いつか輝いていた彼女は

劇場公開日

25%
25%
17%
8%
25%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

女優出身の新鋭監督・前田聖来と3人組ロックバンド「MINT mate box」のコラボレーションによる、女子高生の嫉妬と人間関係の息苦しさを軽妙な会話でリアルに描いた青春映画。ブレイク目前のバンドとして注目されるバンド「MINT mate box」でボーカルを務めるマホは、取材で母校の高校を訪れた。そんなマホに去来したのが、高校時代一緒に音楽活動をしていた友人・茜とのある出来事だった。高校時代のある日、茜を置いて彼氏と下校したマホは、茜に一本の電話を入れた。予定していたライブを辞めることをマホから電話で告げられる茜。友人の女子たちは、突然のことに憔悴する茜の姿をひそかに喜んでいたが……。主人公の茜役を「ミスiD2018」出身の小倉青が演じ、音楽を担当する「MINT mate box」のメンバーも主要キャストに顔をそろえる。

2018年製作/35分/G/日本
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2018「いつか輝いていた彼女は」製作委員会

映画レビュー

3.0青春っていつも何かが足りない、と歌う彼女たちの隔たりも何か足りない

2021年10月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

単純

『青春っていつも何かが足りない』そう歌う彼女と、その景色に立てなかった彼女。作品としても、何かが足りない。

主人公のシホ。かつての親友である茜を回想していた。その視点は茜から描かれるので補完しているように見えるが、なんとなくその整理に時間を要して分かりにくかった。更に言うと、その出来事があまりフックにもなってなかったのが惜しい。芸能コースである理由だとか、他者の挫折と嫉妬は必要だったのだろうか。

とは言え、ムーラボ作品だけにアーティストと絡めることも一つの命題。新宿LOFTのこじんまりとした感じを生かしてほしかったがそれも叶わず。ラストのタイトルに一言付け加えるくらいの答えを。出しても良かったのでは?と思う。

『幕が下りたら会いましょう』もきっと似たようなテーマがあるのではないか。タイトルから想像できる。さらなる成長に期待して、公開を楽しみにする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たいよーさん

0.5マホと音楽活動をやりたかった彼女は今って感じ

2020年4月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

三人組バンド「MINT mate box」がドキュメンタリー風に母校を訪れ、その1人マホが過去を振り返る。

まず、音声がかなりこもって聴きづらい。音量UP必須。
何言ってるか分かりづらい。
女学生が何人か出てくるが、パラパラと別々に焦点を合わせる。個々の本音と建前チラつかせ。

あらすじを映画comで見ないとチンプンカンプン過ぎるのは困りもの💦

過去振り返りと言ってもマホ自身の事では99.9%無いし、マホが裏切った茜を貶してる感あり。
バンドPRとしてもマイナスなのでは?
挿入歌が全然頭に入らない。
よく映画に参加したものだ。弱み握られているとしか思えない。

映画にするだけのものか?
無しです‼️ハイ💧

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
巫女雷男

3.0監督の闇が垣間見られて、良かった

おれさん
2019年5月31日
iPhoneアプリから投稿

監督の闇が垣間見られて、良かった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おれ

1.5女子高生のリアル感は感じられても如何せん荒い。

松王○さん
2019年4月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
松王○
すべての映画レビューを見る(全5件)