また、あなたとブッククラブで

劇場公開日:

また、あなたとブッククラブで

解説

ダイアン・キートン、ジェーン・フォンダ、キャンディス・バーゲン、メアリー・スティーンバージェンら豪華女優が共演し、1冊の本をきっかけに色づき始めた4人の女性の恋と悩みと友情を描いた人間ドラマ。夫を亡くした喪失感から抜け出せないダイアン、複数の男性との関係を楽しんでいる経営者ビビアン、離婚のトラウマに苦しむ管理職のシャロン、熟年夫婦の危機に直面する主婦キャロル。長年の友人である4人は、同じ本を読んだ後に集まって感想を語り合う「ブッククラブ」を恒例の楽しみにしていた。ある日、ダイアンの提案で、イギリスの人気官能小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」を読むことになった彼女たちは、そのスキャンダラスな文面に感化され、気持ちも行動も大胆になっていく。共演に「オーシャンズ」シリーズのアンディ・ガルシア、「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」のドン・ジョンソン。

2018年製作/104分/G/アメリカ
原題:Book Club
配給:キノフィルムズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2018 BOOKCLUB FOR CATS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

3.0笑いはそこそこでも格別の味わいが

2020年12月23日
PCから投稿

笑える

楽しい

20世紀のハリウッドを果敢に生き、そして、生き残った俳優たちが一同に会する。展開は、正直言って予想の範囲内。官能小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」に影響されて、節々に問題を抱える女性たちの生活が潤い始める様子そのものより、演じる俳優たちの個性比べを堪能しよう。一番現役感があるダイアン・キートンのややトーンを落とした気配り、コメディリリーフとして余裕綽々のキャンディス・バーゲン、持ち前のスローで若干傍迷惑なキャラをここでも踏襲しようとするメアリー・スティーンバージェン、そして、まるでバービー人形アダルト版みたいなルックで弾けまくるジェーン・フォンダ。特に、反戦の闘士からオスカー女優へ、さらにCNN創始者夫人へと時代毎に変身を遂げてきたフォンダの、今現在の有り様には、驚きと共に不思議な郷愁を感じる。そう、これは4人がそれぞれに歩んで来た時間の重みを体感しながら、彼女たちのサバイバルを賞賛すべき1作。笑いはそこそこでも、格別の味わいがあるのだ。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
清藤秀人

3.0SATC

2022年8月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

女性4人でテーマがセックス
SATCですね

ジェーンホンダ、キャンディスバーゲン、ダイアンキートン
私が子どもの頃、彼女たちの映画を観てました

音楽もロキシーミュージック、ミートローフ、クラウディットハウス等
懐かしい80’s、90’sの音楽でその世代の人たちを楽しませてくれています

彼女たちの輝いている姿を見るだけで価値のある映画ですが、もう少しスパイスがあったらより良かったです

コメントする (0件)
共感した! 1件)
フェルメール

4.0いくつになっても

2022年1月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

いくつになっても恋をして、
愛し合い、SEXだって。
人生楽しんだ者勝ち。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
上みちる

4.5友達に会いたい

2022年1月15日
iPhoneアプリから投稿

女性三人がどうしたこうしたっていうのは、よくあるけれど。
四人となると、まあ上へ下への賑やかさ。
40年以上読書を介しての、まあ女子会って感じ。
未亡人・経営者・判事・主婦。職業は違えど、集まればそんなの関係ない。

英国官能小説(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)を読んで「目覚めた」四人。
そのそれぞれの反応・行動が、またそれぞれで面白い。
出会った男性が、パイロットで独身でアンディ・ガルシアなんて。
ダイアンずるいw(個人的やきもちです)。

随所に男性に対する愚痴やフレーズがあって。
・歳をとった男は、別な生き物
・男のせいで苦労する。
妙にツボりました。そうそうって。

楽しかったなあ。ちょっと胸キュンなシーンもあったし。
私にも長い付き合いの友達がいて、でもこのご時勢もあって2年以上あってない。
ああ、会いたいなあ。電話じゃない声が聞きたい、話しをしたい。
そんな思いが募りました。

⭐️今日のマーカーワード⭐️
「私の人生は終わってない」

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ゆき@おうちの中の人
すべての映画レビューを見る(全40件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「また、あなたとブッククラブで」以外にこんな作品をCheck-inしています。