僕たちは希望という名の列車に乗った

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
僕たちは希望という名の列車に乗った
32%
60%
8%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ベルリンの壁建設前夜の東ドイツを舞台に、無意識のうちに政治的タブーを犯してしまった高校生たちに突きつけられる過酷な現実を、実話をもとに映画化した青春ドラマ。1956年、東ドイツの高校に通うテオとクルトは、西ベルリンの映画館でハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を見る。自由を求めるハンガリー市民に共感した2人は純粋な哀悼の心から、クラスメイトに呼びかけて2分間の黙祷をするが、ソ連の影響下に置かれた東ドイツでは社会主義国家への反逆とみなされてしまう。人民教育相から1週間以内に首謀者を明らかにするよう宣告された生徒たちは、仲間を密告してエリートとしての道を歩むのか、信念を貫いて大学進学を諦めるのか、人生を左右する重大な選択を迫られる。監督・脚本は「アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男」のラース・クラウメ。

2018年製作/111分/PG12/ドイツ
原題:Das schweigende Klassenzimmer
配給:アルバトロス・フィルム、クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)Studiocanal GmbH Julia Terjung

映画レビュー

4.5なんと力強いドラマなことか。彼らのその後の人生が知りたくてたまらなくなる。

2019年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

知的

様々な書籍やTVドキュメンタリー、または映画などを見て、第二次大戦後の東ドイツにまつわる歴史は大方知っているつもりでいた。が、本作で描かれた史実に愕然とさせられた。ほんのちょっとしたボタンの掛け違いのような出来事がやがて大きな騒動にまで発展していく皮肉————いや、これは皮肉という言葉では片付けられるものではなく、むしろこの一点にこそ、社会や幅広い世代をめぐる大きな問題や歪みが集約されていたと考えるべきだろう。その意味で若者たちの戦いは無駄ではなかった、と。

『アイヒマンを追え!』ではナチス追跡人の懸命なる捜索を骨太に描ききった監督が、今回は若手とベテランを巧妙に配しながら丹念なるヒューマンドラマを紡ぎあげる。そこで巻き起こる感情線が決して単調ではなく、幾重にも絡まり合って社会の矛盾を織りなしていく様が実に見事だ。彼らはどのような人生を歩んだろう。物語のその後を知りたくてたまらなくなる。

コメントする
共感した! (共感した人 16 件)
牛津厚信

4.0本来の自由を保持する困難

kthykさん
2020年10月17日
Androidアプリから投稿

指導者がヒットラーからスターリンに代わった時代のベルリン近郊の小さな町。まだ東西の壁は無く、若者たちにとっては列車に乗り、西ベルリンのディスコへ行くのが大いなる楽しみ。
そんなある日、二人の若者は映画館でハンガリー動乱のニュースを目にすると、教室に戻りささやかな抵抗を呼びかける。
しかし、その抵抗はやがて教室中の自由の蹂躙し、彼らの日常を困難なものに変えていく。そして、彼らは友や親と離れ、街を出ることを決意するのだ。
見どころの多い映画だが、ポイントは生き方の選択は各々個々人に架せられた個々人の問題であり、ナチそしてスターリンの時代を生き抜いてきた親たちもまた全く同じであった。
本来の自由が持つ意味と価値はかなり尊い。しかし、それを我が身が保持し続けることは、かなりの苦難と犠牲を強いられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kthyk

4.5なんと胸打たれる青春群像劇だろうか

といぼさん
2020年10月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

TSUTAYAのレンタル棚に陳列されていたのを見て、全く内容知らないで借りた映画です。

結論ですが、めちゃくちゃ面白かったし、胸を打たれました。日本にも「子供が大人の束縛から抜け出すため、自由のために闘争(逃走)する」というストーリーの映画やドラマは多くありますが、「1956年の西ベルリンと東ドイツ」という舞台がその闘争をより深刻で過激なものにしている印象です。しかも、この物語が「実話を元にしている」ということも衝撃的でした。

最低限、冷戦についての知識は持っていたほうがいいかもしれませんね。東ドイツと西ベルリンの関係は言わずもがな、劇中で重要なキーとなるハンガリー動乱とか、作中に頻出する「ファシスト」という言葉とか。ある程度知っていれば引っかからずに観れますけど、知らないと「何それ?」と頭の中で引っかかってしまってストーリーに置いていかれますので。

・・・・・・・・・・・・
1956年、ベルリンの壁が建設される少し前の物語。アメリカを盟主とする資本主義国の西ベルリンとソ連を盟主とする共産主義国の東ドイツは対立状態にあった。東ドイツの高校の進学クラスに通う学生であるテオ(レオナルド・シェイヒャー)とクルト(トム・グラメンツ)は西ベルリンの映画館に忍び込み、そこでハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュースを目にした。ハンガリーの若者たちの行動に胸を打たれた二人はクラスメイト達にハンガリーのために黙祷を捧げることを提案し、多数決により黙祷は行なわれた。しかしこの黙祷が「反革命」と見做されてしまい、人民教育相から首謀者を明らかにしなければ進学クラスを閉鎖するとの警告を受けてしまった。仲間を密告してエリートとなるか、信念を貫いて大学進学を諦めるか。彼らは選択を迫られることとなった…。
・・・・・・・・・・・

共産主義の圧迫感というか束縛や思想弾圧についてかなり否定的な描かれ方をしているな~という印象。「当時の思想弾圧はここまで酷いものだったのか」という恐怖みたいなものを感じました。

この映画の素晴らしいところは、登場人物それぞれの考え方や感情の動きを実に丁寧に描いているところです。
「何とか言い訳をして罪を免れよう」とするテオに対して「自分がやったことなのだから責任を取ろう」とするクルト。言い訳がましい彼氏のテオに呆れてしまい逆にクルトに惹かれるレナ。自分は黙祷に反対していたのに、何故か首謀者と疑われてしまったエリック。そして彼らの家族たちの立場と考え方。
それぞれの登場人物がきちんと考えきちんと行動することで、「生きている人間のリアルな葛藤」というのが見えてくるのです。それぞれの登場人物に感情移入し、時に彼らと共に喜び悲しむことができるのです。

「1956年の東ドイツと西ベルリン」という絶妙な舞台設定によって、「この後彼らがどうなったのか」が何となく察することができるところも本当に素晴らしかった。設定を100%活かした物語だったと思います。

是非この作品を家で観るときは、途中退席せずに、トイレ休憩とか挟まないで、なるべく一気に観た方がいい。本当に面白い作品でした。オススメです!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
といぼ

4.0壁が壊れたことは知っているけど、できた頃のことは知らない。

fukui42さん
2020年9月14日
iPhoneアプリから投稿

一言「大人って、てなわん(方言で意地が悪い。卑怯)!」。

実話を元にと冒頭にあって。
ちょっと待て、こんなことあったらアカンやろうと憤慨しました。

ベルリンの壁が崩壊した(1989)のはニュースで知っているけど。
壊れるということは、作られた時の話があったわけで。
その5年前の設定で話が進んでいきます。

統制下に置かれた東ドイツの18才の学生たち。
秘密基地風の爺さん宅で聞いた西側のラジオ。
事故で亡くなったサッカー選手に対して「授業の2分間だけ黙祷をしよう」。
たったこれだけで、政治的意思だとして騒ぐ大人たち。
「首謀者は誰だ?」と、家族のことを持ち出したりして脅す。
社会主義の敵は潰す、と。

大人気ない(怒)。
でもそういう時代だったのですね。
それに対して生徒たちは、白状するのか。それとも。

楽しい映画ではありません。
でも、こういう時代があって、今の時代があることを。
知っておくべきでしょう。

⭐️今日のマーカーワード⭐️
「(嘘も方便だと親に言われ)一生つきまとう嘘だ」。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
fukui42
すべての映画レビューを見る(全78件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る