劇場公開日 2019年2月1日

  • 予告編を見る

七つの会議のレビュー・感想・評価

3.8445
25%
55%
17%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全445件中、1~20件目を表示

4.0現代の滑稽劇

2019年2月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

野村萬斎はすごい。彼の芝居が1800円で観られるのは安すぎる。しかも片岡愛之助や香川照之の芝居まで堪能できる。役者の芝居を堪能するだけでお買い得感が半端ない。
数字の偽装というタイムリーな題材で、多くの人間が右往左往する姿は滑稽だ。狂言や歌舞伎や落語がずっと描いてきたような人間の滑稽さが溢れている。これは現代劇だが、どうして伝統芸能出身の役者をたくさん起用しているのかというと、そういうことなんだろう。人間のやることはいつの時代もあさましく、悲しく、滑稽なのだ。
たかがネジ1本の強度データの話だが、ネジ1本に人の命がかかっている。しかし保身はそのことを人に忘れさせてしまう。自分だったらどうしただろうと始終考えながら観ていたが、もし人生に失うものが多ければ、自分には八角のように行動できないかもしれないと思った。八角にはすでに多くを失っている人間だからこそ、ああいう行動ができるのかもしれない。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 23 件)
杉本穂高

3.0半沢直樹の下位互換という印象

takeさん
2020年12月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

野村萬斎さんに罪はないが、キャストや題材からどうしてと半沢直樹と比べてしまう。
特にキャストはなぜもっとガラッと変えなかったのかと思う。及川さんの半沢直樹スピンオフ作品だと言っても通るんじゃないかと感じた。
ラストの大和田ぶ…いや、香川さんの力のこもったお芝居はグッときた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
take

2.5割と面白かった。

2020年12月2日
PCから投稿

2時間は少し長くは感じるもラスト付近も少し感嘆し楽しめました。
が、ドラマ半沢直樹のキャストばかりなのは原作が同じ池井戸潤だからなのか同じ人ばかり起用。何故なのか少し気になる。メガネのドーナッツの女性がかわいい。
少し気になるのが主演の野村萬斎やミッチーなどの全体的なキャストの演技がわざとらしい(監督の指示なのかもしれないが)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヴぇヴぇヴぇ

3.0話はおもしろかったけど、

けいさん
2020年11月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

冒頭の緊張の会議のあとの、主人公、「八角」の寝起きやオフィスでの芝居からなんかわざとらしくてヘタなかんじに見えた。
それ以降、他の俳優がいいだけに、その主人公の表現や芝居に初めから拍子抜けした。

主人公ものらりくらりした、風変わりなキャラなんだろうけど、なんかなー、「ヘタな」、棒読みのような、話し方、笑い方が安っぽい芝居の印象だった。

ブサイクなアニメの主人公の実写版みたいなキャラの雰囲気や演じ方に、見てて抵抗というか違和感もあった。
周りの俳優がいいだけに(笑)

ま、その主人公もあえて意図してそういう演じ方だったんだろう。
歌舞伎か狂言かわかんないけど、顔もノペーってしてるかんじで、まだオリラジの人の方がカッコよく自然でうまく見えた。

ストーリーは興味深くおもしろくはあったけど、俺にはその主人公のクセのある顔や芝居が気になってしょーがなかった(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
けい

3.5ハラスメントと闇

2020年10月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

知的

面白かった!池井戸ドラマファンは必見✨✨
キャストが半沢や下町ロケット🚀など、
池井戸ドラマ出演者ばかり。

ハラスメントから始まった、不自然な人事異動には、裏に隠された秘密があった。

やっぱり、日本の企業なんて、誠実ではないところばかりなのかね。。
パワハラが生んだ悲劇は、沢山あると思う。
役員の思うまま、ハラスメントを処理するのではなく、ちゃんと見直さなきゃならない。

誰かが勇気を持って告白しないと、変わらないのかもしれない。

企業の闇を見た気がした。
空飛ぶタイヤと重なる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ちびmovie

5.0半沢直樹の後で

たくさん
2020年10月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

あの雰囲気をもう一度味わうために見た。
野村萬斎は、のぼうの城の怪演が印象に残ってるけと、
半沢出演者の濃い演技まったく引けを取らない存在感。

一見ぐーたらだけど本当は凄い役柄を、できるなら
美味しんぼの山岡士郎もやったらどうだっただろう?
と思ったりもした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
たく

4.0社内政治というか出世て大変ね

たねさん
2020年10月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

興奮

ここまで縦割りというか、政治のような会社にいたことがないんやけど、おもしろかった。
半沢直樹みたいなもはやコント?感も薄くて、違和感は少なかったかなぁと。なーんでみんな悪いことしちゃうかなー同調圧力てあるよねーとかふわふわ思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たね

4.5いい映画見た

2020年10月10日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ハンバーグ

3.0分かりやすく面白かった。

2020年10月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ドラマ版「半沢直樹」が好きで、
池井戸潤原作のドラマ、映画は全部観てると思うのだけど、
半沢2はやりすぎ演技に目が行って、
結局何の話だっけ?と思ってた自分には
こちらの作品の方が乗れた。

主人公の謎なキャラクター。
どうもヒーローぽくはない。
香川照之も完全な悪者ではなさそうだ。
と前半のふりが効いててどんどん世界に入って行けた。
会社のトップが俯瞰で見て会社の隠蔽を正して行くではなく
会社のどちらかと言うと立場の弱い人や、
追い詰められた人たちが会社が隠してる謎を解いて行き、
八角に辿り着き、
さらにデカい問題に発展して行くという構図が面白かった。

野村萬斎さんの台詞回しが少し苦手意識があって、
なんかリアリティ無さ過ぎないか?と思ってたけど、
八角のキャラは怪しさがマッチしててとても良かったと思う。

池井戸潤作品オールキャストって感じの豪華さも
見てて楽しかった。ラストにあの人まで!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
奥嶋ひろまさ

3.5不正はダメ🙅‍♂️

takayukiさん
2020年10月1日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
takayuki

4.0隠蔽の内容はさておき、

2020年9月23日
iPhoneアプリから投稿

香川さんが少しいい人役でホッとしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
もひょもひょ

5.0久々に見ごたえるのある映画

2020年9月19日
Androidアプリから投稿

リコール隠し。池井戸潤作品にありがちな、ワンパターンな話のようではあるが、野村萬斎はじめ出演者が好演。最後まで、飽きる事なく見る事ができた。ここまで熱中して見た映画は久し振り。さすが池井戸潤だなと思った。不正はなくならない。営業成績をあげるためには偽装もする。よくありそうな話ではないか。日本のサラリーマンの悲哀を感じる。その点はリアリティがあったと思う。実際のボルトの強度がどうだとか見る側はそんなリアリティさは求めていない。他の人のレビューでズレてるなと思った。ナンセンス。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
れいすけ

3.5鹿賀丈史に拍手!!

NEOlark7さん
2020年9月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NEOlark7

5.0半沢直樹とキャストが被っていたので気になって見てみました

うたはさん
2020年9月3日
iPhoneアプリから投稿

Amazonプライムで見たのですが最初はただのパワハラブラック企業ものかと思ったら違いましたね。

日本人って正義や法律より会社内のルールや上司の命令が優先されるじゃないですか?例えそれが間違ったことだとしても。日本人ってそう言った上からの圧や同調圧力に弱いんですよ、そのことから起こり得るパワハラ、過大なノルマ、隠蔽体質なところがよく表現された面白い映画です。

最初はドクズ不良社員だと思っていた八角さんが物語の鍵で真の主人公、会社の不正を追及していきます。

八角さんの最後のセリフシーンが日本人の本質を語っています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
うたは

4.0THE・池井戸潤

Y Kさん
2020年9月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

池井戸潤原作のドラマが好きでよく観ているので、今作もレンタルですが観ました。
感想
半沢直樹と同じ出演者、監督、脚本家+狂言師 野村萬斎で送るお仕事エンターテインメント!
安定の弱者の反撃劇。そして、とどめの社会風刺への一撃。
いつもの池井戸潤節で池井戸ドラマファンなら確実に楽しめると思う。また、半沢直樹を観ているひとなら予想外の展開も後半にあるので、そこも注目です。
総評
安定の濃い役者陣の濃厚な反撃型お仕事エンターテインメント映画で楽しめた。同じ池井戸原作映画、空飛ぶタイヤより圧倒的に盛り上がれたので良作だと感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Y K

3.5会社とは

たけおさん
2020年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

知的

難しい

グータラ係長が不可解な動きをする序盤から中盤にかけてはとてもおもしろかった。
終盤は、ちょっと会社というものを考えさせられ萎えた感じはします。
最後の侍の下りは、特徴的で面白い締めでした。
キャスティングは、豪華ですね。池井戸作品にでてくる常連さんが多数出演しています。

半沢直樹や空飛ぶタイヤなどが好きな方は見るべきかなと思います。
何年か前に日本の大会社でニュースになっていた件と重なりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
たけお

4.0型破りサラリーマン系映画として傑作

tabletapさん
2020年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

釣りバカ日誌を筆頭に、型破りサラリーマンネタは一定の需要がある
本作もその系譜に連なる作品といえるが、
若干社会人二年目病をこじらせている感が否めない、

だがそれが娯楽作品として痛快さを生み出しているので良い

章立てで作られた展開は非常に見やすく、過不足なく説明されている。
演出も適切で、過剰ではあるがそれが面白いので役者の演技も良い
特に藤森慎吾、素晴らしいクズっぷりだ。必見。

伏線の回収も丁寧で、構成が良くできている。

最後、一連の事件に対し、意見を述べるシーンも良い

長さもちょうどよい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
tabletap

5.0登場人物の葛藤する様子がリアルに伝わってくる演技

furanさん
2020年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

半沢直樹が好きならみた方がいいよという記事を読んで見ましたが、とても良かったです。原作未読ですが、ぜひ読んで見たいなと思いました。

小道具を使った伏線の回収、素晴らしかったです。
黒い煙のようなものがでてきて登場人物の名前が表示される演出も好みでした。

後は言うまでもなく俳優陣が最高でした。
働く人の葛藤する様子が、緊迫感を持って伝わってきました。今作の登場人物は、人間味を感じられて共感しやすかったです。
個人的には半沢直樹のとまりが大好きなので、ミッチーが長時間見れて最高です。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
furan

3.5対抗できるか、できないか

2020年8月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

興奮

知的

半沢直樹が大好きです。「半沢直樹ファンは七つの会議を見るべき!」というネットの記事を見つけたので、これは見ないとと思い、鑑賞。半沢直樹と同じ原作者、同じ監督と聞いたら期待しないわけないでしょう。

結果、やっぱり面白かったです。
しかし、惜しい。物足りない所も多々。
半沢直樹とどうしても比べてしまうんですよね...

東京建電の営業第一課で万年係長の八角(野村萬斎)は、ぐうたら社員で出来損ないの社員というレッテルを貼られていた。

お馴染みの香川照之や及川光博、片岡愛之助に北大路欣也。それ以外にも半沢直樹の出演者多数。
俳優陣には文句一切無し。この作品の1番の見所。
野村萬斎もこの映画をかなり面白くしているし、オリラジの藤森もイヤなやつがスゴく似合っていた。ファブルにも出てたし、藤森には今後も期待ですな。

小道具を使っての伏線回収は流石と言ったところ。
これを見るためにと言っても過言じゃないくらい、この伏線回収が好き。なるほど、そういう意味なのかと騙された感じでこれもまた見所のひとつ。

展開もピカイチ。
そ、そんなのデタラメだ!証拠を出せ!これが証拠だ!
いやーな奴をギャフンと言わせる池井戸潤作品はやっぱり最高ですな。これだから止められない。

ただ、欠点としては盛り上がり。
緊迫感がほぼ無いし、後半につれ面白くなるどころか前半で山場を超えていたため、後半にテンションは上がらなかった。

なぜ?と思うところがいくつもある。
法律や親会社、航空にネジ工場。
突っ込まずにはいられないほど、甘かった。
そういった知識があまり無い私でもそう思うのだから、このような仕事をしている方はかなり疑問を抱いたのでは?解説が入るくらい巧妙であって欲しかった。
誰もが見やすいエンタメだとしてもだ。技術や会社についてよく調べるべきだと思う。リアリティは大切だよ

そして、終わり方にはしっくり来なかった。
劇中に疎らに発言してこそ、グッと来るものがあるんだよ。一気に慌てて言われちゃ感動も何も無いよ。

最高というレッテルを貼らているがために期待以上とはならなかったが、演者による相乗効果か中々面白かった。しかし、もっと出来たはず...

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
サプライズ

3.5前半1時間は最高

2020年8月16日
iPhoneアプリから投稿

伏線回収までをもっと焦らしてほしかった…。トータルで見ると2時間ドラマ感が強かったかもしれないなあ…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
齋藤直紀
「七つの会議」の作品トップへ