劇場公開日 2019年7月20日

  • 予告編を見る

存在のない子供たちのレビュー・感想・評価

4.3141
58%
37%
5%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全141件中、1~20件目を表示

5.0少年の強い瞳

2019年8月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

主人公の少年の瞳が観客を射抜く。この映画を観ているあなたは、世界の残酷さについて何を知っているのかと終始問いかけてくる。貧困の中で生まれた少年は、絶望的な環境に自分を産んだ罪で両親を告訴する。子は親を選べない、誰も産んでほしいと頼むことはできない。生を受けることは素晴らしいことだと余人は言うかも知れないが、この過酷さを前に同じことを言えるのか。
主人公を演じる少年は、シリア難民だそうだ。10歳のころから家族のために働いていたところを監督にスカウトされ出演することになったそうだが、この少年の全身から発する、本物の過酷さを知るオーラがこの映画を支えている。少年は絶望的な状況でも生きることを諦めない。その瞳にはなんとしても生き抜くんだという強い決意が宿っている。
近年、レバノンから傑作映画がいくつか生まれているが、これはその中の最高峰の一本だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
杉本穂高

4.0ゼインの瞳が貧困層の深い絶望を映す

2019年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

まるで地獄を見続けて、並みの怒りや悲しみをはるかに超越したかのような、主演の少年ゼイン・アル・ラフィーアの冷めたまなざしに目を奪われ、圧倒される。ナディーン・ラバキー監督が原告側弁護士役を演じた以外は、主要なキャラクターのほぼ全員に、役と同じような境遇の素人を探してきて演じさせたという。いや、カメラの前で存在させたと言うべきか。劇映画でありながら、彼らの訴えや涙は本物なのだ。

レバノン映画と言えば、「判決、ふたつの希望」もまた、裁判が進むにつれ社会の深刻な事情が明らかになっていく構成だった。レバノンの映画人は、国の特殊な事情の中にある人類普遍の問題を、法廷映画のスタイルで世に訴える術を獲得したようだ。そういえばラバキー監督が主演も兼ねた「キャラメル」で恋人役を務めたアデル・カラムは、「判決…」の主演の1人だったし、国の映画界のつながりの中で互いに影響を与え合っているのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 17 件)
高森 郁哉

3.0知ってる

bunさん
2021年5月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

その後をどう描くのかと思って鑑賞したので、ただ過酷な状況、映像を観せられてるだけでした。
あらすじとかほとんど読まないとこんなことはありますな。
改めて突きつけられても他国の人へ直接自分には何も出来ないが、知って生きていくのと知らないで生きていくのは違うはず。
そうでも思わないとやってられない。
世界でこんな事が起こりながら呑気に本気でこちらの世界を生きていく。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bun

4.5とにかく辛い

2021年4月16日
iPhoneアプリから投稿

みているととにかく辛くて辛くてどうしようもない気持ちになる
親は親になることを選ぶけれど、子どもは親を選べない

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
tete@cinema

4.0みんな必死

marさん
2021年4月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

非常に手際の良い語り口と、とてつもなく重い問題提起。
主人公・ゼインの置かれた環境、というか非合法な雰囲気を伝える導入、
貧しさゆえに凶暴ながら、本質的に優しさも持った彼のキャラクター描写、
テンポよく映像で見せていく序盤が過ぎたころ、すっかり物語に引き込まれてしまった。

そんで見せられる貧困。
もう心が抉られるような辛さで、ヨナスの可愛さがまた辛いっていう。
ちょっと「火垂るの墓」を連想するような構図で、
そうか、日本にもこういう現実はあったんだと。

国がどうとか社会システムがどうとか言う前にね、子供は宝ですよ。
親はもちろんだけど、親が機能しなかった場合のセーフティーネットか何かで
とにかく子供に辛い思いをさせない社会(家庭)ってのがのちの繁栄につながると思うんだけどなあ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
mar

5.0演技が特に素晴らしい

2021年3月28日
スマートフォンから投稿

内容は勿論、役者たちの演技が本当に素晴らしい。
映画だから演技をしているはずなのに、そんな素振りは全く感じない。本当にそこに暮らしている住人たちをカメラで録っているかのようだった。赤ちゃんでさえ泣くタイミングなどが完璧だった。

台詞にも演出にも無理がなくて本当に自然だった。
特に、最後の法廷での主人公の台詞に胸が詰まって言葉がでなくなる。
ただ呟いたような感じで言葉を発しているのに、すごく心に響く。

普段邦画をよく観る人に、世界にはこういう映画もあるんだと知ってほしい。
日本の映画界もこういう映画をつくってほしい。
日本の役者さんたちもこういう演技をしてほしい。
と切実に感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
くろくろ

5.0この映画は必見です

Franciceさん
2021年2月24日
iPhoneアプリから投稿

とても良かったです。
演技なの?っていうぐらい主役ゼインの演技がたまりません。

とても凶暴だけど、内にはとても優しい心を持っていて。
でなければ、あんなに赤ん坊も懐かないでしょう。

書きたい事は沢山あるので、言いたいことをひとつだけ。

この映画は必見です。

あとラストも秀逸です。あっ、ふたつ言っちゃった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Francice

4.5レバノンの哀しい現実

2021年2月5日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 13 件)
アンディぴっと

5.0僕を生んだことを訴えます

2021年1月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

レバノンの貧民街で暮らす少年が主人公で、親は誕生日も覚えておらず、12歳程度らしい。
11歳の妹を可愛がっていたが、売られていき、頭にきた主人公は家を飛び出す。
放浪していたがエチオピアからの違法移民の女性と知り合い、幼い息子とともに暮らすことに。
しかしこの女性が捕まり帰ってこなくなったため、主人公は途方に暮れ・・・。
貧しさの中でも必死に生きようとする主人公が痛々しく、裁判所で「僕を生んだ両親を告訴します」と言うシーンは衝撃的。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0まぁまぁ🙎‍♂️

2021年1月25日
iPhoneアプリから投稿

評価高いのでめちゃめちゃ期待して鑑賞したが、正直それ程では無かった。淡々と悲惨なドキュメンタリーの映像が続いてドラマチックな展開は無かった。いつかもう一度観ようとは思えなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
@Jankichi@

5.0現実に近い物語

kenさん
2021年1月25日
iPhoneアプリから投稿

子供の目から見た、大人の残酷さ。ゼイン役の子供の眼差しが印象に残る。余韻が。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ken

5.0観るべき作品

ゆきさん
2020年12月13日
iPhoneアプリから投稿

これは私が今まで観た映画でTOP5に入るだろう。シンドラーのリストという映画史上最も重要な歴史映画で有名な作品がありますがこれに匹敵する映画だと思います。
主役を演じた男の子も天才です、余計なセリフなど無く、目だけで感情を表現出来ていて鳥肌が立ちました。最後まで本当に重い内容でしたが、ラストのカメラに向かって微笑んだ少年に目頭が熱くなり心から幸せになって欲しいと願いました。観るべき作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆき

4.5ゼインの演技力に圧巻

tiso jackさん
2020年12月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

怖い

映画である以上、演技らしい構成というのは常に発生し、そういったお約束の台詞や動きを受け入れた上で常に映画を見ているわけだが、この作品においてはこれまで見たどの演技よりも真実に近しい迫力を感じた。

特に主人公ゼインの眼力は凄まじく、子どもとして見てはいけないほどの迫力を携えていた。
はたまた、それも子どもだからという過大評価なのか。

レオンか存在のない子どもたちか、子役の演技だけでも見る価値がある作品リストにまた一つ作品が増えた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tiso jack

3.5世話できないなら産むな

shimoさん
2020年10月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
shimo

4.5コロナによりもっと悲惨な状況

eimeiさん
2020年9月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

難しい

コロナ以前のレバノンのシリア難民の現状を表している映画として鑑賞した。
児童労働の悲惨さと同時に、子供のために何とかしてやりたい親のいら立ちも画面から伝わってきます。

先日、レバノンのシリア難民キャンプのNHKBSの海外ドキュメンタリーを見たが、コロナにより、状況は更に悲惨で、臓器売買、子供の誘拐、体の良い人身売買、難民キャンプの襲撃など、何でもありの状況です。多分、ヨルダン・トルコのシリア難民やロヒンギャ難民も同じような状況に置かれていると思われます。コロナ以降、先進国も自国のことで精一杯で、援助どころでない現状です。

映画を見ていて、悲しいと同時に、どうすることもできないイライラを感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
eimei

4.5ラストシーンで涙する

。。さん
2020年9月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ゼイン君のフレッシュな演技に圧倒されました。

また1人素敵な役者さんに出会えて本当に嬉しかったです。

ずっと涙を堪えていたのに、ゼイン君のラストシーンの無邪気なぎこちない笑顔を観た時に目から涙が流れていくのを止めることが出来なかった!

この世で1番不幸せなのは産んでくれた両親から愛されないことなのかもしれないのかな
と思いました。

映画って本当に素晴らしいエンターテインメント☺︎

私の趣味は映画鑑賞ですって最近は事あるごとに言ってます🤗

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
。。

4.5今の自分

2020年8月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「存在のない子供たち」を観てゼインの勇気と行動力、優しさに何度も泣きました。
そして衝撃を受けたゼインの言葉は、やはり「両親を訴えたい」「その罪は?」
「ぼくを産んだつみ」です。
親はなにをゼインにしたの?それからの映画の進行は驚きの連続でした。
ゼインは勇敢で妹思いで、強い子ですよね。あの両親からあの子?
数々のエピソードの中でも国籍のない女性と子供と暮らし始めたけれど、
母親が帰って来ない日が続きました。
彼女の子供を見捨てることなく、よく頑張りましたよね。
本当に強くて優しい子です。最後はなんかホッとしました。
あの笑顔、きっとあの子はもっともっと感慨深い大人になって両親をも許すと思えます。
ゼインを演じた子も移民なんですね。
今の自分と書いたのは、この年になっても少しも悟れず、決断できずなのですよ。
この映画を観て良かった!反省、反省です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
メイばば

5.0文句なく傑作、だけど…

ke_yoさん
2020年8月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ke_yo

4.5悲しいが現実

りやのさん
2020年7月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

レバノンの12歳の男の子が主人公。
学校にも行けず、ジュースを作って販売してお金を稼ぎ親に渡すような生活。
仲信の良かった11歳の妹がわずかなお金で結婚(実態は親が子供を売った)させられ、妊娠したが死んだ。(実態はレイプみたいなものだろう)
親に反発した男の子が家出して、知り合った女の子の赤ちゃんの子守しながら生活してたけど、女の子が不法滞在で留置所に入れられて帰って来ない。
こんな現実がレバノンでは起きてるんだろうと涙が出た。
毎年のように子どもが生まれてくるのも両親が避妊をしないでセックスするからだろうし、学校にも行かさず小さい頃から働かす。
なんとも言えない悲しさ、何も出来ない自分が情けなくなった。観終わって、どうしたら少しでも変われるのか、何が出来るのか、考えていきたいと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
りやの

4.5盛りだくさんの社会問題。考えさせられる。

ミーノさん
2020年7月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ミーノ
「存在のない子供たち」の作品トップへ