靴ひも

劇場公開日:

靴ひも

解説

約30年ぶりに一緒に暮らすことになった、家族を捨てた父と発達障害のある息子が、本当の親子関係を築くまでを笑いと涙を交えて描いたイスラエル製作の人間ドラマ。母の急死により、残された発達障害のある50歳の息子。かつて家を出て行った父親が呼び出され、約30年ぶりに親子2人での生活がスタートする。生活習慣へのこだわりが強い息子に、父はどう接したらよいか戸惑いながらも2人は徐々に打ち解けていく。そんな中、父が末期の腎不全と診断され、人工透析が必要となる。特別給付金申請の面接の場で、特別な支援が必要であるとアピールするため、息子が靴ひもを結べないふりをする。イスラエル・アカデミー賞で8部門にノミネートされ、父親役のドブ・グリックマンが助演男優賞を受賞した。

2018年製作/103分/G/イスラエル
原題:Laces
配給:マジックアワー

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)Transfax Film Productions

映画レビュー

4.5障害を乗り越えて

2022年9月18日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
ハンバーグ

4.0その姿はとても暖かでした

2022年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ずっと昔に別れた父親と、障害を持った息子との心の触れ合いを描いた作品。
イスラエル作品て殆ど観たことがないので、まず聞き慣れない言語に少し戸惑いました。
が、それ以上に主演の二人の演技が素晴らしく、すぐ作品に入っていけました。
特に父親役のドブ・グリックマンが、実に味わい深い芝居なんです。
障害と社会、紛争の絶えないイスラエルにある支援の現実、腎不全に臓器移植、こうしたビターなテーマをユーモラスに包んでいました。
また演出は控えめで、淡々と動いているのも良かったです。
そうして皆優しい。ガディの周りは小さな愛に溢れているんですね。
噛み合わない共同生活の後に、いつの間にかお互いを必要とする親子へ。
「これ以上息子から奪うことはできない」と苦悩しながらも、もう互いに与え合っていたのでしょうね。
ラストはあまりに突然で、でもそだからこそガディの成長にも繋がったのでしょう。
最後、前に進んだその姿はとても暖かでした。
素晴らしい作品です。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
白波

4.0心の強い子、カディ

2022年8月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

36年の長い月日が、彼らを再び親子にしてくれたのではないだろうか。
誰よりも父親思いなここらの強い子カディは、きっと多くの人に愛され幸せに過ごすだろう。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
上みちる

4.0ドヴ・グリックマン

2022年8月1日
PCから投稿

父親役のドヴ・グリックマンの演技すべてが心に染みた。
仏頂面できれい事のひとつも言えない。

障碍を持つ息子をいっしょうけんめい愛している気持ちがずーんと伝わってきた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
miharyi
すべての映画レビューを見る(全32件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る