若い女

劇場公開日

  • 予告編を見る
若い女
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランスの若手女性監督レオノール・セライユがフランス国立映画学校の卒業制作として書いた脚本をもとにメガホンをとり、2017年・第70回カンヌ国際映画祭で新人監督賞にあたるカメラドールを受賞した人間ドラマ。パリで暮らす31歳の女性ポーラは、10年付き合った恋人に捨てられてしまう。お金も家も仕事もない彼女は途方に暮れ、恋人の飼い猫ムチャチャを盗み出す。猫を連れてきたことで居候先の友人宅からも安宿からも追い出され、実家に戻ろうとしても母親から拒絶されてしまうポーラ。やがて住み込みのベビーシッターのバイトを見つけた彼女は、ショッピングモールの下着店でも働きはじめ、ようやく自分の居場所を見つけたかに思えたが……。主演のレティシア・ドッシュが何者にも媚びない新たなヒロイン像を体当たりで演じ、リュミエール賞最有望女優賞を受賞した。

2017年製作/97分/G/フランス
原題:Jeune femme
配給:サンリス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2017 Blue Monday Productions

映画レビュー

3.5このヒロインのことが徐々に好きになる不思議。

2018年8月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

楽しい

冒頭からこのぶっ飛んだヒロインの個性が思いっきり炸裂する。まるで爆弾のようで手がつけられない。寄ればこちらも怪我をしそうなほど。それが性格の問題なのか、デスパレートな状況の問題なのかはわからない。彼女に「もうちょっと器用に生きてみたら?」と助言してみたところで、何ら効果は得られないだろう。

けれど、彼女の良さを一つだけ挙げるとすれば、決して止まらないこと。絶えず動き続けること。それがたとえ恐ろしく下手な泳ぎ方で、見方によっては溺れているように見えたとしても、結果的に彼女の人生がちょっとずつ前に進んでいるらしいことは、差し込んでくる光や彼女の表情から自ずと伝わってくる。そして、なぜだろう。本当に不思議なのだが、この一連の描写を受けて自分もヒロインのことが大好きになり、彼女の人生を、一挙手一投足を、心から応援していることに気づかされるのだ。そんな狐につままれたような魅力に満ちた一作である。

コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
ぐうたら

3.5この作品の主演女優はきっと化ける!

2018年9月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

同棲していた売れっ子写真家にいきなり捨てられたポーラが、生活の糧を求めながら自立を模索する物語。久し振りにフランス映画らしい作品を観たように思います。彼と不自由の無い生活を満喫している間は自分の取り柄は美貌だけであったことに気付けていなかった主人公。独り身になって初めて世の中の厳しさを思い知るが、そんなどん底生活の中で初めて自分らしい生き方に気付く... 自由に生きたいのであれば生計の下支えや社会との折り合いがあってこそ、と言う当たり前の話なんですが、自由人を自ら任じるフランス人が演じるととんでもない大事のように見えてしまうのが、文化の違いなんでしょうけれど、凄く滑稽に思えます。ところでポーラを演じたレティシア・ドッシュはなかなかのもの。メイクの効果もあると思いますが、あどけない少女のような可憐さを見せていたかと思うと、正統派美人からあばずれ女まで何にでも豹変出来てしまうのはお見事。彼女の今後に期待。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ホワイトベア

3.0孤独

ミカさん
2018年9月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

パリの街では女も男も少女も成功者もそれぞれの孤独を抱えて生きています。ポーラも長年の恋人から振られたことで孤独になりました。ひとりになってから知る沢山の人間との出会いと関わり。不思議なことに沢山の人と関わりを持つ様になったポーラは、孤独から解放された様に見えてきます。

悪く言えば自己中で子供っぽい。だけど彼女の天真爛漫さは、人の心を解してみせます。子供っぽくても皆んなが幸せだったら、それでいいんじゃないかしら。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ

4.0オシャレではない方の猥雑なパリ

2018年9月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

幸せ

唯一のウリである若さすら失いかけた女性が周囲を困惑させながらも自力で歩き出すまでの道のりを活写。内面の描写が上手い。
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」と似ていて進歩も成長もゆっくりめだけど、人生に僅かに差し込む希望の光に反応して立ち上がる彼女の美しさよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
労働4号
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る