「死んでもいい」ビューティフル・ボーイ ハクタカさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ビューティフル・ボーイ

劇場公開日 2019年4月12日
全59件中、32件目を表示
  •  
映画レビューを書く

死んでもいい

私は、映画の中で、誰かの命を落とすことによって悲しみを膨らませるという手法が、卑怯で嫌いだと思っています。
初めてでした。
そんな私でさえ、あの青年は死んでしまっても仕方がないと思ってしまったのです。
逆にあそこで生きながらえることの方が、美談で興醒めすると。
ラスト数分は、音楽が効果的で役者のセリフにマッチして、覚悟と悲しみがどんどん大きくなっていきました。

それほどドラッグは怖い。
日本では、ドラッグ依存といっても、あまりピンとこないかもしれません。
では、あの青年を、引きこもりやニート、非行、アルコールやギャンブル依存、更には犯罪を繰り返す者というふうに置き換えてみたら?
そんな大ごとな話に膨らませなくてもいい。
今、子育てがうまくいかないと苦しんでいる父母たちにとってみたら。
家族が抱える苦しみが、決して遠いところの話ではないと理解できました。

父親側の苦悶と青年側の葛藤をどちらもしっかり描写していたと思います。
「このままじゃいけない」と両者が強く思っていました。
そのどちらもうまくいかない。
大きな起伏が何度もあり、うまくいかず、本当に苦しく悲しい物語でした。

主役の青年の演技に魅了されました。
お見事です。

ハクタカ
さん / 2019年4月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報