劇場公開日 2018年9月7日

  • 予告編を見る

ブレス しあわせの呼吸のレビュー・感想・評価

3.849
19%
66%
14%
0%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全49件中、1~20件目を表示

4.0技術の発展は人を自由にする

2018年9月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
杉本穂高

4.0イノベーターでユーモラスなイギリス万歳!

2018年9月21日
iPhoneアプリから投稿

ポリオ患者は生涯を病院のベッドで過ごさなければならない、という医学上の常識を、本人の意思を尊重し、車椅子と呼吸器を友として"普通"の日常を全うさせる。そんな常識は自分で切り拓くというイノベーション的な発想、何でも笑いに転化しようとする人生哲学は、イギリス人の特技だと痛感させる。実録ものとして全部を鵜呑みにすることはできないにせよ、生きる上でユーモアがいかに大事かが、描写の端々から伝わってくる。オールイングランドで固めた布陣からはアンチハリウッド的な対抗意識も。そんなバックグラウンドはさておき、鑑賞後の爽快感は貴重だと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
清藤秀人

4.0わずか60年前の物語

2021年5月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ポップコーン男

4.0胸打たれる映画でした

bigsukeさん
2021年1月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

多少の脚色はあるにせよ、これが実話とは。ダイアナさんの強い意志に感動しました。最後のフィルムも良かった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
bigsuke

4.0QOLの真髄

2020年12月10日
iPhoneアプリから投稿

福祉用具の仕事をしているが、つい最近もALSの方が旅立たれた。ご本人だけでなく、ご主人の覚悟があったから2人の為に手伝おうと思った。
本作のご主人と奥様同様に素晴らしい方々だった。あのお二人の生きる覚悟を見せられたらて周りはサポートしない訳にはいかない‼︎
きっと、本作の家族や友人方も同じ気持ちだっただろう。時代は関係なく、お二人を思い出させてくれる作品に出会えて感謝‼︎

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハイマウKTM

4.0タイトルなし

lilyroseさん
2020年3月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ポリオに感染し首から下が麻痺
余命数ヶ月と宣告された28歳のロビン
人工呼吸器と共に生きた男と家族の実話
.
重い障害を持つ人が病院の外で暮らすなど考えられなかった時代
約60年前の重度障害者をとりまく現実
病院でのショッキングな映像も
「世界で実際に使われた技術や装置をもとに描いた。医師としてはただ最善を尽くし、病を抱える人たちが生きられるようすばらしいサービスをしているつもりで、人間として満足できるかどうかには思い至っていないだけだったりする。」
.
ロビンと家族はリスクを理解し
生きるために外へ出た
ユーモアをもって前向きに
彼の人格・元からの人柄
そして妻の愛・度量があり
多くの友人たちの力も借り共に生きた
そして
周りの人々へ自ら伝えることにより
多くの重度障害者や家族に希望を与えた
人生を
生きることを考える
素敵な映画でした
.
You gave me a wonderful life
.
.
「ロードオブザリング」でゴラムを演じた
アンディ・サーキスの監督デビュー作
製作はロビンの息子である
ジョナサン・カヴェンディッシュ
主演はアンドリュー・ガーフィールド
クレア・フォイ「#蜘蛛の巣を払う女」
ディーン=チャールズ・チャップマン「#1917」
ヒュー・ボネヴィルやトム・ホランダーと
英国俳優が脇を固めている
.
映画の中で英国文化にも触れられます😉

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lilyrose

4.0さすがイギリス!

fukui42さん
2020年1月29日
iPhoneアプリから投稿

◎よかった点◎
・難病物?と思いきやそこはイギリス映画。ポジティブに軽快な面が多いのがいい。
・ここ(病院)で機会に繋がれていき続けるか、ここを出て死ぬか。
身動きできない主人公を、妻をはじめいろんな人が協力して一歩を踏み出す。
リスクを恐れていては、何も先に進まない。
・病院から抜け出した外で見た青空。とても綺麗
・どんなアクシデントもジョークで乗り切る主人公の明るさ・強さ。
・息子(子役)の成長から、夫婦がずっと過ごした月日がわかるのもいい。
・できないこと、ないことは「工夫次第でなんとなかる」。なるほどね。
その熱意が世界をひろげ、変えていくんだな。
できないと思った時点で、できなくなっちゃうのだ。

△いまいちな点△
・特になし。

✍️マーカーワード✍️
「ここ(主人公)に来るたびに、元気になれたんだ」(主人公の友人)。
その存在感の大きさが、みんなをつないでいた。そんな感じ。

思ったのと違った心地よい良作でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
fukui42

3.5ポリオ

2019年12月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公(アンドリュー・ガーフィールド)は28歳でアフリカ滞在中にポリオに罹る。
妻(クレア・フォイ)は出産間近だが、主人公は死なせてくれと喚く。
帰国して妻の励まされた主人公は生きるために・・・。
終盤の展開は倫理感で意見が分かれると思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.02019 BD/DVD 68

2019年11月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

世界中には様々な障害をもっている人が一生懸命生きているわけで五体満足の自分は考えさせられるものがあった。色々悩んでる人に観てほしい作品です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しゅん13

4.5ポリオによる障碍を前向きな気持ちで克服した実在の夫婦の姿に感銘を受ける。

NOBUさん
2019年10月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

 20世紀半ば、28歳でポリオに罹患したため首から下が麻痺し、人口呼吸器が無ければ2分と生きられないと宣告されながら、妻ダイアナ(クレア・フォイ)からの尽きる事のない無償の愛や献身的に世話をする親類(双子の兄弟:トム・ホランダー)、知人達の絆により64歳まで人生を豊かに過ごしたロビン(アンドリュー・ガーフィールド)の姿を明るいトーンで描いた人間性肯定感の強い感動作。

 プロデューサーはロビンの息子、ジョナサン・カヴェンディッシュ。正にこの親にしてこの子在りともいうべき感動作を世に出して来た方だ。

 ・人口呼吸器がどんどん改良されていく過程
 ・改良度が進む度ロビンの笑顔も増していき
 ・行動範囲も広がり、果てはスペインへ旅立ち素晴らしい経験をする場面
 ・そして、ロビンと同様に首から下が麻痺した人々が改良された人工呼吸器を装着した車椅子で笑顔で列をなし進む姿・・

 モーション・キャプチャーの第一人者、アンディ・サーキスが監督を務めた質の高いイギリス映画である。

<2018年9月7日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

4.5プロヂューサーは自分の母親を世界に誇る

2019年10月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
DOGLOVER AKIKO

3.075点

2019年10月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
コウセイ

4.0支え

2019年5月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

幸せ

身動きのとれない状態で生きようなどと、本人からしたらまずあり得ない考えでしょう。病院のベッドでただ生きているだけなら、なおさらです。

いろんな人の愛の詰まった、いい作品でした。

妻は強し。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ユージーン

4.0最初の一歩

こもえさん
2019年5月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ジョナサン・カヴェンディッシュは「ブリジット・ジョーンズの日記」を手掛けたプロデューサーなのね。
彼がずっと温めていたという今回の作品はご両親のお話だそうです。
その事実は映画を観終わってから知ったので、物語に出てくるあのジョナサンが作ったのか~とビックリしました。

1959年、ジョナサンの父親ロビンは28歳でポリオを患い、首から下が麻痺して人工呼吸器が無ければ2分と生きられない境遇に。
それでもロビンは妻ダイアナの支えにより人工呼吸器を携え自宅に帰り、加えて友人と発明した人工呼吸器付きの車いすでヨーロッパの旅に出るほどエネルギッシュな人生を送っていく。

確かに裕福な家庭環境があったにちがいないが、人工呼吸器付き車いすを世の中に広める活動をし、病院でしか生きることができなかった患者に新たな道を開いた功績は大きいことだと思う。
物事には最初というものがあるんだろうけど、その一端に触れることができる作品でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
こもえ

4.0自分の生き方を管理されるのでなく、主権者として自分の人生を歩む。

takuさん
2019年4月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

自分の生き方を管理されるのでなく、主権者として自分の人生を歩む。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
taku

5.0良作!

2018年12月2日
iPhoneアプリから投稿

こういうイギリス映画は大好きです!

ちゃんと演技も観客に伝わるし
ストーリーも変に泣かせないし
良作品!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
moviesmusicmyl1

3.0良い話しだけど?

2018年11月21日
Androidアプリから投稿

もう少しドキメンタリーっぽい方が良かったかな?
少し浮いた感じで鑑賞した!
映画始まってしばらく劇場の室内灯が点滅してて気になって映画に集中できず映画途中で劇場の人に消灯依頼しに行く羽目になった!最低のイオンシネマだった!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
シゲゾ〜

4.0とても心地よい作品

2018年11月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

大好物のイギリス映画 いかにもという始まりで、前向きに頑張って、気持ちいい達成感で最後を締めくくった。
重くなりがちな題材をスマイルで料理した感じでした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Daikokumai

4.0自力で呼吸できない!

kossyさん
2018年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

COPDの可能性ありと診断されてから、たばこをやめる決意。
あ、俺のことか・・・

医者から言われました。
肺気腫になったら、みじめな死に方をすると・・・

映画自体は実話ということもあり、勇気をもらうことができましたが、もっと一般的な病気を扱ってくれれば禁煙する人が増えるんだろうな~などと考えてもみました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

4.0生き方は変えられる

隣組さん
2018年10月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

運命は変えられなくても生き方は変えられる。幸せへの鍵はすべて自分の心の中にあることを教えてくれた素晴らしい作品。妻の一言が夫に生きる勇気と希望を与える夫婦の強い絆に感動した。過去の常識を破って新しい道を切り開く真にパイオニアでもある。
2018-213

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
隣組
「ブレス しあわせの呼吸」の作品トップへ