母との約束、250通の手紙

劇場公開日

母との約束、250通の手紙
母との約束、250通の手紙
14%
54%
16%
16%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

外交官や映画監督、そして「勝手にしやがれ」の女優ジーン・セバーグの夫としての顔も持ち、1980年に拳銃自殺で最期を遂げたフランスの伝説的文豪ロマン・ギャリーの自伝小説「夜明けの約束」を、シャルロット・ゲンズブールと「イヴ・サンローラン」のピエール・ニネの共演で映画化。シングルマザーとして息子ロマンを育てるユダヤ系ポーランド人移民のニーナ。息子が将来、軍人として活躍した後、作家として成功すると信じる彼女は、息子の才能を引き出すために躍起になる。ロマンは、そんな母からの過剰な愛と重圧にあえぎながらも、母の夢をかなえようと決意。成長したロマンは自由フランス軍に身を投じ、病で生死の境をさまよった時も、ニーナからの激励の手紙が届き続けた。やがてロマンはパイロットとして活躍し、執筆した小説が出版され作家デビューも果たすことになるが……。

2017年製作/131分/R15+/フランス・ベルギー合作
原題:La promessa dell'alba
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)2017 - JERICO-PATHE PRODUCTION - TF1 FILMS PRODUCTION - NEXUS FACTORY - UMEDIA

映画レビュー

4.0是が非にも運命を切り開き前に進もうとする母子の執念に圧倒される

2020年1月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

このタイトルからはメロドラマに近い印象を受けるが、いざ物語が動き始めると瞬時にその語り口へ引き込まれた。何が何でも生き抜く。そして勝利を掴みとってみせる。なりふり構わぬ生き様が、人生を少しずつ動かしていく。数十年にわたって年老いていく母を演じたゲンズブールも見事ながら、精悍な若者へと変貌する少年のバトンリレーもなかなかのものだ。

メインの母子には冒頭から「虚構」がつきまとう。貴族の末裔だとか、有名ブランドのお墨付きのお店だとか、昔は人気女優だったとか。おそらくこれらの「虚」は、母の思い描く未来絵図を叶えるための手段に過ぎないのだが、これらの言葉こそ、やがて少年が生業とする「ストーリーテリング」の礎として大切に受け継がれたように思える。何が何でも書き続ける。それは生きることの同意語でもある。そうして見つめた時、本作は「物語ること」について描いた重厚な人間ドラマだったことに気づかされるのだ。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
牛津厚信

4.0強烈な親子愛

hkr21さん
2020年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

なんだろう、強烈な余韻。
シャルロットゲンズブールの怪演にあてられた。
母と息子の想像を超える愛の絆を見せられた。

時に喜劇のようで 度を超えた愛情表現に笑ってしまた。、
正直、シングルマザーの行き過ぎ溺愛ぶりからの、この息子ありなのだよね。
母好みの人形のようだけども、互いがOKならそれで良い。
そこに相思相愛があるのだから。

時に悲劇な差別のシーンに涙と怒りを感じたり…。
フランスでもあのような酷い差別があったことを知った。

離れていても互いに共存し、
未来を見据えて生きてきた母と息子の愛の物語は
ふたりの強烈なキャラクターとともに、深い韻を残した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hkr21

3.5何かと恥ずかしい母の愛

2020年3月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ロマン・ガリの半生の物語。母の愛がどうのこうのって言う以前に、彼の半生が波乱万丈で面白かった。

スウェーデン女性は世界の男の夢?そうなの?それって世界の男の常識なの?どうりで。レベッカ・ファーガソンに惚れる訳だ。

取りあえず、ミリオタとして触れておきたいのは、操縦士が視力を失いながらも海峡を渡って帰還した爆撃機、ハンドレ・ページ・ハムデン (Handley Page Hampden Mk.Ⅰ)。動力性能重視で軽量化するために銃座が動力式では無く、レイアウトも機体設計も画期的だった爆撃機。最大速度は400kmphと軽爆撃機並みだったそうです。1400機以上製造され、WWⅡで半数が失われたとされていますので、ロマンの生還確率も1/2位だったって事でしょうね。

迫害を受けるユダヤ人。それでも、当時暮らしていた場所がどこであったかで、これだけ運命に差がでるもんなのかと。そっちの方がグサリと刺さってしまいました。母親の成功欲は迫害への反骨。息子への偏愛は成功欲の同位体。250通の手紙は、息子を思う愛の深さの証し。しかしながら、お母ちゃんの活動力と商才、大したもんです。尊敬します。

文学無知なワタクシ、恥ずかしながらロマン・ギャリーの作品を一つも読んだことありませんのでして。死ぬまでに読む本に「夜明けの約束」を登録しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
bloodtrail

4.0約束は果たされたか?

MARさん
2020年2月24日
PCから投稿

泣ける

単純

難しい

うちの子は偉い軍人だとかフランス外交官だとか偉大な小説家になると言われ続け、幼き頃からそれに応えようと奮闘してきた主人公ロマンと、その過激なシングルマザーの物語。

タイトルを見た感じでは、母と息子の温かな感動作といった印象を受けたが、実際はもっと内容の深い物語だった。

正直言って、周りを見返したいという気持ちが異常に強く、息子を大物にせんとする母親の言動は普通ではない感じ。かなり過激に息子に干渉するが、当のロマンは嫌気がさしながらも、その期待に応えようと奮闘する。

上述の通り、自分はこの母親の言動が異常に思えてたが、苦しみつつもロマンはそんな母親を確かに愛しているようで、この母親は絶対に間違えているだなんて他人の自分が言えることではないなぁと。。なんだかんだでこの母親は強く、どんな状況になっても生命力が半端ない。現に息子ロマンも確かな地位を得た大物となっているし。

改めて親子の在り方って十人十色だと思わされた。

母と息子のメインテーマの他にも、差別や偏見、戦争等々様々なテーマがありつつも、ストーリー自体はそれほど複雑ではない本作(8歳の悪女には驚いたが)。しかし、映画の最後、ロマンの心情はどのようなものか、結局彼は幸せだったのか、その答えを見つけるのは難しそう。

そして、あの厳しい母親が最後に見せた、ああいう形の優しさにグッときた。
白い嘘、読んでみたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
MAR
すべての映画レビューを見る(全25件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る