劇場公開日 2018年12月22日

  • 予告編を見る

「天才アーティストの無名時代とNYのアートシーン」バスキア、10代最後のとき バッハ。さんの映画レビュー(感想・評価)

3.08
5%
32%
58%
0%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5天才アーティストの無名時代とNYのアートシーン

村山章さん
2018年12月31日
PCから投稿

笑える

楽しい

知的

バスキアのドキュメンタリー、というよりも、バスキアを輩出した1970年代のNYのアングラアートシーンを、当事者たちが振り返る群像劇のようにも見える。なにかをやらかしたいという無名の若者たちがNYのダウンタウンに集まって、そのエネルギーを嗅ぎ分けたかのように現れたバスキアが、次第に注目される存在になっていく。ほぼ、関係者のコメントで構成されているが、当時のリアルを知る彼らがストリートの躍動感を伝えてくれる貴重な証言集として楽しめた。映画側から言えば、ジャームッシュやヴィンセント・ギャロといった才人たちがすごく狭いエリアに棲息していたという梁山泊のような状況にワクワクせずにいられない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
村山章
「バスキア、10代最後のとき」のレビューを書く 「バスキア、10代最後のとき」のレビュー一覧へ(全8件)
「バスキア、10代最後のとき」の作品トップへ