劇場公開日 2019年2月1日

  • 予告編を見る

七つの会議のレビュー・感想・評価

3.8469
25%
54%
18%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全469件中、1~20件目を表示

4.0現代の滑稽劇

2019年2月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

野村萬斎はすごい。彼の芝居が1800円で観られるのは安すぎる。しかも片岡愛之助や香川照之の芝居まで堪能できる。役者の芝居を堪能するだけでお買い得感が半端ない。
数字の偽装というタイムリーな題材で、多くの人間が右往左往する姿は滑稽だ。狂言や歌舞伎や落語がずっと描いてきたような人間の滑稽さが溢れている。これは現代劇だが、どうして伝統芸能出身の役者をたくさん起用しているのかというと、そういうことなんだろう。人間のやることはいつの時代もあさましく、悲しく、滑稽なのだ。
たかがネジ1本の強度データの話だが、ネジ1本に人の命がかかっている。しかし保身はそのことを人に忘れさせてしまう。自分だったらどうしただろうと始終考えながら観ていたが、もし人生に失うものが多ければ、自分には八角のように行動できないかもしれないと思った。八角にはすでに多くを失っている人間だからこそ、ああいう行動ができるのかもしれない。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 28 件)
杉本穂高

5.0日本の現実をよく描いている

2021年5月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

最後の八角の独白は、まさに的を得ている発言だ。最近でも車載メーカーなどから同様の擬装ニュースが無くなることはないのが、その裏付けである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あっちゃんのパパと

3.5俳優達の迫力が凄い。 過剰すぎる謎の演技が逆にクセになる。 けど映...

切葉さん
2021年5月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

俳優達の迫力が凄い。
過剰すぎる謎の演技が逆にクセになる。
けど映画なんだから自然な演技ではなくこれくらいやってもいいのかもしれない。
野村がなぁ…
どうしても佇まいから能感が抜けていない。
立ち方歩き方話し方。
唯一のキャストミスは野村だった。
むしろここが役所広司でよかったような。
観入ってしまう面白さだった。
隠蔽内容はすごくチープだったけど。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
切葉

2.5野村萬斎・・

亮一君さん
2021年4月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

笑える

池井戸潤作品の映画化。野村萬斎が時々叫ぶのが見どころか!?企業のデータ捏造とリコール隠しがテーマ。地上波で見たので損はしてないが、思ったほど面白いとは感じなかった。役者の演技とセットが大袈裟。エンターテイメントとしては成功かな・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
亮一君

4.5悪事を成敗する痛快な話

2021年4月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

利益重視からリコールを隠し、社内告発をないものにする隠蔽体質をリアルに映画化した。テンポ良く話が進み、解決に導いていく主人公が素晴らしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
優翔太郎

3.0たくさんの心理戦 細かな表情演技が素晴らしく詰まった映画

2021年4月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

たくさんの心理戦
細かな表情演技が素晴らしく詰まった映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふるふる

4.0実際にありそう

ケイトさん
2021年4月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

悲しい

怖い

興奮

会社の不正ってこういう風に隠されたり、暴露されたりってありそうな話で、面白かった。皆さんの演技も迫力満点。ドーナツの犯人は、笑えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイト

4.0久しぶりにテレビで

TRINITYさん
2021年4月9日
Androidアプリから投稿

半沢直樹の池井戸潤原作ですが、昔テレビドラマにもなりましたよね。

及川さんの役を東山紀之がやっていた記憶がありますが、野村萬斎の役を誰がやっていたか、記憶にないほど、、

テレビ版は主人公が課長さんで、扱いが違ったのかもしれません。

映画版のストーリーテラーも及川さんで、出ているシーンも及川さんの役の方が多いと思うのですが、やはり圧巻の野村萬斎の主人公感です。

そしてラスボスは半沢直樹の頭取様。

もちろん香川照之も出ていて、半沢直樹を彷彿とさせてワクワクしちゃいますね。

テレビドラマの方が長時間で色々な事できると思うのだけど、同じ話なのに、映画版の素晴らしい事。

さすがの野村萬斎様。

大好きです。

2021自宅鑑賞11

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
TRINITY

4.0THE池井戸

ぁぃかさん
2021年4月7日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぁぃか

4.0安定の池井戸節だし、お馴染みのメンバーなので安心して鑑賞しました。...

2021年4月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

安定の池井戸節だし、お馴染みのメンバーなので安心して鑑賞しました。面白かったー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お手紙食べるほうのヤギ

4.0サラリーマンの正義

さん
2021年4月4日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

東京建電では、香川照之扮する北川部長から売上上昇に向けてハッパがかかっていた。及川光博扮する原島二課長はびびっていた。野村萬斎扮する一課八角民夫は、いつもぐうたらを装っていたので片岡愛之助扮する坂戸課長が激を飛ばしていた。八角は、パワハラで坂戸課長を訴えたため坂戸は飛ばされ原島が一課長になった。

北川部長と同期でかつては優秀だった八角が何故にぐうたらになったのか? しかも経理に喧嘩を売ってでも10万円も経費を平気で使うとは? 不穏な動きで営業と経理が役員会で争って権益を奪い合う。劇場で観て以来2回目だが、会社の不正を暴こうとするといくら正義があっても異動させられたり不都合がある場合が多い。また不正を暴いたからと言って、その責任の取り方は如何にすべきなのか。会社のトップとしてはどう判断するのか。サラリーマンとは難しいものだ。なかなか面白かったよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
重

3.5サラリーマン劇場

everglazeさん
2021年4月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

単純

原作未読。
池井戸作品に触れるのも多分初めて。。

売上至上主義?がもたらす不幸。
お上には決して逆らってはならない、厳しい縦社会。

七つも会議ありましたか??
営業会議、役員会議、御前会議。
パワハラ委員会、職場環境改善の会議?
7回あったのかな。

主人公八角が苦にしている過去の出来事が…、話の流れ的に製品に由来する事柄なのかと勝手に想像していましたので、若干肩透かしでした。

特に狂言や歌舞伎界の方々は、一体どこから声が出ているんだろうという感じでした。皆さん、表情筋が物凄いですよね。顔が近い!この舞台風のdramaticな雰囲気が、良くも悪くも現実味を減らしているような気もしましたが、観ている分には面白いです。今はコロナで仕事以外もマスクをしていますから、役者さんを見習って?少しは表情を意識してみようかしらと。

病院によっては、医師もノルマが課せられることがあります。毎月経営陣に呼び出されて「売上」をネチネチ言われます。外科系はオペ件数とベッド稼働率。そういう上からのプレッシャーを真に受ける上司だと、手術の適応範囲を広げてしまうことがありました。(特にこの人は本作の登場人物のように、たとえ自身の決断であっても、部下にあらゆる責任を転嫁する人でもありました。)ただ経営に貢献しないと高額な最新機器なども購入してもらえないので難しい所です。給料が出来高制の所もありますが、働いたことないし働きたくないです。
最近の患者さんはよく件数を聞いてきますね。質は測れないから、件数でしか判断できない。まぁ最後は人か場所で決めたら良いと思います。テレビに出ている医師なら安心する人もいるし、この病院なら家族も来やすくて良いと聞くこともあります。だからこそ、なぜか若い頃の自分に任せてくれた多くの患者さん達には感謝しかありません。医師としてというより、人として育てて頂きました。もちろん、若くない時に任せてくれた患者さんにも感謝しています(^^)。

…とまぁ、こんな奴いたなぁと、つい過去の職場や仕事を振り返ってしまう映画でした。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
everglaze

2.5日曜劇場

2021年3月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

15分くらい、最初の方を見てないけど、どうにかついていけた。なんか半沢直樹のテーマが流れてきそうだった。メンツもかなりダブってたし。

萬斎様は好き。前髪長いお姿はレアだし。だけど、ダラダラした萬斎様より、飛んだり走ったりした方がいいなー。ハイスペックの萬斎様が長椅子に寝てドーナツ食べてるなんて、もったいのおござる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ぷにゃぷにゃ

4.5面白い

2021年3月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

日本アカデミーノミネートすらされて無かったけど私は面白いと思った‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
水崎幸太朗

3.0現場を舐めすぎる

マサトさん
2021年3月30日
iPhoneアプリから投稿

中堅会社の二代目、社長に起こる事件 箱もの内で行われる為 物語の季節感が無く20年間の年月が感じ取れていない。
 脚本は素晴らしい所もあるが現場の小道具など誰が見てもおかしな部分が見受けられる。

八角さんがネジ六に持っていったチタン合金のスタッドボルト 本編のキーワードなのにどう見てもユニクロームで錆を後付けしている
 この作品でネジが数多く出てきますがチタン合金製は一切出てきませんでした。
個人的には藤森慎吾の演技が好印象です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサト

3.0日本の〇〇体質がヤバ過ぎる

2021年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

《お知らせ》
「星のナターシャ」です。
うっかり、自分のアカウントにログインできない状態にしていまいました。(バカ)
以前の投稿の削除や取り消しもできないので、

これからは「星のナターシャnova」として

以前の投稿をポチポチ転記しますのでよろしくお願いいたします。
==============
原作は未読ですが、野村萬斎さんの映画は久々なので
楽しみにしておりました。
滅多に映像に出ない人が映像に出てる時は
その、溶け込みめてない異物感が存在感になって来ますね〜

流石に目立ってました。

池井戸潤氏の作品、昨年の「空飛ぶタイヤ」はあらすじ紹介
みたいな感じで終わってましたが
こちらは結構どっしり感のある作りで最後まで締まってました。

萬斎ファン、池井戸ファンだけでなく
大企業で働くってどうなんだろう?と
進路に悩む就活生にも観て欲しい映画になってると思います。

で、月に8回程映画館に通う中途半端な映画好きとしては

予告編にも出てくる香川照之さんの「売って売って売りまくれ」
のパワハラでしかない重い空気を見ただけで
これは嫌だな〜〜と思った人も多いでしょうが
そこを流石のミッチーパワーで
なんとか観られる様にしてくれてるのが及川光博さん!
本当にこの映画の救いです。
及川光博さんと浜本優衣さんの掛け合いのシーンが
一服の清涼剤になっています。

そして、私やっぱり、
野村萬斎さんと言う役者さんの存在が好きなんでしょうね。
初めのうちは「美味しんぼ」の山岡かい!!みたいな
いい加減な感じがちょっとキツかったのですが
だんだんとああ、萬斎さんだわ〜〜みたいになって来て
ラストシーンは〜〜〜流石!!

に、しても、つくづく、日本の隠蔽体質、
それこそ戦争中の大本営発表みたいなことは
大企業も全く同じ!少しも改善されてない!

今の現実社会で起きてること
企業はいろんなことを隠蔽してたし
政治家も面倒なことは隠蔽して行く、
官僚もそれに忖度して隠蔽して行く〜

最近、この国が本気でヤバ過ぎて怖くなって来ました。

@もう一度観るなら?
「配信とかでじっくり観たいっす。」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
星のナターシャnova

5.0池井戸原作×福澤演出の集大成?

2021年3月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
星水松 愛菜

3.0期待したほどやなかった

川柳児さん
2021年3月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ま、レビュー観たら賛否両論なのは理解できる。ほぼ、半沢と同じやからね。 いや、半沢の方が面白いかな、2時間に縮小されてない分だけ。

可もなく不可もなくって感じの映画。

観てる間、このメガネの女の人、誰やったかなぁ~、とずーと思い出せず。

後で検索したら...下町ロケットの・・・

やっぱそれかい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
川柳児

4.0日本の組織の闇に立ち向かえるか

2021年3月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

とても面白かったです。
原作未読です。半沢直樹好きなので観ました。
(半沢直樹の)オネエじゃない黒崎や、気の弱い渡真利を見ているようで、不思議な感じがしました。大和田のキャラはほぼそのまま笑。
ほぼ半沢キャストだったので、嬉しいような、違和感があるような変な感じがしましたが、それは初めだけ。すぐに物語の中に惹き込まれました。それぐらい面白かったです。

パワハラや左遷騒動の裏に隠れた組織の闇。登場人物それぞれの立場や思惑。それらの全貌が少しずつ見えてくるので最初から最後まで目が離せません。
一人の社員のノルマ達成の為の不正と思いきや、そうでは無かった。掘れば掘るほど不正の闇が深まり、会社ぐるみ、組織ぐるみの隠蔽が明らかになっていきます。

’会社のために’、’組織のために’、、、日本の侍魂は美しいと言われますが、それも行き過ぎると人の心を蝕んでいく。心を病む者もいれば、見苦しい保身に走る者もいる。上に立つ者は汚い奴ばかり、と一言で片付ける事も出来ず、そこには組織という和にがんじがらめにされた会社員の悲哀も感じられ、切なくなってきます。
社内での醜い足の引っ張り合いも滑稽でしたが、身近な所でも似たような事が起こっていそうで笑えません。
そんな中、自分が正しいと思う事に向かって突き進む主人公八角、とても魅力的でした。謎が多く、最初は作品の中で浮いているように見えたのですが、徐々に彼の過去が明らかになってくるにつれて惹き込まれていきます。
組織の闇に対しブレる事なく立ち向かっていく八角、格好良かったです。組織のお荷物にしか見えなかった彼が、実は心に傷を抱えており、二度と同じ間違えは起こさないと信念に従って真っ直ぐ進んでいく姿に感動しました。

八角のように捨て身の覚悟で不正に立ち向かっていける人間は現実にはあまりいないでしょう。
悪い事は悪いと言えれば、きっと不正は無くなるのかもしれません。しかし、八角がラストで断言していたように不正は無くなりません。人と人との繋がりを変に重んじる日本人の特性なのでしょうか?組織やチームの和を大事にし、そこから出されれば負けだと思ってしまう。そう思ってしまうのはなぜなのでしょう。

悪い事は悪いとはっき言える人間になりたい。それができればどんなに気持ちいいだろう。でも世の中渡っていくためにはそうも言ってられないのが現実です。

正しい事をした人が報われ、悪い事をした人が罰せられる。当たり前の事なのに、現実はそうで無い事もあります。当たり前の事が当たり前に起こる世の中に少しでも近づけていけたら、、、色々と考えさせられます。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 10 件)
セロファン

1.0時代劇

2021年3月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

池井戸作品はどれも同じような配役。同じような起承転結。きっと水戸黄門のような勧善懲悪の時代劇好きな人をターゲットにしているんだろう。太鳳太鳳が出てるので最後まで見たが。。それにしても池井戸潤の反日っぷりはすごい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
オっくん
「七つの会議」の作品トップへ