劇場公開日 2019年5月31日

  • 予告編を見る

長いお別れのレビュー・感想・評価

3.7136
23%
54%
18%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全136件中、1~20件目を表示

4.5中野監督はまたも家族映画の傑作を我々に届けてくれた

2019年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

認知症を患った父との7年間の日々、と書くと、介護日記のようなものと思われるかもしれない。私の印象も最初はそうだった。しかしいざ幕が上がると、そこにはむしろ「私たちの物語」が映し出されていたように思う。描かれるのは7年間だが、ある意味、昭和、平成を超えて新たな時代へと向かおうとする私たちの誰しもに通底するクロニクルが、そこには刻まれていたのではないか。

過ぎ行く季節の中で、忘れてしまうこと、俄かに思い出されること、手では掴めずとも残り香のようになって留まり続けるものもあるかもしれない。私たちはその全てを抱きしめながら、この時を歩んでいく。

鑑賞中、あらゆるシーンと登場人物が愛おしてたまらなくなった。生きること、生きていてくれることが尊く思えるようになった。おそらく俳優陣のとびきりの笑顔と、決して光を失わない明るさがそう思わせるのだろう。中野監督はまたも家族映画の傑作を私達に届けてくれた。

コメントする
共感した! (共感した人 17 件)
牛津厚信

5.0回転木馬のシーンは忘れえぬ名場面

2019年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

幸せ

中島京子がアルツハイマーの父を“見送った”実体験をもとにした小説が原作というだけあり、認知症の家族を持った人にとってはあるあるエピソードが満載。実際に介護をしている時には、悲しい、やるせない、振り回されることへの怒り、明日は我が身かとの不安など、さまざまな感情が入り混じって余裕がなくなる。でもお別れの後から振り返ると、なんだか笑えるような状況でもあったなあと。そんなことを思い出させてくれる、あたたかくて愛すべき珠玉作。

「湯を沸かすほどの熱い愛」は中野量太監督のオリジナル脚本で、本作は原作ものだが、一家の大黒柱的存在が緩慢な死を迎える過程と、それに寄り添い自らも変わる家族たち、という要素は驚くほど似ている。これも映画の神様がもたらす奇縁だろうか。俳優陣それぞれが素晴らしいが、認知症の進行をリアルに再現しつつ、じわりとしみるチャーミングさを失わない山崎努の演技力には改めて感服した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 20 件)
高森 郁哉

4.0きれいな映画

にあさん
2021年2月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

なにの前知識もなく、
たまたま誤ってクリックされて再生されたのを観賞

ストーリー、役者、テンポ、描き方、
どれも良かった

すごくフィクションで、すごくノンフィクション
介護疲れや忘れられる悲しさ寂しさ、
お金の問題や諸々現実的な重さは描かれない。
唯一スーパーでの一件では社会の当たりが強いけど
(これはこれであまりに店側の対応が非道で
リアリティがない)、
基本的に優しくてきれいな世界。

でも蒼井優周りだけは結構現実的だったように思う。
恋愛や仕事、人生に対する考え方や行動の仕方も、
普段のさりげない立ち振る舞いも、
末っ子!ていう感じだった。
要領の良さ、人間らしい狡猾さ、感受性の高さ、
無邪気でいつまでも残ってる子供っぽさ。
延命治療の説明時に診察の簡易ベッドに座るところは
特にらしさが現れてるな、と思った。

認知症の映画、と思って観たら
物足りないかもしれないし、
今実際介護をしてる家族として観たら
こんなの作り物すぎる、
って不快になるかもしれないけど。
心が洗い流される、とかそんな大げさなものではなく、
家の湯船に浸かってひと息ついたときみたいな
束の間いろんなものから解放される
きれいさがあった。

竹内結子の演技は相変わらず竹内結子だったけど、
現実世界の竹内結子のことを想うと
あの泣きの演技も微笑ましく、悲しく、
あれはあれでスパイスに思えて。

ただ息子役の子だけは残念だった、、
期待の子役、若手、って雰囲気の演技だったけど、
演技がいかにも過ぎて。
ああいう役は逆に素人っぽいというか、
素でちょっとやんちゃしてるジャニーズみたいなのが
良かったんじゃないかと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
にあ

4.5蒼井優さん、素晴らしいです!

2021年1月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

幸せ

一昨年のこの作品。録画して観よう観ようと思いながら2時間超の長さについつい後回しになってましたが、昨日一年前の『ロマンスドール』を観て今更ながら蒼井優さんの演技に感銘を受けたため、今週末は蒼井優デーということで腰を据えて鑑賞しました。
基本的に俗に言う『家族映画』のカテゴリーが好きなんだって改めて確信しました。是枝監督作品も好きですし、小説でいえば『重松清』さんの原作や『森浩美』さんの作品はほとんど読みあさってます。

山崎努さん、松原智恵子さん、竹内結子さん、蒼井優さん、間違えようのない俳優陣で安心して観られ時間を感じさせない素敵な映画でした。
『家族』って何だろう、色々悩んだ時のよりどころなのかな?って思いました。(それだけじゃないと思いますが…)
山崎さんは言うまでもなく、やはり蒼井優さんを軸に語られる物語なんだな、って思いました。素晴らしい女優さんですね。
竹内さんの家族は旦那さんはじめ色々問題ありですが、PC越しに手を挙げる孫と祖父、どんな状況でも空港に迎えに行くと宣言する夫に安堵感を覚えました。
最後のジャガイモも素敵なエピソードでしたね。長寿大国、日本人がこれから誰もが直面するであろうを描いた題材でしたが楽しく、ほっこりして観られてよかったです。
それにしても竹内結子さんは残念で仕方ありません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
marimariパパ

凄い高評価

2020年12月30日
iPhoneアプリから投稿

感動もしなかったし考えさせられもしなかった
認知症やら介護やら、リアルを求めるなって言われたらそれまでなんだけど現実はもっと過酷でみんなでうふふ、あははって笑ってられないと思う

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
わんわんお

3.5しみじみ

2020年12月29日
Androidアプリから投稿

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
れいすけ

3.5前作と比較してしまうと……

JYARIさん
2020年12月21日
iPhoneアプリから投稿

家族すべての出来事がおじいちゃんの認知症に
紐付けられているような描き方だが、
そんなことないだろ。

あと無理な(無駄な)伏線しかない。本当に。
作品を通して、キャラに一貫性がないとすら思える。

あと、こちらとしては全く感情が動いていないシーンでも、感動的なピアノのメロディが流れること。
あんな押し付けってあるんですね。

蒼井優に限っては、
本当に日本映画界ナンバーワンといっても
いいくらいには素晴らしい女優さんですね。

あの涙出そうで出ない演技とか、
「お父さん、笑ってる!」の演技とか、
誰があんな自然にできますかね。

追記
これ、実は祖父の意思が家族に伝わらないまま、「これが好きなはず」「こうしてあげたほうがいい」と無理矢理に押し付けられてる作品なんじゃないかっていう、レビューを見ました。
果たしてそうなのかな。それだとしたらすごく深いのだけど、あの演出的にそんなことないような…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

3.0長いお別れ

2020年12月15日
iPhoneアプリから投稿

竹内結子と蒼井優の超女優力を引き出せた。
美しく楽しく可憐で何処か淫靡だ。
ならば中野量太は山田洋次の系譜に連なるか、事柄の割りに綺麗過ぎる世界の奥底に陰鬱な気配が撮れたなら。
近年のマイワースト、泣かせ過ぎの、湯を沸かすほどの熱い愛、からは挽回。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

4.0さぁ~帰らなくちゃ。

2020年12月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

認知症の父親(山崎)を通して娘2人(蒼井優と竹内結子)そして妻の(松原智恵子)の家族愛。松原の夫に掛ける会話の優しさだったり明るい感じで接しているので凄いなぁ~と思った。娘それぞれ事情を抱えて暮らしているけど家族が助け合っていくところがいい。

意識不明になり人工呼吸器を着けることになってどうするか決めるときに娘は多分お父さんは余計なことするなと言うかな。(蒼井)きっとお父さんは望まないと思う。(竹内)とか言った時に。妻の(松原)が二人とも勝手なこと言わないで!お父さんの考えがあなた達に分かるの。と強い口調で言った言葉に感動。きっと夫婦でしか分からないことが沢山あると思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
しろくろぱんだ

3.5母は偉大

ポールさん
2020年12月14日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ポール

4.0夫婦について

2020年12月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ーお父さんのこと、嫌になることあった?

お母さんにもまだよくわからないわ。もっともっと連れ添ってみないとー

35年も連れ添ってるお母さんからの言葉、沁みました♪

孫のたけしもいい味出してました

とにかく優しい作品でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
こしゆき

4.5メリーゴーランドのシーンがよかった。

2020年12月5日
Androidアプリから投稿

誰にでも起りうる現実でしたね。

自分がその立場になったら、どう生き、どうしていくのか、考えさせられました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちびたまろ

3.5良い映画

2020年10月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
えがたろう

3.0終始重い

2020年9月28日
Androidアプリから投稿

認知症の父親と家族の交流を描いた作品。父親が昔娘たちを迎えに来た遊園地へ訪れたシーンが印象的。母親が「雨の日に迎えにきてもらったことがあるのよ、ほらあれ」と3本の傘を指したときは昔の記憶を辿って来たのだな、とグッときた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お前の頭はただの飾りか

3.5認知症の父親と家族模様

mistyさん
2020年8月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

何より山崎努さんの演技力に脱帽です。メリーゴーラウンドのシーンは良かったです。家族それぞれの生活と認知症の父の関わりが暖かい目線で描かれていて好感が持てます。実際は家族関係が破綻したり、加虐的になったりすることもあるのでしょうが、家族の絆が救っています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
misty

2.5一気にリアリティが失せるところが残念

2020年7月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

辛口でごめんなさい。私には演出過多に感じました。
もっと観客を信じていいのに。
行間でわかるのに、もったいない。

最後に危篤の父さんのために病室で誕生日会をします、がそこのところ。お父さんにパーティ帽子を被せようとベット上で引き摺って。まるでbody(死体)モノを扱うかのような。あれでリアリティが一気に失せた。

あれは心情的に、死に際の父親に絶対できない。

ユーモアでもってリアリティを見せようという意図はわかる。リアル過ぎてコントになるのは現実でもよくあるので、そこを拾えるかどうかが、別れ道だと思うのです。でもあざと過ぎた。やらせ感で、しらけてしまった。そこだけが記憶に残って、他が消えてしまった。

妻役の松原さん、今回はこの方が肝でした。この頼りなさげなお母さんが、天然で、でもこの人の無垢な感じが家族を繋いでいます(本当は芯が強い、映画の最後にそれがわかる一言)。名演。

だからとっても残念に感じた。

監督の「湯を沸かす〜」の時も同様で、
最後にタイトルがダーンと出てきて煙突から赤い煙がもくもく...せっかく宮沢りえさんの迫真の演技が..台無し...
一気にああ、そう、作り話を見ていたんだった、うっかり本気にしてたわー、といきなり現実にもどらされた。全編見て、あそこしか記憶に残らない。他がかき消されてしまう。
これはこの監督のクセ?確信犯ですね。
若さゆえ、かな。自分の色を出さずにはいられない。

そんなことしなくても、充分わかりやすいのに。

すごく美味しくできた料理に、最後にいつもおさえで「味の素」かけちゃう、そういう感じ。
要らないのに!残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
xmasrose3105

4.0家族

2020年5月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

こんな妻やこんな娘達に恵まれたなら、認知症でも幸せだろうな。
お父さんと家族みんなの優しさが滲み出る良作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
上みちる

3.5最後はほろっと…

tunaさん
2020年5月16日
iPhoneアプリから投稿

穏やかで優しい話だった。
蒼井優が素晴らしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

2.5タイトルと俳優陣が良い

さなさん
2020年5月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

私の父も70超えているので、ちょくちょく想像しては苦しくなるけど。
思っていたほど、認知症をガッツリ真正面から、という作品ではなかった。
長女の、自身の家族との関係性や、次女の葛藤が描かれていたり、母(妻)も、介護で疲れておかしくなって…みたいな話ではなかった。
なので、鑑賞後「え…っと…?」と思った。が、泣けはする。

竹内結子と蒼井優の姉妹は最高だし、終盤で北村有起哉さんがポストにぶつかるシーンはたまたま起こったことをそのまま使ったんだろうなぁとほっこりしたりして、まぁ、うん…そんな感じです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
さな

3.0認知症は長い別れ

2020年5月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

70歳で認知症の父(山崎努)、前向きなキャラの母(松原智恵子)、結婚してアメリカで暮らす長女(竹内結子)、独身で料理で身を起こしたい次女(蒼井優)、この家族が父の病状の進行とともに自らの人生を脚下照顧する。
中野量太監督なので期待したのだが、上滑り感が強かった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
「長いお別れ」の作品トップへ