ラヤルの三千夜
ホーム > 作品情報 > 映画「ラヤルの三千夜」
メニュー

ラヤルの三千夜

劇場公開日

解説

イスラエルの刑務所で出産した女性の実話をもとに、長年にわたり苦難の状況が続くパレスチナの現実を描いた社会派ドラマ。1980年、パレスチナ人の女性教師ラヤルは、爆弾テロを起こした少年をかくまったという虚偽の告発で、イスラエルの刑務所に収監され、懲役8年(約3000日)を宣告される。パレスチナの政治犯とイスラエルの犯罪者がいがみあう監獄の中で、身ごもっていたラヤルはやがて男の子を出産。そして生まれた息子ヌーが2歳になったある日、レバノンの首都ベイルートの難民キャンプでパレスチナ人の虐殺事件が発生。怒り心頭の女囚たちは、ハンガーストライキを決行するが……。日本では「イスラーム映画祭3」(2018年3月17~23日/ユーロスペース)で上映され、同年6月に劇場公開。

作品データ

原題 3000 Nights
製作年 2015年
製作国 パレスチナ・フランス・ヨルダン・レバノン・カタール・アラブ首長国連邦合作
上映時間 103分

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全1件)
  • 塀の中 サブラ・シャティーラ事件以前の1980年、パレスチナ人の女教師がテロをおこした少年をかくまった冤罪で8年間イスラ工ルの刑務所に収監される話。 刑務所内でパレスチナ難民とイスラ工ル人がいがみ合う中... ...続きを読む

    Bacchus Bacchusさん  2018年6月17日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ラヤルの三千夜」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi