒的な没入感‼︎怪作】

2021年11月24日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
山のトンネル

0.5なんか日本にもごろごろといそうな人達の話だった

2021年11月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

見た感想を一言で言うと、「本当にこんな作品が大ヒットしたのか?」ってことです。自分にとってジョーカーとは、ジャック・ニコルソンの演じていた紫のスーツがよく似合い貫禄がある悪の帝王のような存在をイメージしてしまうんですが。この映画のジョーカーはそれとは正反対のクソダサい絵にかいたような底辺の精神病のおっさんでした。こんなジョーカーじゃあ悪の組織でも馬鹿にされるだけで使いっぱしりで終わりですわ。ダサい。ダサすぎる。いくらスピンオフ作品とはいえもうちょっと他になかったのか?是非ジャック・ニコルソンのようなジョーカーも作るべきですわ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
関学にチー牛はおらんのんじゃ

2.0うーん…

さとみさん
2021年11月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さとみ

4.5弱者のアイデンティティ

2021年11月14日
スマートフォンから投稿

悲しい

怖い

近年多発している「ジョーカー」と呼ばれる社会的弱者の凶行を生み出した問題作、とされている映画。

人は誰しも、誰かに認められたい、と願っている。家族や恋人、仕事などとの関係性から自己を確立しているといえる。

しかしこの映画の主人公のアーサーのように職を失い、家族や友人関係も上手くいかず、周囲から軽んじられる社会的弱者は、社会との繋がりから自分の価値を見出せず、ついには凶行に走ってしまう。
犯罪行為をして、世間に自分の存在を刻めるならなら、ひとつのアイデンティティを獲得した、といえるからである。

社会的影響を懸念して、この映画は規制されてしまい賛否両論あるようだが、社会的弱者にひとつの解答を示してしまったのは事実だと思う。

作品内でもジョーカーの信者たちが暴徒化していたが、現実世界での模倣犯の誕生によって、真の意味でこの映画は「完成」してしまったのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
北摂の影

4.5完璧

2021年11月14日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

完璧ですね。
そこにこの世界と彼が存在して、カメラを回しただけ、それくらいの実在感がある。ジョーカーの人格が実在する錯覚に陥るとでもいうか。
演技を超えてどこかに実在するその人格を抽出してるような、簡単に言うと憑依なんだろうが、寒気すらおぼえる仕上がりの作品。

文句なしだが、ちょっと星5は保留。その理由は長くなりそうなので省略。
また、考えが変わったら星5に変えようと思う。そう簡単に出会わないレベルなのは確かなので。。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
okaoka0820

4.0タイトル以上に深い内容。でも、UnHappyは好きじゃない。

2021年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

映画・コミックとも、「バットマン」は見たことなし。その前に、アメコミ系は見る気がせず毛嫌いしてる。絵柄・図柄がきらい。

この映画が「バットマン」の悪役誕生物語だ、という予告編やCMは見たけど、この前の京王線での事件が鑑賞動機。さらに。最近の「ノマドランド」やこの「JOKER」のような、世の中の閉そく感を突き詰めていくような映画は好きじゃない。救いのない結末を持て余して、自分まで落ち込んでしまうから・・・。

でも。
監督の表現方法や出演者たちの演技には、本当に映画の中に引きずり込まれていく。主人公の心理にも共感して、何が正しい事なのか、この映画の主人公は正しいのではないか、とさえ感じてしまう。

だからこそ。この現実世界は、天はすべての人に平等に、幸福・不幸を与えているのだと信じたい。そう、強く感じさせる作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しの@福井

1.0笑いと狂気

odeonzaさん
2021年11月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
odeonza

5.0切なかった

2021年10月25日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

怖い

唯々切なくて、体が震えました。。いちーばん最後、エンドロールが流れる前。アーサーと病院の看護師?かな、追いかけられるシーン。右に行ったり左に行ったり、トムとジェリーみたいに追いかけっこ?コメディーチックだった。あれは、すべてをまとめるシーンだったなー。他の人あまりコメントないけど。「THE END」の文字がまたコメディーっぽくて。
アーサー(ジョーカー)の人生はコメディー。
最後に思い付いたコメディー(ジョーク)も、アーサーと同じ人生を、一人残ったブルース(後のバットマン)に味合わせるというハイセンスジョークだったのかなーと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
yamada tetsu

3.5笑ってるのはどっちだろう

2021年10月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

病気で笑っているのかそれとも本当に笑っているのか
見ていて少し悲しいなと思いつつも面白い映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
喜怒哀楽

3.0存在とは

2021年10月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せに生きるってなんだろう。知能も経済力も対人能力もあってもなくても、その人なりに幸せに生きられたらいいと思うのだけど。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
mytoshokan

5.0もう観たくないけど個人的に選ぶ2019年No.1ムービー

2021年9月21日
iPhoneアプリから投稿

今回の作品ではジョーカーの過去が描かれています。

なぜジョーカーはピエロのメイクをし、狂気的に笑うのか。

その過去には「どんな時でも笑顔で人々を楽しませなさい」という母の教えで、コメディアンや大道芸人として活動していた過去がありました。

普通の心優しい青年だったジョーカーが、なぜ連続殺人犯になり、悪のカリスマ的存在になったのか。

豹変していくジョーカーのストーリーは必見です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
三浦誠大

4.0誰もがジョーカーになり得る怖さ

6k9kさん
2021年9月19日
Androidアプリから投稿

何か最近の格差社会を風刺しているようで、時代性を感じました。誰もがジョーカーになり得るし、なっていてもおかしくない、という怖さ・リアルを感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
6k9k
「ジョーカー」の作品トップへ