ダウンレンジ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ダウンレンジ
4%
35%
44%
13%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「VERSUS」「あずみ」「ゴジラ FINAL WARS」などで知られ、ハリウッドでも「ミッドナイト・ミート・トレイン」「NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ」といった作品を手がけてきた北村龍平監督が、広野に取り残された車の中で、見えない相手に追い詰められていく人間たちの恐怖を描いたシチュエーションスリラー。6人の大学生が相乗りした車が広大な山道を横断中、タイヤがパンクしてしまう。タイヤ交換のため車を降りた男子学生は、パンクがアクシデントではなく、銃撃を受けたせいであることに気づく。しかし、すでにその時、6人は「何か」の標的になっており……。

2018年製作/90分/R15+/日本・アメリカ合作
原題:Downrange
配給:ジェンコ、エレファント・ハウス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • エヴァリー
  • 桜金造の怪談 実録!死ぬほど怖い話
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
  • ハードコア
  • デッド・ハーツ
  • フリーキッシュ 絶望都市
  • ABC・オブ・デス2
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)Genco. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.0これぞ北村龍平という映画

ローチさん
2018年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

久しぶりに北村龍平らしい作品を観たという気分、監督本人も原点回帰の1作品という位置づけなのだろう、大作路線ではなくおもいっきり低予算の1シチュエーションスリラーなのだが、こういう作品の方が力を発揮できる人なのではと思った。

若い連中が一台の車で旅行中、何者かの狙撃される。どこから狙っているのかわからず、一人また一人と理不尽に撃ち殺されていく。最少人数の、1ロケーションで緊張感たっぷりでバイオレンス描写にも遠慮がない。のびのびと監督がやりたいことをやっているなと感じられる。

途中、あっさり殺される通りがかりがなんだか面白い。本当に何しにでてきたんだという笑いを誘う。

北村龍平監督はこれからも定期的に低予算で好き放題やってほしい。その方がファンも嬉しいのではないだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ローチ

3.0非対称型対戦サバイバルホラーゲーム

サラさん
2020年4月30日
iPhoneアプリから投稿

新しい非対称型対戦サバイバルホラーゲームの紹介です。今回のキラーはギリースーツを着たスナイパー、サバイバーは大学生6人。はたして荒野から脱出することはできるのでしょうか?ラストが見どころですね!こんな日もあるのさ!次はもう少しツイてますように!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サラ

3.0終わりなき、絶望。

CBさん
2020年4月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
CB

3.0残酷で不条理な死を冷徹に描きますが、スプラッター的な部分を頑張り過ぎに感じます。

よしさん
2020年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

携帯電波も届かないアメリカの片田舎で、6人が乗るワンボックスが銃撃されます。6人は銃撃に怯えながら生き残る為に戦う・・・と言うストーリー。

強烈なシチュエーションスリラーです。私はまったく鑑賞しないのですが、スプラッターに近い映画なのかもしれません。
死の恐怖に怯え苦しみながら、脱出への試行錯誤と行動を起こし、そして失敗します。
残酷な死が、非常に冷徹に描かれていて息をのみます。
ただ、グロに走り過ぎです。折角のリアルな描写も、グロを頑張り過ぎて台無しになっている感があります。
あと、エンディングも頑張り過ぎに感じます。鑑賞者を驚かせようとの意思が在り々々と感じますが、その意思が明確過ぎてやや興ざめしてしまいました。
私の批判は、スプラッターなら当然の作りかもしれませんので、私のジャンル選択ミスなのかもしれません。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし
すべての映画レビューを見る(全23件)