僕たちは希望という名の列車に乗った
ホーム > 作品情報 > 映画「僕たちは希望という名の列車に乗った」
メニュー

僕たちは希望という名の列車に乗った

劇場公開日

解説

ベルリンの壁建設前夜の東ドイツを舞台に、無意識のうちに政治的タブーを犯してしまった高校生たちに突きつけられる過酷な現実を、実話をもとに映画化した青春ドラマ。1956年、東ドイツの高校に通うテオとクルトは、西ベルリンの映画館でハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を見る。自由を求めるハンガリー市民に共感した2人は純粋な哀悼の心から、クラスメイトに呼びかけて2分間の黙祷をするが、ソ連の影響下に置かれた東ドイツでは社会主義国家への反逆とみなされてしまう。人民教育相から1週間以内に首謀者を明らかにするよう宣告された生徒たちは、仲間を密告してエリートとしての道を歩むのか、信念を貫いて大学進学を諦めるのか、人生を左右する重大な選択を迫られる。監督・脚本は「アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男」のラース・クラウメ。

キャスト

作品データ

原題 Das schweigende Klassenzimmer
製作年 2018年
製作国 ドイツ
配給 アルバトロス・フィルム、クロックワークス
上映時間 111分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全43件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男
アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男 (字幕版)
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「僕たちは希望という名の列車に乗った」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi
採用情報