劇場公開日 2019年5月10日

  • 予告編を見る

轢き逃げ 最高の最悪な日のレビュー・感想・評価

3.167
8%
42%
34%
9%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全67件中、1~20件目を表示

4.0水谷豊の人柄と俳優歴の蓄積を感じさせる監督作

2019年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

邦画初のドルビーシネマ採用作品だそうだが、残念ながら試写室でその真価を見極めることはできなかった。国内の映画館では今年ようやく4館ほどが対応になるそうだ。ただ、本作に派手なアクションや圧倒的な映像美があるわけでもないので、是が非でもドルビーシネマ対応館で観なければ、という気にならないのも正直なところ。

社長令嬢との結婚を控えながら轢き逃げしてしまった青年と、助手席に座っていた親友。2人が割と早い段階で逮捕され、おや?と思うが、本題はそこからだった。長年刑事役を演じてきた水谷豊が、亡き娘のために素人探偵よろしく真実に迫ろうとする姿に、本当にこういう役柄が好きなんだなあと感慨を覚える。

加害者の贖罪、被害者遺族のグリーフケアなど、明確な答えを出せない問題と真摯に向き合う姿勢に、脚本も書いた水谷豊の人柄を感じる。ミステリー仕立ての部分もあるが、ラストシーンこそが描きたかった核心だろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 17 件)
高森 郁哉

1.5前半は良かったのに

2021年6月19日
iPhoneアプリから投稿

轢き逃げをして周りにバレるんじゃないかってビクビクしてる所までは普通に良かったのに、後半から被害者のお父さんの暴走、親友の裏切り....etc ここって別に要らないんじゃないかな??普通のリアルな轢き逃げ犯の真相とか被害者の心情とかを描いた内容の方が良かったと思うよ.....??
どんでん返し的な、観てる人をびっくりさせようとか思わせてちょっとややこしい設定になってて後半から見る気が失せた
後、お父さんって勝手に人の家に入ってるよね(ガラスも割ってるし)あれはええんか(笑)あそこはノータッチなんか(笑)
なんか凄く期待してた映画だからこそ余計残念な気持ち ゔーん....

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
わんわんお

3.5事件の後は悲しみしか残らない

近大さん
2021年6月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
近大

1.0揃いも揃って…

ケイさん
2021年4月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ケイ

2.0水谷豊が…

tunaさん
2020年12月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

自分を主人公に作ってしまったんだなぁ…
別の登場人物の誰か目線でその人を主人公に展開した方が…と思ってしまった。
老夫婦のセリフは白々しく感じてしまって両方とも全く響かなかった。要は面白くなかったと言う事です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tuna

3.5久しぶりに集中して観れた作品。

さなさん
2020年8月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さな

3.0嫉妬

2020年7月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

全てはつまらん嫉妬から。
とんでもない同僚。
こんな奴と親しくなった事が悔やまれる。
要所要所に素人監督な感じが出てる所が気になる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

3.5加害者・秀一の親友・テルが実は轢き逃げ事件を仕組んでいたという真相...

省二さん
2020年7月11日
PCから投稿

加害者・秀一の親友・テルが実は轢き逃げ事件を仕組んでいたという真相は意外感があって驚いた。
ただ、テルがやったことは被害者の女性と喫茶店で待ち合わせの約束をしていたこと、秀一との待ち合わせに20分遅刻をしたことだけである。
テルのサイコパス演技は寒気がしたが、そこまで凶悪犯扱いしなくても・・・。
最後に秀一の新妻はどこまでもできた女性だと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
省二

1.0題名が最悪

2020年7月10日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
海辺のカフカ

3.0二部構成

2020年7月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

前半は加害者の視点、後半は被害者の視点で描く。
遅刻のため裏道をスピードを出して走っていたところ、女性を轢いてしまい、咄嗟に逃げてしまう。
普通の人間は良心の呵責に耐えられないと思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0どの立場にも注がれる真摯な眼差し

2020年7月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
しゅうへい

3.5誰しも明日起こり得るかもしれない物語

myaa1969さん
2020年4月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

学生のとき、父から『窮地に立った時に絶対逃げるな、男の真価が問われる』自分の座右の銘のひとつ。そんな自分が主人公に諭してあげたい強いインパクトに引き込まれる。岸部一徳さん、檀ふみさんの人生円熟の演技が30年も満たない若者の築き上げてきたものの崩壊を抱擁する演技が染みる。誰しも明日起こり得るかもしれない物語。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
myaa1969

4.0こころをこめて

2019年7月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
野々原 ポコタ

2.0サスペンス色もあり。加害者と遺族、それぞれの人生の行方。

2019年6月23日
PCから投稿

悲しい

知的

寝られる

【賛否両論チェック】
賛:轢き逃げ事件の加害者も被害者遺族、それぞれの視点からの物語が描かれ、それぞれの人間ドラマに考えさせられる部分が多い。意外なサスペンス要素も魅力。
否:セリフの言い回しが結構小説チックで、あまり現実感がないのが気になるところ。展開もかなり静かに進んでいくので、気をつけないと眠くなってしまいそう。

 前半は結婚直前に轢き逃げ事件を起こしてしまった青年と友人が、その罪と葛藤しながらも己の身を優先し、立ち直らんとしていく様に、人間の持つ浅ましさやある種の強かさをも感じさせるようです。
 後半は対照的に、最愛の娘を心ない事件で失い、その真実を求めて少しずつ暴走していく姿が、非常に切なく描かれていくのが印象に残ります。
 そして特筆すべきは、最後に明らかになる事件の意外な真相です。一見裏のない事件に思えた轢き逃げに、思いも寄らない真実が待ち受けているのには、驚かされます。
 セリフの言い回しなんかが小説チックで、あまり現実味はありませんが、人間ドラマもサスペンスも感じられる、そんな作品に仕上がっています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
映画コーディネーター・門倉カド

3.5真の友人とはを考えさせられる作品

NOBUさん
2019年6月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

難しい

水谷豊監督・脚本 第2作

序盤が単調だが、途中からストーリーが動き始める。ただ、親友と思っていた人物の真の姿は観ていて辛かった。テーマが重く余り好みではないかな。

水谷さんは誰もが認める日本の演者としての第一人者で、酸いも甘いも経験しておられるからこういうテーマを選ばれているのかもしれませんが、次回作は人間性肯定の深みある映画を作って頂けないかな。初監督作品も面白かったが、陰のある作品であったし。

勝手な想いを書きましたが、ご容赦頂きたい。

<2019年5月11日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
NOBU

5.0じっくりと丁寧に作られた作品

2019年6月14日
iPhoneアプリから投稿

一人娘を轢き逃げされた遺族側と、轢き逃げという犯罪を犯してしまった加害者側、その心の葛藤がとても丁寧に、緊迫感を漂わせて描かれています。皆さんのレビューの☆印が少ないのが残念です。脚本、監督、主演と多才な水谷さんの力作はとても満足でした。もしかしたら、水谷さんはこれから日本のクリント・イーストウッドになるのかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
転がる石の様な人

4.0・_・

.575さん
2019年6月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

妬まれて
明日は我が身の
港町

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
.575

5.0水谷豊さんの演技、脚本家、監督としても実に深い

2019年6月3日
スマートフォンから投稿

悲しい

怖い

知的

非常に感動できたミステリー作品でした。
脚本もよく練られていました。
水谷豊さんをはじめ、岸部一徳さんら出演者の演技や演出も観る価値は大きい作品。

加害者から被害者の描写の起承転結も神戸を舞台に選んだ点も、水谷豊の哲学をよく現しています。

充分に相棒以上にこの映画を愉しめ、かつ考えさせてせられました。

水谷豊の監督、脚本による第3作目も楽しみにしてます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フォード

3.5実に惜しい

2019年5月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

 実に惜しい作品である。生前の望とその家族を先に描くべきだった。
 人が人や動物の死を悲しむのは、それに纏わる思い出があるからである。家族や友人の死では生前の思い出が悲しみを誘発するが、赤の他人の死には何の思い出もない。事故や災害で何人死んだというニュースを見ても、へえと言うだけである。思い出がなければ悲しみもないのだ。
 被害者が被害に遭う前のシーンを先に映すやり方は常道で、水谷監督は敢えてそうしなかったのかもしれないが、常道になっているのはそれなりの理由がある。観客は被害の前の被害者の思い出を得るから、被害者の死に悲しみを覚え、遺された家族に感情移入する。
 本作品で少しだけ感情移入するのは前半のひき逃げ犯に対してである。ひき逃げ犯に感情移入してほしいから、被害者の思い出をなしにしたのかもしれないが、おかげで映画の後半は誰にも感情移入できなかった。
 アイデアやプロットはとてもいい。脚本の台詞は月並みだがそれなりのリアリティがある。被害者の父親を演じた水谷豊の演技は「相棒」で見慣れた右京さんとは違って地に足がついている。右京さんみたいな天才的な閃きはないが、娘の死が腑に落ちない父親の執念を上手く表現していた。檀ふみも貫禄の好演である。若手の人たちもそれなりに頑張っていたと思う。
 前半の単調さに比べて後半は展開の読めないワクワク感があり見ごたえがある。返す返すも被害者の生前のシーンがなかったことが悔やまれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
耶馬英彦

3.5ハラハラしました

みなさん
2019年5月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

怖い

サスペンス要素ありつつ、脚本の展開の仕方としては面白い捻りはそんなに感じなかったけど、カメラワークとかハラハラさせてくる絵作りはとてもよかった。いろいろ気をつけなきゃなって気持ちになった。教習所で流したらいいと思う。水谷豊のお父さん役良き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みな
「轢き逃げ 最高の最悪な日」の作品トップへ