波乗りオフィスへようこそ

劇場公開日

  • 予告編を見る
波乗りオフィスへようこそ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

東京から故郷の徳島にオフィス移転を行ったIT企業社長の実話をもとに、俳優の関口知宏が映画初主演を飾った人間ドラマ。宇崎竜童、岩崎加根子、宮川一朗太らベテラン勢が脇を固め、「キリコの風景」の明石知幸監督がメガホンをとった。徳永は東京でセキュリティソフト会社を経営していたが、大企業に押されてエンジニアの採用ができずにいた。窮地に立たされた徳永は故郷の徳島県美波町に人材を求めるが、事業はなかなか好転することはなかった。地元の同級生や起業家の助けを得て、豊かな自然を前面に押し出した秘策を打ち出した徳永は、なんとか採用にこぎつけ、住民たちに助けられながら、数々の困難を乗り越えていく。事業も軌道に乗る中、社員の生田が町最大となる秋祭りの責任者に抜擢され……。

2019年製作/108分/日本
配給:マジックアワー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2019ポンコツ商会

映画レビュー

3.0☆☆☆★★ 地方創生プロジェクト映画。 冒頭、列車に乗り故郷へ行く...

2019年5月5日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
松井の天井直撃ホームラン

1.5関口くんが気になって観た。

Haruさん
2019年4月23日
iPhoneアプリから投稿

政府御用達映画のようだった。
都会で仕事するより、地方で仕事をする方が合理的。
そんな匂いを醸したて、人は寂しいのだと囃し立て、無理矢理地方での暮らしを画策してるように思えてならなかった。でも、そこに踏み込む為のシンドさと乗り越えるアイデアは余りに陳腐だ。選択肢を創り出す人でありたい!仮にそれが答えだとしたら…。

必要なのは儲けは必要最小限に抑えて仕事をする。
そんな覚悟だけなのだ。
日々の生活に必要なものとは一体何かを見つけ出し、其れだけを生み出す。そんな行動だけがいま必要とされている。そんなコトを教えてくれた。

そんな映画だった。

関口くんが其れを語っていた。

某国の国営放送の鉄道番組で旅する彼のイメージから離れられなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Haru

3.5まあまあ面白い

2019年4月19日
iPhoneアプリから投稿

実際に地方で東京の仕事を引き続きながら、自然に囲まれて働いている人たちがいると聞いて、興味津々で見に行った映画。
地方と東京では、いろんな面で違うのだと実感。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
かぼすちゃん
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「波乗りオフィスへようこそ」以外にこんな作品をCheck-inしています。