劇場公開日 2020年1月10日

「轟音の中の静寂、喧騒の中の駆け引き」フォードvsフェラーリ 琥珀さんの映画レビュー(感想・評価)

4.1306
44%
47%
8%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5轟音の中の静寂、喧騒の中の駆け引き

琥珀さん
2020年1月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

あ、カメラがNikonだ。

とか、

リー・アイアコッカさん、この頃からもう頭角を表してたんだ。
(後に社長にまで登り詰めた辣腕経営者……フォード中興の祖として有名、日本でも自叙伝らしき本が書店の売れ筋コーナーに平積みになっていたように記憶しています)

とか、

飛行場の整備工場を自動車用にレンタル?

なんてバカなことを時々考えながら観てました。

矛盾するようですが、集中力が切れたということではなくて、むしろ早い段階でマット・デーモンとクリスチャン・ベールの作り出す世界にどっぷり浸かり、彼らが運転中に達する一種の〝悟りの境地〟…轟音と加速度(重力)の先に待つ静寂な世界とでもいうような感覚になってたからだと思います。
ナットひとつも気になるほどに感覚が研ぎ澄まされたというか(すみません、少しオーバーに言ってます)。
ちゃんとストーリーを追っているのに、本筋とは関係なさそうなものまでなぜか印象に残った、そんな感じです。

主人公たちの目線でみたら、高速道路に落ちてる危険な落下物(積荷だけでなく、トラックのバンパーとかタイヤのホイールなどもたまに落ちていて、ホント怖いです)くらい邪魔な副社長でしたが、社長にとってはとても有能な人だったのですね、きっと。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 22 件)
琥珀
bloodtrailさんのコメント
2020年1月15日

琥珀さんへ
コメントありがとうございました!
F-1 は、余り知らなかったりしますが、ル・マンやラリーは大好き分野なのでw シェルビーとマイルズがル・マンに辿り着くまでの経歴と、ピーターのその後については書かずにおられませんでした!

bloodtrail
琥珀さんのコメント
2020年1月11日

帰ってから思いついたので、忘れないために追記。

フォードのアイアコッカ、GEのジャック・ウェルチに代表される米国大企業の事業再編(リストラクチャリング)はシェルビーの助言がキッカケとなって始まったのかも⁈

琥珀
巫女雷男さんのコメント
2020年1月11日

アイアコッカさん、私詳しく無かったんですよねw
速くてカッコイイ車を追い求めた時代。私はドップリ浸かることが出来ました✨

巫女雷男
「フォードvsフェラーリ」のレビューを書く 「フォードvsフェラーリ」のレビュー一覧へ(全306件)
「フォードvsフェラーリ」の作品トップへ