僕たちは希望という名の列車に乗った

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
僕たちは希望という名の列車に乗った
僕たちは希望という名の列車に乗った
33%
60%
7%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ベルリンの壁建設前夜の東ドイツを舞台に、無意識のうちに政治的タブーを犯してしまった高校生たちに突きつけられる過酷な現実を、実話をもとに映画化した青春ドラマ。1956年、東ドイツの高校に通うテオとクルトは、西ベルリンの映画館でハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を見る。自由を求めるハンガリー市民に共感した2人は純粋な哀悼の心から、クラスメイトに呼びかけて2分間の黙祷をするが、ソ連の影響下に置かれた東ドイツでは社会主義国家への反逆とみなされてしまう。人民教育相から1週間以内に首謀者を明らかにするよう宣告された生徒たちは、仲間を密告してエリートとしての道を歩むのか、信念を貫いて大学進学を諦めるのか、人生を左右する重大な選択を迫られる。監督・脚本は「アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男」のラース・クラウメ。

2018年製作/111分/PG12/ドイツ
原題:Das schweigende Klassenzimmer
配給:アルバトロス・フィルム、クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)Studiocanal GmbH Julia Terjung

映画レビュー

4.5なんと力強いドラマなことか。彼らのその後の人生が知りたくてたまらなくなる。

2019年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

知的

様々な書籍やTVドキュメンタリー、または映画などを見て、第二次大戦後の東ドイツにまつわる歴史は大方知っているつもりでいた。が、本作で描かれた史実に愕然とさせられた。ほんのちょっとしたボタンの掛け違いのような出来事がやがて大きな騒動にまで発展していく皮肉————いや、これは皮肉という言葉では片付けられるものではなく、むしろこの一点にこそ、社会や幅広い世代をめぐる大きな問題や歪みが集約されていたと考えるべきだろう。その意味で若者たちの戦いは無駄ではなかった、と。

『アイヒマンを追え!』ではナチス追跡人の懸命なる捜索を骨太に描ききった監督が、今回は若手とベテランを巧妙に配しながら丹念なるヒューマンドラマを紡ぎあげる。そこで巻き起こる感情線が決して単調ではなく、幾重にも絡まり合って社会の矛盾を織りなしていく様が実に見事だ。彼らはどのような人生を歩んだろう。物語のその後を知りたくてたまらなくなる。

コメントする
共感した! (共感した人 13 件)
牛津厚信

4.5明日があるさ❗️

masamiさん
2020年5月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

いつも私の頭が悪いレビューを読んで頂きありがとうございます。今は映画館はやっていません。家にいる時間が増えました。STAY HOMEでございます。

それでも気がつまります。少しだけ遠出をしました。葛飾は柴又の江戸川の向かいにある公園に行きました。里見公園です。

そこそこ人はいます。みんな初夏の陽気に誘われたんだね。マスクはしてます。ソーシャルディスタンスは保ってね。

薔薇園ではベンチで若い夫婦がワインを飲んでいます。うーん、満喫してるね。薔薇の香りに包まれてワイン🍷ですか。そうですか。
さてここで問題です。この夫婦が飲んでいたワインは赤ワインでしょうか?白ワインでしょうか?考えて下さいね。正解は・・・

ロゼでーす❗️(ややずるい)

シロツメグサ(クローバー)☘の群生を発見した。まるで白い絨毯。昔からの習性なのだがクローバーの四つ葉を探してしまうのです。しかしなかなか見つからない。すると、突然・・・

「なにをさがしているんですか?」

えっ?誰?小さな男の子。推定3歳。あのね〜
四つ葉を探してるんだよ。敬語を使えるんだね、偉いね〜 その子は良く分からないのかお花を一輪摘んで私にくれた。お母さんが謝りに来た。その後四つ葉の説明をしている。男の子は、よつば🍀よつば🍀・・・呟いている。
花言葉はgood luck(幸運)だ。

大人になったら君は私の事なんか忘れるだろう、でも私は君の事を忘れないよ。

さて長い枕を終わります。すみません。5月は映画館が休館中です。故にDVD視聴のみです。
邦画中心ですが、この映画をチョイスした理由は仲良くして頂いている、もみじまんじゅうの里の方の推薦があったからです。

この方は本当に凄い。生粋のメカマニア。ある映画で拳銃の情報が異常に細かかったのでコメント欄でツッコミを入れた事がある。

さいとうたかをプロの銃担当か❗️

返答は「秋元治プロの車担当です!」だった❗️センス抜群!いや、この映画には銃は出てきません。大体アクション映画を観ていて、あの銃はベレッタとかS&Wとかルガーとか…カンガエタコトナカッタ。私の知ってる銃は・・・

竹原ピストル❗️

♩よー、そこの若いの
君だけの花の咲かせ方で
君だけの花を咲かせたらいいさ

舞台は1956年の東ドイツ。まだベルリンの壁は出来ていません。進学校に通うテオとクルトは高校三年生です。テオは彼女に四つ葉のクローバーをプレゼントしたりします。ただインチキですが。

時には墓参りと言って西ドイツに行ったりします。忍びこんだ映画館でハンガリーのソ連に対する武装蜂起を知ります。そしてクラスメートと共にハンガリーのサッカー選手プスカシュの死を知り授業中に黙祷をします。しかしその結果、大変な事態が起こります。

実話ベースなのですが、まじっすか?ソ連に忖度しすぎじゃないっすか?

当局は首謀者を特定しようとします。信念か友情か?メッチャ、サスペンスフルです。会話劇なのに。「12人の怒れる男」以来の感じ。観て損はないですよ。

こんな長文を読んで頂き感謝いたします。最後に皆様に言いたい言葉があります。

Good Luck‼️

コメントする (コメント数 10 件)
共感した! (共感した人 13 件)
masami

4.0静謐でそら恐ろしい傑作。

2020年4月9日
iPhoneアプリから投稿

学生たちの小さな行動が、政治的な大問題につながっていく話。

静かにひたひたと、そして圧倒的で一方的な権力により追い詰められていく学生たちの描写があまりにリアルで恐ろしい、そして切ない。
さらにこれか実話ベースだというのだから、恐怖でしかない。
無垢で真面目な学生に対して、大人げない、いやむしろ姑息で狡猾な心理戦を繰り広げさせる展開は、政治スリラーといっていいかもしれない。

ひとつの小さなテーマで、大人、国家の薄汚さをまざまざと見せつける本作は、まごうことなき傑作としかいいようがない。

観賞後にわかる邦題の意味の美しさにも余韻が残る。

素晴らしい作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
やべっち

5.0高校生の問題意識の高さに感激!

ku-chanさん
2019年12月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

本当の話をベースにしているようだが、第二次大戦後ナチス崩壊のドイツではベルリンの壁ができる前は東西両ベルリンは行き来はできたわけで、映画ではクリスマス/正月シーズンは両ベルリンの往来も厳しくはなかったと言っている。
この時代の東側で生きていた人々の話だが、社会主義国家にするために思想の統一、ナチスの全体主義をいいスケープゴートにしてロシアの力を借りて、(ロシアが抑圧していたのかも?)ロシア体制を東ドイツに作っていく過程。東の見解ではロシアがハンガリーブダペストの動乱を抑止する力があるとみているし、西は全体主義の賜物になっている。

そして、米国、英国などの西ドイツと国を完全に二分する思想抑制下の東の人の心を描いているので、興味深い。ドイツ映画はナチスの全体主義時代や批判、そして、現在の統一後の映画しか鑑賞したことがなかったし、この1956年の時代の東西ベルリンの境界線(Stadtgrenze)に住んでいた人々の生活の 映画は皆無だったのでドイツ映画の別の政治的思想弾圧の一面を見た気がする。

好奇心のある高校卒業を控えている生徒たちの情報収拾力、多数決で行動を起こす民主主義(?)問題意識の高さ、自分の周り以外にも目を向けることができる(意識化できる)などが、大多数の生徒を西ベルリンに向かわせたんだと思う。
ここで、テオ(労働者の息子で、兄弟が彼を含めて三人の役)の多数決という捉え方が経験により成長したのがいい。全員退学させられた時、テオの案で、西に向かおうと。でも、彼は一言、自分の意思で行きたい人だけがいこうと。そこで、そこで多数決に従うやりかたを取らず、自分の意思を尊重するもっと民主主義的なやり方で他の生徒に話している。そこがテオの将来をより明るくしている気がする。

戦前のドイツはヒットラーの全体主義や連合国、ロシアの侵略、ユダヤ迫害など自分の立ち位置をどこに置いたかで人生が変わってくる動乱の時代だったようだ。そこから、はびこる『裏切り』も日常茶飯事のようだったに違いない。その中で、テオの父親だけは労働階級の動乱(Uprising 53)について一切、口にしないが、テオの友達カートを裏切る行為を自分の子供可愛さで興奮のあまりテオに進めたが(テオはそれをしないことは承知だった。)結局、父親本人も密告しなかった。テオを見ていると父親と同様に善悪をよく理解しているし、それにそって行動をしている。カエルの子はカエルということわざがあるが、倫理的な精神構造を引き継いでいる。

サッカーで有名なハンガリーの選手Ferenc Puskas が殺されたと西のニュースで伝えられたが実際は死んでいなかったと東のニュースが伝えた。後でネットで調べたところプスカスは2006年ごろ他界している。東西でお互いに洗脳しあっていたのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ku-chan
すべての映画レビューを見る(全73件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る