あまねき旋律(しらべ)

劇場公開日

  • 予告編を見る
あまねき旋律(しらべ)
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

インド山間部の村々で古くから伝承されてきた「歌」をめぐる音楽ドキュメンタリー。インド東北部、ミャンマーとインドの国境近くに位置するナガランド州。村人たちは棚田の準備、苗木植え、穀物の収穫と運搬などの作業をグループごとにおこない、彼らは作業の間はいつも歌を歌う。季節、友愛など、生活のすべてを歌で表現し、1人が声を発するとそれに呼応するかのように他の誰かが歌いだす。女性、男性も問わずに掛け合いながら歌われるその歌は「リ」と呼ばれ、ナガランドの山々へと広がっていく。インド南部出身で、共同監督を務めたアヌシュカ・ミーナークシとイーシュワル・シュリクマールが、棚田の雄大な風景、移り変わっていく季節、人びとの生活や農作業の一部始終を淡々とカメラに捉えていく。2017年の山形国際ドキュメンタリー映画祭・アジア千波万波部門で、奨励賞と日本映画監督協会賞を受賞(映画祭上映時タイトル「あまねき調べ」)。

2017年製作/83分/インド
原題:Up Down & Sideways
配給:ノンデライコ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)the u-ra-mi-li project

映画レビュー

4.0知られざるインド北東部の文化

ローチさん
2018年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

インド文化の多様性をかいま見れる貴重なドキュメンタリー映画。インド北東部ののナガランドは国際的には長く続く独立闘争で知られるが、その文化はほとんど知られていない。2人のインド人監督による本作は、政治的複雑さは背景にしながら、ナガランドの農村の労働歌にスポットをあてる。「リ」と呼ばれる不思議な歌を歌いながら稲作をする伝統があるこの地域で、人は歌いながらコミュニケーションし、働く。田園風景は美しく、歌が山に響き渡る絶景に感動する。
意外にもキリスト教信者が多く、賛美歌も独特のアレンジがなされている。インドでキリスト教が中心のコミュニティがあることを恥ずかしながら知らなかった。

この地域の人々は人種的にはモンゴロイドで日本人に近い外見をしている。時折旅行ブログなどで、ナガランドを訪れた人のブログを読むと、同胞だと思われることもあるとか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ローチ

4.0ナーガの記憶

fuhgetsuさん
2018年12月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

名古屋初日となる、映画『あまねき旋律(しらべ)』を、シネマテークで観てきました。
久しぶりに映画を見に来れたのも、ずっと仕事が忙しくこんなんやってられるかってなったタイミングで、この映画こそ今見るべきベストな流れで気づいたら目の前にスクリーンがあった感じです。
民俗学や民族音楽的にも貴重な映像だったと思いますが、そういった視点は専門家の方々に任せておき、とにかく映画の間ずっと流れてくる「あまねき旋律」があまりにも心地よく、魂レベルで聴き入ってしまいました。
山の谷間に広がる美しい棚田に響き渡るその歌というか音楽は、遠き記憶の歌垣であり、輪踊りであり、郡上白鳥の拝殿踊りや石徹白民謡や、郡上一帯の農作業の田植唄などに通じるものがある。
長閑でありながら緊張感のある、輪唱のユニゾンやリズム。
かつて、稲作がやってきた道にもあったであろう風景が。
アジア一帯も、アフリカも、大陸がずっとつながってた頃からある、もしかしたら言葉より古いのがこうした歌だったと思う。
映画を見て行きたくなった国や土地はよくあるけど、そこで歌われている唄の中に自分も入ってみたくなったのは、後にも先にもこの映画だけ。
だけど、歌や音楽だけがこの映画のよさじゃない。
草が生い茂る大地と一体化し、土を起こし、水を引き込み、田植えして、収穫する、その一連のプロセスの中に歌があり、そっちの方にもググッと引き込まれました。
わたしも田んぼの手植えを20年近くやって、田んぼを通じた季節ごとの風景を目にしてきて刻まれた何かと響き合うような、そんな琴線に触れる映像だったのです。
土と水、大地と共に生きる力強さ。
それが歌のエネルギーにもなっている。
アイヌのウポポとかもそうだと思うけど。
だから田植唄や農作業に限らずもっともっと古い時代から、海を渡っていた時代にも船の上で歌ってた記憶がよみがえってきた。
この地域の民俗学というより、日本に世界の古いものが保存されたように、海から来た人がたどり着いたかもしれないこの陸の孤島にも、何千年何万年単位の記憶が温存されてるのかもしれない。
インドでもない中国でもないこのナガ族とは、ナーガの龍蛇族という、太古の記憶を秘めてると思うから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fuhgetsu

3.0映画じゃない

Miyanさん
2018年10月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

ゆったりと見られるドキュメンタリー。その地に降り立ったような気がした。
「幸せとは何か?」
ブータンやミャンマーと同じく、この地域について住んでいる人々の表情と話し振りで、日本で暮らしている私も考えさせられる映像です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Miyan
すべての映画レビューを見る(全3件)