ちょっとの雨ならがまん

劇場公開日

  • 予告編を見る
ちょっとの雨ならがまん
34%
33%
33%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

現在も世界に影響を与え続ける1980年代ジャパニーズハードコア・パンクシーンの黎明期を記録したドキュメンタリー。70年代後半の東京ロッカーズ以降、より過激な表現を求める若者たちによって登場したジャパニーズハードコア・パンク。その中でハードコア四天王と呼ばれたG.I.S.M.、GAUZE、THE COMES、THE EXECUTEをはじめ、INU、FUNAを経て人民オリンピックショウとして活動していた町田町蔵(現・町田康)、「狂い咲きサンダーロード」「爆裂都市 BURST CITY」でインディーズ映画界の寵児となった石井聰亙(現・石井岳龍)ら、新世代アーティストたちの表現に迫る。監督は当時21歳の映像作家・安田潤司。84年の初公開後、劇場やライブハウスを中心に上映され延べ5万人の観客を動員したが、94年を最後に一切の上映をやめ、ソフト化もされなかったことから伝説の作品となっていた。未公開シーンを追加し、2018年8月18日より新宿K’s cinemaほかにてリバイバル上映。

1983年製作/日本
配給:P.P.P.project、silver gelatin

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2018 P.P.P.project

映画レビュー

5.0初期衝動の向こう側

kaiaoさん
2019年1月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

PUNKに影響を受けて自分を変えようと思ったが「ばかやろう、ぶっ壊せと叫んで壊せるものなどもうどこにもない」と分かってしまったPUNKSたち。初期衝動の向こう側を追い求めている映画だと思う。ハードコアのPUNKSがとても怖いのにどこか美しく感じてしまう。8mmフィルムの粒子やノイズ、どこか突き放したモノローグが作品を際立たせている。35年前なのにまったく古く感じなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kaiao

まちぞうそうご

ooioo777さん
2018年9月23日
PCから投稿

まちぞうと石井そうごが別格
町田氏はパンクの人ではない
8mmなのに8mmとおもえない
いまビデオで撮ると簡単やけど音とか苦労してとったんやろなとおもわせる。
熱量の勝利。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ooioo777

4.5超貴重な映像の嵐

2018年9月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

80年代初頭のジャパニーズハードコアパンクのドキュメンタリー。多数の当時のインタビューやライブ映像は本当に素晴らしいし最初から最後まで目が離せない。超貴重なカルチャーの超貴重なドキュメンタリー。再上映してくれたことに感謝。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バンデラス

5.0"ファッションパンクス"は早く死ね!!

2018年8月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

PUNKじゃあぁぁ無い!ハードコア・パンク好きは今、劇場に足を運ばなければハードコア・パンクを語るコトは許されない!?

とにかく観たことの無い映像ばかりで、時代の雰囲気がスクリーンから突き破りそうな程の衝撃で、胸の高鳴りが止まらない鑑賞中。

ポンとチャーミーを従えて"Get the Glory"を唄うSAKEVI氏に、GAUZEのシンや初期メンバーのインタビューなど出てくるバンド全てが格好良くて、デカいスクリーンで観れる喜びと最高に至福の時を過ごせた。

本作を撮った監督とスクリーンに映る先人たちに、ジャパニーズハードコア・パンクはこれから先も廃れない、日本人に生まれて良かった!好きで良かったと!!!

2018/12/13 ユジク阿佐ヶ谷にて。
二度目の鑑賞。

やはり印象的なシーンは、東アジア反日武装パンク団のメンツに暴れてる客の異様な雰囲気と、GAUZEのライブでVo.フグが客を掴んで怒っている場面は最高。

エンディングで色々なライブ映像が流れるが、全部観たいし再編集して二時間位で勿体ぶらないでくれヨぉう。

2019/1/12 シネマ・ジャック&ベティにて。
三度目の鑑賞。

何度、観ても新たな再発見と格好良さが倍増して飽きることはない。

ライブシーンが最高なのは当たり前で、ハードコア・パンク勢と他の連中とのインタビューの温度差など、粋な喋りが堪らない。

もう、観れねぇカナ!?

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 1 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る