リマスター サム・クック

リマスター サム・クック

解説

Netflixで2019年2月8日から配信。

2019年製作/74分/アメリカ
原題:ReMastered: The Two Killings of Sam Cooke

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
ケリー・デュエイン
製作
マックス・ランデス
製作総指揮
アービング・エイゾフ
ステュー・シュライバーグ
ベン・コトナー
アダム・デル・デオ
リサ・ニシムラ
マイケル・ジンバリスト
ジェフ・ジンバリスト
撮影
ガイ・リブネ
  • サム・クック

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

5.0『A Change Is Gonna Come』

2021年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

サム・クックは有名でゴージャスだったが、私は彼の歴史や曲に全く興味がなく、彼の曲を聞いても、右の耳から左の耳へ通り抜けてしまっていたと思う。こういうタイプの曲にも歌詞にも興味がなかった。
でも、1963年、マイアミのハーレムスクエアークラブでのコンサートは良さそうだ。 音源が載っているからここに。

Sam Cooke - Live At The Harlem Square Club
1001 Albums Journey 2 / 10
(10曲全部聴ける)

それに、このドキュメンタリーで『A Change Is Gonna Come』を初めてきいて、歌詞が心に沁みた。

I was born by the river, in a little tent
Oh, and just like the river
I've been running ever since
It's been a long
A long time coming
But I know a change gonna come
Oh, yes it will
It's been too hard living
But I'm afraid to die
'Cause I don't know what's up there
Beyond the sky
It's been a long
A long time coming
But I know a change gonna come
Oh, yes it will
.
.
.

ボブディランの風に吹かれての曲に答えた曲だと。ここで、サムの人権意識の高い曲が生まれた、彼自身が変わっていった。でも、当時は発売されなかったが、ただの(当時の言葉で)白人を喜ばす歌手ではなくなった。 マルコメ エックス、私の好きなカシアス・クレイ(モハメッド・アリ)、そして、ブットボールのジム・ブラウン。 これらの人々と交流を持つようになって現状に対する批判的思考がより芽生えて、公民権運動に入ったわけだ。 ハンプトンハウスで集まって、その時の会話が映画になったのがあるので観てみたい。

1964年、12月11日、ロサンジェルスでの小汚い(seedy) ハシエンダ・モテル(9137 South Figuerda st. LA)dで、この娼婦の女性の証言で、サムがシャワールームにいる間、この人は自分の洋服と間違ってサムの洋服を持って逃げたとか。。。。。彼の死だが、なぜ、女性をレイプしなければならないの?これは性癖だから、既に何人かレイプしている? 白人の彼のプロヂューサー・エンジニアのアル・シュミットでさえ、この事件を訝しがっている。確かに女好きだったようだが、こんなにモテモテなのに。女性はいくらでもついてくる。それより、女性の方が追ってくる。なぜ、こんな物騒な場所のモテルに女を連れていったの? それに、ホテルの受付女がピストルを出してサムを3発で殺した。それを自己防衛だと。サムは洋服を取られて、ジャケットだけで、ピストルも持っていないんだよ。単純に考えても不思議。FBIはどこまで捜査をしたのか。時代が時代だし、モブのような妬みのある奴がバックにいるね。 ある教授の発言のように、『ただ一人の黒人の死』『黒人の命は問題じゃない』と片づけられたと思う。

ゴスペル音楽から離れて、新しい歌い方やスタイルを見つけ出したサム・クックに対する誹謗や中傷が多かったのには驚いた。教会の音楽、伝統的なバブティスト教会の牧師の子供、それなのに伝統を打ち破るサムクックの勇気に感激。と言うより、ジムクロウ法の中で自分のやりたいことをする勇気に感激。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Socialjustice

3.5彼を知る序章に過ぎない

2019年9月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

一時間ちょっとで描くには、S・クックの人生は濃すぎる訳で。

一番は不可解な死の真相がわからず仕舞いで、真実となる可能性や裏にある事柄など複雑。

カシアス・クレイ、モハメド・アリとの友情やマルコムXとの関係性、小説家のジェイムズ・ボールドウィンと知りたい事は数知れず。

興味深いインタビューから、当時の映像やデビュー前の生い立ち、デビュー後の活動、人種差別問題と向き合う姿など巧く纏められてはいるが、やはりS・クックの人生を描くには時間が少なさ過ぎる。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「リマスター」シリーズ関連作品