劇場公開日 2020年3月20日

「残酷な歴史」ナイチンゲール コージィ日本犬さんの映画レビュー(感想・評価)

3.625
18%
57%
20%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0残酷な歴史

2020年3月25日
iPhoneアプリから投稿

冒頭から一貫する、目をそむけ顔を覆いたくなるレベルの激しい暴力表現。
レイプ、殺人を当たり前にする、イギリス人将校に旦那と子どもを殺されたアイルランド人の女性が、復讐のため将校たちの後を追いかける話。
イギリス人将校と、部下の軍曹へは、観客とて殺意を抱くレベルの怒りに支配されそうになる。
オーストラリア制作だけあって、重要かつ忘れてはならない無法なオーストラリアの歴史(イギリスへの憎悪、または移民側の反省)を感じられる作りになっている。
せつないし、この後どうなるのか想像がつくという悲しさもあった。

19世紀のオーストラリア・タスマニア島で起こった、イギリス植民者(占領)とタスマニアン・アボリジニー(黒人原住民族)の戦争…というか、原住民への一方的虐殺と強制移住、そして種族の絶滅へ至る「ブラック・ウォー」の時代が舞台。
この時代、タスマニア以前にイギリスが植民地化していた、アイルランド(人)の囚人をタスマニアに流刑にして、イギリス人が労働力として使役していた、という基礎知識は必要。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
コージィ日本犬
「ナイチンゲール」のレビューを書く 「ナイチンゲール」のレビュー一覧へ(全25件)
「ナイチンゲール」の作品トップへ