ユーロクライム! 70年代イタリア犯罪アクション映画の世界

劇場公開日

ユーロクライム! 70年代イタリア犯罪アクション映画の世界
0%
33%
67%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

現在もカルト的人気を誇る1970年代イタリア製クライムアクションを題材にしたドキュメンタリー。「夜の刑事」「シシリアンマフィア」「殺人捜査」といった名作の数々にスポットを当て、フランコ・ネロ、ジョン・サクソン、ヘンリー・シルバ、フレッド・ウィリアムソンら、タフな刑事や暗黒街のマフィアを演じたスターやスタッフたちが次々と登場。このジャンルにおけるエロスとバイオレンス、「ゴッドファーザー」「ダーティハリー」などのアメリカ映画との関係、マカロニウエスタンとの関係、実際のマフィアとの関係など、ブームの裏側を隅々まで語り尽くす。新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2018/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018」(18年7月14日~8月24日)上映作品。

2012年製作/127分/R15+/アメリカ・イタリア・フランス合作
原題:Eurocrime! The Italian Cop and Gangster Films That Ruled the '70s
配給:スティングレイ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2012 Subgenre Entertainment, LLC. All Rights Reserved Under license from Cinema Epoch

映画レビュー

4.0マッチョの時代

2020年8月19日
Androidアプリから投稿

1970年代 イタリアで量産されたクライムアクションの成り立ちと 再評価の理由を解き明かそうとするドキュメンタリー(2012)

それを支える為に 活躍したアメリカ人俳優達のコメントが面白い
(それを受ける伊側代表の一人、アントニオ・サバトのコメントも… )

このジャンルは未見だが (老いても)強烈な存在感のヘンリー・シルヴァが印象的だった

アメリカ映画をパクリ、量産する過程で独自に昇華させるのだが、イタリア映画人も 低予算、
時代(赤い旅団の登場など)、マフィアなど様々な問題と格闘していたのが判る
(そして燃え尽きるまでやる… 笑 )

当時のポスターを活用して 元の作品とパクリと量産の作品を紹介しているのも面白かった

マッチョの時代
(女性の扱いはひどいよね)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jarinkochie
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ユーロクライム! 70年代イタリア犯罪アクション映画の世界」以外にこんな作品をCheck-inしています。