劇場公開日 2019年10月4日

ジョーカーのレビュー・感想・評価

3.91169
42%
40%
12%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全1169件中、81~100件目を表示

4.5この作品を一生忘れることはないだろう。 DCコミックの悪役の誕生秘...

wkchanさん
2019年11月14日
iPhoneアプリから投稿

この作品を一生忘れることはないだろう。
DCコミックの悪役の誕生秘話にしては余りある内容だ。
未だかつてこんな感情を抱いたことがあっただろうか。
悲惨で恐ろしい映画はごまんとあるが、この作品は全然種類が違う。

ゴッサムシティ、ホワイトフェイス、ジョーカーの不気味でセクシーなダンスとときどき垣間見える彼の上品な所作、そしてどうしようもない絶望。
それらがスタイリッシュな映像で映し出されるとともに、途中何度かフランク シナトラの“That's life”が流れるが、希望とユーモアを感じられるそのメロディに余計に心がかき乱される。
恐怖と悲嘆にくれて目に涙を溜めながら無理矢理笑ってみるような感じ、とでも言えば少しは説明がつくのではないか。

それからもうひとつ、孤独と貧困がもとになっているであろう犯罪は私たちの社会でも現実に起きている。
これはけっして対岸の火事ではないということも深く心に留めておかなければ。

最後に、主役のホアキン フェニックス、監督のトッド フィリップスには最高の賛辞を贈りたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
wkchan

3.5十代の私にはまだ早すぎたかも

こたつさん
2019年11月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

アーサーという一人の男の物語でありながらも蓋を開ければは波瀾万丈。
劇中では終始報われない人間ではあるものの英雄と称えられるまでのプロセスが過激すぎるかもしれないがリアリティに溢れている。
理不尽や病気、自らのミスで自分を追い込んでしまい、社会から除け者にされるアーサー。終盤にかかる辺り、悲劇と喜劇が入れ替わるのが自然と伝わってくる
ジョーカーは社会的地位の低い人々の不満がアーサーのメイクとなり、富裕層へ立ち向かうために創り上げられた純粋と邪悪の入り交じった化身。バラエティーに出演した際も、ジョーカーは「俺を(貧困層の代表として)馬鹿にするために呼んだのか!報いを知れ!」と言っていたが、裏を返せば人々の社会への不満を代弁していたのかもしれない
アーサーは殺人を犯したものの、それは単に「殺人」ではなく、「自分を守るための行為」であるのではないか
表面では悪事だが、内面は正しき行為であり、ジョーカーの言う通り、主観で決めつけるのは人間の悪い癖である
マスメディアがそれに該当するだろう
貧しさが主人公であれば豊かさは敵である。人々がアーサーを褒め称えるのも無理はない
人生経験が豊富でない私は映画の趣旨は理解できたがアーサーにあまり同情できなかった。これは人生経験がものを言うのかもしれない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こたつ

2.0ダンシングピエロ

2019年11月13日
iPhoneアプリから投稿

なんで俺金払ってこんな重い気持ちにならなくちゃいけないんだよ。
俺にとってバットマンは50年来のヒーローであり、スターウォーズや他のアメコミとは一線を画すのね。これは理屈じゃないの。でも今日はバットマンの活躍に疑問を持ってしまったのよ。能天気なヒーローが懲らしめる悪者、悪者になる前に救うのが本当のヒーローなんじゃないか?なんて…

半裸で踊るピエロがキモく嫌悪感あったのに、ジョーカーになってから踊るシーンはキレキレでカッコいい。ハーレィクインが惚れちまう理由がわかった気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
MatthewNIPPON

4.0狂気的だが美しい 心がざわつく 圧倒的な存在感

2019年11月13日
iPhoneアプリから投稿

狂気的だが美しい
心がざわつく
圧倒的な存在感

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
となかい

4.5ジョーカーを作るのは社会の闇

光陽さん
2019年11月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

明るく楽しい映画が好きなのでちょっと観るのを敬遠しておりましたが、大ヒットしているので気になり観てまいりました。
たしかに救いようのないほどのネガティブなストーリーでしたが、なるほど大ヒットしていることだけありますね。とても面白かったです。
映画は登場人物に共感できるかどうかは、物語に入り込める重要なキーだと思いますが、この映画がヒットすることということは、誰しもが少なからず世の中の理不尽さに気づいているからかもしれません。けして犯罪は許されませんがついつい主人公ジョーカーの応援をしてしまうのは、法律では正義とされる権力の中に潜む社会の闇のせいなのでしょうか。
見終わった後の余韻がハンパない映画です。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 23 件)
光陽

4.5もしも自分が…

2019年11月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
りきまる

4.5悪の天才ジョーカーの誕生譚

といぼさん
2019年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
といぼ

4.0残ります

miwaさん
2019年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

これは 完全に 鬱になります。
けど 心に 暗く残ります。
もしかしたら、 同じ環境におかれたら 自分も同じになるのでは?とも。
これは 主人公に 完全に共感した事になるのでしょうね。
落ち込んでいる方には お薦めしませんが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
miwa

0.5きのう新宿TOHOで観たけど、内気で孤独な精神疾患患者が空想するお...

2019年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
M.H.

5.0「ブチ上がった」

2019年11月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

今年120本目。

笑い方が秀逸。ホアキン・フェニックスよくあんな演技出来るなと驚きです。「スタンド・バイ・ミー」のリバー・フェニックスの弟。兄弟で凄い。
リバーは1993年に23才の若さで亡くなりましたが薬物過剰摂取で、酒もタバコも肉も食べないヴィーガンがなぜ? 毒親の理想に巻き込まれたおかげで、と後はネットですぐに調べられます。

脱線しましたが、ホアキンはオスカー確実視されてますね。それだけの演技だったと思います。
演技と共に音楽が良かった。派手な音は少なく、重厚な音楽がアーサーが悪に染まって行く演技に非常にマッチしていました。

「ターミネーター」も素晴らしかったんですが、こちらは全く別のジャンルで突出した作品でした。ジャンルで言うと心理ドラマですね。
この作品見ると、映画はやめられないと感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 21 件)
ヨッシー

5.0全部の悪は理由がある

tiancaikkさん
2019年11月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

生まれた赤ちゃんだけ、善だな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tiancaikk

5.0ジェスターと死神

2019年11月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
のむさん

1.0まるで狂気を感じない。

菊淋さん
2019年11月11日
iPhoneアプリから投稿

この映画はなんなんだろう?という印象。
ただのかわいそうな障害者の物語。
ジョーカーを描くならもっと狂気を出してほしい。
観た後、モヤモヤが止まらない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
菊淋

3.5虚無

2019年11月11日
iPhoneアプリから投稿

ホアキンフェニックスの一人芝居を観るような映画。
笑い方、タバコの吸い方、どれも堂に入っていて見事だった。映像が流麗で綺麗。

ダークナイトのジョーカーはエンターテイメントのジョーカーだったと再認識。

こちらは、もしかしたら、身の周りにいるかもしれないジョーカー。

バットマンと闘えるとは思えないが、狂気を伝染させる怖さがあるところが恐ろしい。

どちらも、記憶に残る名演です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
フラマルコ

2.5うーん、

やまはさん
2019年11月11日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
やまは

4.0哀しいね

2019年11月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

誰にでも優しい世界なら、そんな事にはならないだろうに。。。

自分よりも弱い者を虐げる社会の歪みがいつか暴発を生むのは、そうかもしれないね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
じょうじ1970

4.5守るものがあるということ

doronjoさん
2019年11月10日
PCから投稿

社会生活を営む人間は、守るものがあることで常にルールに縛られていということを意識させられる映画。

強い者とは守るものが多い者である。
ルールを守ることによって人はその持ち物は守られている。
それに対して弱い者がとりうる抵抗、自分の存在を主張する手段とはノーガード戦法、ルールを無視した戦い(テロ)である。

人は、特に映画館に足を運べるような層は観に行けるような層は、守るものがあることの幸せさを知っていて、身近に壊されたくないものがある。そして、守るものがない人に対して同情できる。感情移入できる。
一方で、自らが抑圧されている存在として、憤りもあるし開放されることへの憧れもある。

ゆえに、JOKERに対して相反した感情を持たされる。

強すぎてとてもストレスのかかる映画であったが、観る価値のある映画であった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
doronjo

5.0すべては夢?

shikaさん
2019年11月10日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
shika

4.0なるほど

2019年11月10日
iPhoneアプリから投稿

賛否両論あるけど、確かに賛の方も否の方も分かる感じがするなぁ〜。
“ジョーカー”をどう思い描いているかの違いなんだと思うけど、これはこれで面白い、と思って観るのが一番なんじゃないかと。
そりゃ〜、『ダークナイト』観たら、違うイメージ持っちゃうよね。

それにしても最後のシーンは、どう解釈すればいいのか、、、なかなか難しいなぁ〜。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
そうたん

4.0不幸の連鎖が招く悲劇

joさん
2019年11月10日
iPhoneアプリから投稿

悲しい

知的

周りに凄く良かったと言われるほど足が遠のいていた作品。
信じていた者に次々と裏切られていく姿が切ない。たぶん裏切られていくだけでは、ジョーカーに成り得なかったのかなと。
彼が抱える不満と彼以外の人が社会に対して抱える不満がマッチし、彼が暴動の象徴に祭りあげられたことで、ジョーカーが誕生したと思いました。
ただし、ジョーカー自身は社会に異を唱えるとかには興味なくて、あくまで自身の不満が中心になっているのが、僕たちの知る一匹狼のジョーカーの姿を上手く表しているなと感じます。
ただ、この作品は、ジョーカーがどうなるのかというオチを知っているからこそ、その過程を楽しめる作品で、ジョーカーを知らない人が観たら少し長く感じる部分もあるかもしれません。

是非劇場で確認してみてください❗️

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
jo
「ジョーカー」の作品トップへ