金子文子と朴烈(パクヨル)

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
金子文子と朴烈(パクヨル)
29%
55%
15%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大正時代の日本に実在した無政府主義者・朴烈と日本人女性・金子文子の愛と闘いを、「王の男」「ソウォン 願い」のイ・ジュニク監督、「高地戦」「建築学概論」のイ・ジェフン主演で描いた韓国映画。1923年の東京。朴烈と金子文子は、運命的とも言える出会いを果たし、唯一無二の同志、そして恋人として共に生きていくことを決める。しかし、関東大震災の被災による人びとの不安を鎮めるため、政府は朝鮮人や社会主義者らの身柄を無差別に拘束。朴烈、文子たちも獄中へ送り込まれてしまう。社会を変えるため、そして自分たちの誇りのために獄中で闘う事を決意した2人の思いは、日本、そして韓国まで多くの支持者を獲得し、日本の内閣を混乱に陥れた。そして2人は歴史的な裁判に身を投じていく。ジェフンが朴烈役を、「空と風と星の詩人 尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯」のチェ・ヒソが金子文子役を演じるほか、金守珍ら「劇団新宿梁山泊」のメンバーが顔をそろえる。2018年・第13回大阪アジアン映画祭では「朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト」のタイトルでオープニング作品として上映された。

2017年製作/129分/PG12/韓国
原題:Anarchist from the Colony
配給:太秦

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2017, CINEWORLD & MEGABOX JOONGANG PLUS M , ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

4.5近代史を扱った見事な作品

ローチさん
2019年6月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

愛を描いた映画として出色で、日韓の複雑な歴史にスポットを当てた点でも高く評価できるし、表現の自由の大切さを訴えた作品としても素晴らしく、権力と大衆の愚かさの普遍性を描いたという点も見事。同じ時代を舞台にした『菊とギロチン』と合わせて観るとより深く理解が進む作品だと思う。
大正末期の関東大震災直後は、震災のショックと政治権力の圧力の増大という点で、現代とも共通した社会背景があるが、朝鮮人へのいわれなき非難などのデマの横行など、人々の行動もあまり変わらないようだ。日本人、韓国人の登場人物ともにフェアに描かれていて、国籍関係なく時代と権力に翻弄された人々の生き様を鮮烈に描いた作品だ。
有名な「怪写真」のくだりは、どの程度事実なのだろうか。作中の解釈は正しいのかわからないが、あの2人の人間性に惹かれた人間は、実際に権力側にもいたのだろうか。少なくとも、本作での、あの写真の撮影に至るまでの物語には非常に説得力があったと思う。あの写真の2人のふてぶてしさが全編に渡ってよく表現されていた。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ローチ

3.0鬼子による大逆事件は英雄物語ではない。稚拙なテロリストの話

YAS!さん
2019年12月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

犬ころ供と僕は逆の世界に生きている。
珍奇な脚本家が書いた反日映画は、被害者面したとても悪意に満ちたもので
これを正当化したら、中東のテロさえも肯定されてしまうだろう。

この映画は最初から最後まで違和感の連続だけが続き
日本語を話しているようだが、一部の役者がしゃべる日本語は 僕には犬語に聞こえた。
文子さえ、根っからの犬に見えたので、
日本人役にはせめて日本人を使う冪だ。

爆弾を準備する事は町井戸に毒をいれるのとまったく同じであり
犬が求めているのは平等ではなく、「自分達には都合が悪い日本政府に成り代わり、犬ころが日本社会を支配し
日本の民を自分達に従える」という
”自分達が上に立ちたい”が為には、人だって殺す革命思想上に居るものであり

皇室に対して、暗殺計画を進めていた重罪はけして許されるわけがない。
知っていた者 関係者すべてが極刑に値する。
重犯罪者糞安重根と同じである。
日本に死刑と言う刑罰がなければ、現場処理ができていただろう。

今年度初めに観て、感想を書こうかずっと迷っていた。
鑑賞後、純粋に憎悪だけが残り、読むに堪えがたい感想文だったからである。
しかし観た者は観たものであり、1年の終わりにそのまま記す。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
YAS!

3.5独立した「個」として愛する人と社会と向かい合おうとした若者の物語だ...

2019年12月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

独立した「個」として愛する人と社会と向かい合おうとした若者の物語だと思うんだけど、やはり“存在した罪を無かったことにするんじゃねーよ”というもうひとつのテーマが突き刺さる。エンドロール脳内では中川五郎「トーキング烏山神社の椎ノ木ブルース」が鳴っていた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
flipperpinball

3.5題材自体は素晴らしいが......。

2019年10月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

この作品の良い点は他のレビュアーの方々が言ってる通り。期待して観賞したものの、他のレビューでも書かれているが文子と朴が知り合ってまもなく震災、逮捕、と文子と朴の絆がどのように築かれたかが作品ではあまり描かれておらず、正直映画を観る限りでは、二人に感情移入できなかった。本作は三時間くらいでも充分見れるような内容なので前半、文子の不遇な幼少期から丁寧に描いてやがて朴に出会うという構成にした方がより文子と朴に感情移入できたのではないかと思う。
日本映画ではなかなか描かれない近代史のひとつである大逆事件を扱った貴重な映画としても、とても意義のあるものだっただけにその点だけが残念でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レプリカント
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「金子文子と朴烈(パクヨル)」以外にこんな作品をCheck-inしています。