おとなの恋は、まわり道

劇場公開日

おとなの恋は、まわり道
5%
34%
43%
12%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

キアヌ・リーブスとウィノナ・ライダーが4度目の共演を果たし、それぞれ個性が強すぎるために仕事も恋も上手くいかない男女の恋の行方を描いたラブストーリー。絶縁したはずの家族の結婚式に出席することになった偏屈男フランクと、結婚直前に自分を捨てた元婚約者の結婚式に出席する毒舌女リンジー。式場のあるリゾート地へ向かう空港で偶然出会い、口論を繰り返していた2人は、やがて互いが同じ結婚式に向かっていることを知る。現地でもホテルや食事のテーブルなど事あるごとに隣同士にされた2人はうんざりしながらも、口論や会話を重ねるうちに互いの共通点に気づきはじめ……。監督・脚本は「5時から7時の恋人カンケイ」のビクター・レビン。

2018年製作/87分/R15+/アメリカ
原題:Destination Wedding
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0キアヌとウィノナだから許される

2018年12月20日
PCから投稿

笑える

楽しい

お互いに人付き合い下手、そして当然、恋愛下手の男女が、知人の結婚式に向かう道中で、または、式の前後で、不覚にも距離を縮めて行く。似た者同士が意地を張り合いながら求め合ってしまうイタイ設定は、しかし、演じるキアヌ・リーヴスとウィノナ・ライダーがとても楽しそうに演じているからか、終始くすくすと笑える。共に協調性とはほどと遠いキャラ設定が、2人の実像とモロに被るからだ。同世代の映画ファンは、彼らが意図的なのか必然的なのか、ハリウッドのメインストリームから外れても、こんな仕事を楽しめる余裕があることに、ひととき心を和ませるに違いない。それにしても、劇中で招待者にとって傍迷惑の極致のように描かれるリゾート・ウェディングだが、ワイナリーで式を挙げるなんて、けっこう素敵じゃないかと思う。少なくとも、常夏のハワイの砂浜で、タキシードを着た新郎が汗だくになって花嫁を抱き上げる場面を見せられるよりは。。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
清藤秀人

4.0飾らない二人に笑えて、応援したくなる映画

2021年12月1日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

幸せ

気になっててまだ見てなかったのでネット配信で見ました。
殆ど主演二人の会話劇なんだけど、いちいち話が面白いwww久々に笑ったwww

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しんかいぎょ

4.0せりふ多いなぁー、、

Jolandaさん
2021年7月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

幸せ

90分間、ほぼずっと字幕追ってたよ。
20時にペット寝かせる時もね、だから、チラチラ画面見ながらケージに毛布かけてたよ(笑)

でも、その台詞過多な感じを全然苦にしてなさそうなのも、芸達者な二人ならではですね。共演4度目って。多っ。

キアヌは実はあんまり観たことなくて、ウィノナも、全部観たのは『エイジオブイノセンス』ぐらい。(シザーハンズと"リチャードを探して"は、部分的に観ている)

「アイフィールプリティ」借りた時にこの映画の予告篇が入ってたので興味持って借りたのですが、まぁまぁ良かったです。逸品、絶品とは言わないけど、佳品という感じ。

二人とも性格はすごくシニカルだけど、けっこう哲学的な問いも多くて共感できます。現代的。R15的な表示があったのでナンゾヤ?と思ったら、けっこうそっち系のシーンが長めでした。控えめではあるんだけどね。

私の中のウィノナは、ほんとにシザーハンズや例の裁判の頃のスナップで時が止まってたので、オトナになったナーという感じでした(年上に対してアレだけど笑)

シニカル×シニカル+ハッピー。 監督とは気が合いそうだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Jolanda

5.0負け組に幸あれ

きりんさん
2021年1月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「くたばっちまえ、アーメン♪」
(ウェディングベル/シュガー)

二重否定のたたみかけ~
5秒に1回、失笑。
いやー、楽しませていただきましたよ。
2.5枚目のキアヌ・リーブスが実に軽妙でよろしい。

会話劇として思い浮かぶのはやはり「ビフォー」シリーズですが、あちらは見るうちにハラハラしてしてどっと疲れが残る言葉の応酬。眉間に皺。

⇔ こちらは
見るうちに ほのぼのしてきて体のコリが温かくほぐれます。

義理で出席する結婚式の“悲喜こもごも”は、きっと誰しも思い当たりますね。
とにかく字幕を追うのがたいへんということは報告しておきます。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 3 件)
きりん
すべての映画レビューを見る(全61件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る