バーバラと心の巨人のレビュー・感想・評価

バーバラと心の巨人

劇場公開日 2018年10月12日
38件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

空想は生きるための豊かな知恵

邦題が良い。原題では巨人は実在するのかのようにも感じるが、正直巨人の存在の有無に関してはスリルは乏しい。ならば最初から「心の」と銘打っておいて、なぜバーバラがそんな虚構にとらわれているのかに観客の視点をフォーカスさせた方が物語の緊張感が高い。

物語は少年少女の通過儀礼を、一風変わった展開で描き、空想することで人は強くなれるんだということを描いている。アンダース・ウォルター監督は、オスカー短編賞を受賞した『HELIUM』でも同様のテーマを描いている。『HELIUM』では死を迎える子どもが空想することで死に向き合う、本作では空想で生きることに向き合う少女を描いている。

世界には理不尽なことがたくさんある。それを乗り越えるためにも空想が必要。昔の人は天災を神の怒りなどの宗教的な空想感で乗り越えてきたのと同じことだ。これは人間が本来持つ生きるための豊かな知恵だ。

ローチ
ローチさん / 2018年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

邦題の「心の」は余計なお節介だが、中身は上出来

原題は「I Kill Giants」。映画の世界では森の木ほども背丈のある巨人が実体を伴って登場する。はたして現実か、それとも想像の産物なのか。もちろん大人の常識にてらせば、巨人なんているわけないから空想に決まっている。だが、サンタクロースや幽霊や宇宙人の存在を信じていた子供の頃の自分だったらどうだろう?そんな風に考えると、邦題に「心の」を入れたことは観客に先入観を与えてしまう点でマイナスだ。私は巨人を殺す、では映画のタイトルっぽくないが、想像力を刺激し解釈の幅を持たせる工夫がほしかった。

作品自体はかなりいい。主演のマディソン・ウルフ、撮影当時は13、14歳あたりだが、確かな才能を感じさせる演技力。クラスで孤立していた彼女と、イギリスから来た転校生との友情の紆余曲折もはらはら、ひりひりさせられる。イモージェン・プーツの出番が少なく魅力を十分に発揮できていないのが惜しい。

AuVis
AuVisさん / 2018年9月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

少女の心の葛藤の物語

前半は痛すぎる子だなぁ、可愛い女の子だから許せるけどおばさんとかが言ってたら完全にアレな人だわー、友達も引くよなぁ、ついてけないよ…って思って見てたら展開進んでいくたびに彼女の言動の重さに気づいていきます。

現実と向き合っていく姿に涙が出ます。

ʕ•ᴥ•ʔ
ʕ•ᴥ•ʔさん / 2018年11月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

痛い子にしか見えませんでした

巨人が襲来すると信じ周りの声を聞かない主人公の少女バーバラ。
なぜそのような妄想をするのか、背景には少女には耐えられない悲しい現実があったにせよ自分には中二病、痛い子にしか見えませんでした。
邦題の『心』のせいで初めから妄想だと分かってしまったのが残念です。

Rug
Rugさん / 2018年11月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルがネタバレ!

予告が良かったので見に行ったら、そもそもタイトルからネタバレ。
原題はI Kill Giants。

バーバラは巨人と戦うために日々準備しているが、誰にも理解されない。
それゆえ学校で友達も出来ずソーシャルワーカーに呼び出される日々。
バーバラはなぜ巨人と戦っているのか…
と書くと面白そうなのに、残念ながら予告以上に想像を超えない。

バーバラと巨人で良かったのになぜ、ネタバレタイトルにしたのか…
それが無ければ、もっとバーバラに感情移入出来たと思う。
責任者出てこい!

原作コミックが面白そうなのでそっちを読もうと思う。

Ishikawa Pero
Ishikawa Peroさん / 2018年11月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 3 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても良かった

物語の舞台であるアメリカ東海岸のニュージャージー?ロードアイランド?ではなくて、アイルランドなどヨーロッパがロケ地としてクレジットされていたが、寒々しい風景が主人公の孤独な心を際立たせて、非常によかった。登場人物が唯一の友人のほか、イジメっ子、姉、兄、そしてモル先生と随分少ないのも、子どもから見た世界をそのまんま体感している感じだった。
モル先生が職務としてバーバラの苦しみを解決できたとはとても言えないが、学校へのカウンセラー配置はやはり必要だと思う。
主人公はじめ子供達のこれからに想いを馳せる余地を残して終わる。余計なエピローグなど一切なく、よかった。

赤忍者
赤忍者さん / 2018年10月31日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

成長

タイトルにつきる。空想や妄想に逃げる事でしか抱えている問題と向き合えない人もいる。
その事は責められないし、間違いでもない。
10代の多感な時期だととても辛くて逃げ出したいのもよく分かる。
逃げる事もまた1つの大きな戦いだから。
普通に生きるのは大人になっても本当に大変。

chichi
chichiさん / 2018年10月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結末のカタルシスが不足 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

内容は「怪物はささやく」とまるかぶり。
巨人(怪物)の正体は母親の死への怖れ。さらに言えば、母を喪ったあとも、自分はちゃんと生きていけるのか、という不安だ。

異なるのは主人公が男の子か女の子か、ということ。
また、本作の主人公は巨人と戦おうとする。そして学校生活や友人との交流が描かれることあたり。

しかし、類似作があることと作品の評価は、また別だ。

主人公の奇行やイタイ行動は、本作の評価とは関係ないし、それにそうした行動のほとんどには(後からわかることだが)必然性がある。
例えば、冒頭の兄とのトラブル。友達を呼んでゲームで遊んで大騒ぎすること(もちろん、それとて兄としてもストレスゆえの行動なのだろうが)に対し、主人公がキレるのも、同じ家の2階で母親が病に伏せっていることを思えば納得がいく。
また、学校で唯一、主人公の味方となってくれそうな女性カウンセラーが母親であり、夫と赤ちゃんとの幸せそうな姿を見せられて主人公が打ちのめされるのも同様。

本作の欠点は中盤以降、ややだれることだろう。
起承転結の「承」が長いのだ。
「嵐の去った後には美しい静寂が表れる」
これは、大嵐が襲った後で、病床の母親のセリフ。
主人公はラスト、母親の死を受け入れ、母無き人生を生きる決意をする。つまり、世界と和解するのだが、そこを、すなわち物語の「結」をもっとていねいに描くべきではなかったか。
兄との関係はどうなったか、友人は主人公にどう接したか、など見たかったシーンがないまま、物語が閉じてしまった印象がある。惜しい。

あと、この邦題はダメでしょう。
「心の」は余計。
ネタバレになってしまっている。

しろくま
しろくまさん / 2018年10月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴリゴリの私的意見。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

面白かったですが、良くも悪くも予想通りでした。

展開と構成が「ルイの9番目の人生」「怪物はささやく」にすごく似ていると思いました。同じ監督が作ったのかと思わされるぐらいに。

少し変わった主人公の周りで起こる不思議な出来事、鍵となるのは母親、何があっても寄り添う人、最終的には主人公が自分の心の壁を乗り越えてエンディング。
という流れです。
今、挙げた2作品を最近見てしまったので余計に展開が読めてしまって・・・

この作品単体で見れば、悩みながらも寄り添ってくれるソフィアと姉カレンとの関係は美しかったです。

「どんな辛いことも考え方一つで見方が大きく変わる」という事のポジティブ解釈かなと

こた
こたさん / 2018年10月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

評価分かれる内容

原作未読で観賞。

原題と全く違う放題付けるのはやめた方が良いのでは。
冒頭タイトルで原題と放題の落差に驚き、
観賞後はこの放題付けた人はセンス無いのかなと思った。

訳が解らぬまま進む序盤、
何となく読めてしまう中盤、
盛り上がりに欠ける終盤。
周りがイビキかいて寝てるのもわからなくはなかった。
(劇場来ないで家で観ていて欲しいが…)

主演や周りの女優さんがきれいどころ揃いだなとは思った。

toosumi
toosumiさん / 2018年10月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

難しい作品

星🌟🌟最初主人公の妄想か現実かで悩みました ストーリーもあんまり進展せず眠気に誘われましたが後半から妄想か現実かなんとか判断できるようになりラストは少し納得できるようになりましたが…最初から観客に妄想か現実かわかるようしてストーリーを進めた方が観客が内容に入り込みやすかったと思います

ミリン一番搾り
ミリン一番搾りさん / 2018年10月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

多感な少女 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

多感な頃の少女には、母親の病気は受け入れられず、それを巨大な敵として巨人を作り出し、それを自分が倒す事によって母親を救おうと(本人はそうは言って無いけど)していたのですね。

ごっとん
ごっとんさん / 2018年10月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

We're gonna save this town. バーバラさんの成長劇 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画としてはバーバラの成長劇なのでしょうが、個人的にはバーバラよりお姉さんの方に感情移入してしまいました。母親が病気で寝込んでいる上にあんな妹までいたらホント大変だろうなぁ。不公平だって文句の1つも言いいたくなるわ。

想像力豊かなのは良い事だと思うのですが、バーバラの場合ちょっとやり過ぎな感じで共感できませんでした。賢いかもしれないけど、付き合うには厄介な子供ですね。多分そこがこの作品の評価の分かれ目だと思われます。

バーバラ役のマディソン・ウルフの演技は良かったです。でも、お姉さん役のイモージェン・プーツがスゴく良かったですね。地下でバーバラと話をしてる時しばらく顔のアップになるのですが、バーバラへの心の動きが伝わってきて。ワチャワチャ動きのあるシーンより、ああいう静かなシーンの演技は難しいと思います。ゾーイ・サルダナはアベンジャーズやアバターで有名なのですが、普通の人間の姿を久しぶりに見ました。

「病気の母親を助ける為」っと思い込んでるとはいえ、やっぱ顔も見せないのは良くないでしょう。お母さんは毎日でも会いたかったと思うよ。なんて思えてしまい、最期は成長したにせよストーリー的にちょっと微妙でした。

アキ爺
アキ爺さん / 2018年10月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もう、邦題がネタバレなんですけど、どうしたもんかねえ。

邦題みただけで、ラストは察しがついちゃうわけですよ。その巨人が現れた原因は知らないまでも、落としどころはきちんと想像通りの着地点に。
で、悩みが長すぎるし、めんどくさい。主人公のリトルソルジャーぶりがちょっとかっこいいと思わせてくれるだけでした。

栗太郎
栗太郎さん / 2018年10月21日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

僕は泣いた。

観て一週間経って、僕はとても好きな作品だけど、けっこうレビューが割れていて、自分はどんな見方をしていたのかなーと思って、書きたくなりました。

自分も実はバーバラに共感なんて全然出来ない。
だってバーバラは「普通」ではないから。(普通ってのが難しいですが、あくまでも作中の心境に対して)
そんな彼女の過度に振る舞う行動に全て理解をできるはずがなかった。

しかし、彼女が何かと本気で戦っていることは痛いほどわかった。
最後の最後まで巨人と戦う様は、まさに命を掛けた戦士じゃないか。

だから僕は、ただ
ひたすら、寄り添うこと
、見守ることしかできない映画だな、と。

終わってからは、そう、良かったじゃないか。君は勝ったんだよ、と言ってやりたかった。

皆にみてほしいなぁ

にゃんぱらり
にゃんぱらりさん / 2018年10月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ワンマンアーミー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「かいじゅうたちのいるところ」+「乙女の祈り」
心閉ざした少女の苦悩とそれを慰める妄想。
アメリカらしくないアメリカ。(アイルランドとベルギーで撮影)
女性監督のせいか、舞台となる街、学校、海辺の位置関係がイマイチわからない。
リーズから来たかわいこちゃんが活かしきれてなくて残念でした。
巨人のルックスはなかなかです。
この手の映画は邦画洋画問わず最近多目で食傷気味。
ビックリするような飛躍があれば、、、

労働4号
労働4号さん / 2018年10月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい 寝られる 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少女バーバラによる現実との向き合い方

最後は予想外に号泣してしまった

巨人と共に、バーバラの成長を見守っている気分になった作品だった

少女バーバラ(多分中学生ぐらい)には「巨人を倒す」という使命があり、近所に巨人をおびき寄せる罠を仕掛けては、監視している

そのせいか「気味の悪いオタク女」と言われて学校では嫌われてしまっている

でも、本当にバーバラは気味が悪い子なのだろうか

私は高校生や大学生の頃、現実世界で辛いことがあると、映画館へ行っていた
行っていたというより、逃げ込んでいたのかもしれない
その習慣は今でも変わらない

暗い劇場の中でスクリーンに映し出される世界に没頭し、時には笑い、時には涙を流して現実逃避をする
そして、スッキリすると、現実の世界に戻っていくのだ

私の場合は、映画館へ行くことが最善のの方法だけれど、現実の辛さを忘れさせてくれる方法は人それぞれ

この映画の主人公バーバラの場合は、それが「いつか巨人がやって来て町を破壊してしまう」という話を信じ込むことだった

その「いつか」がきた時のために、バーバラは巨人を捕獲する罠を作り、巨人を倒すために強くなろうとしていた

ゾーイ・サルダナ演じるスクールカウンセラーのモル先生と、転校生のソフィアは、バーバラのそんな現実逃避を知り、彼女を現実に引き戻そうとする

しかし、私たちも、現実逃避している最中に現実に戻れと言われたとしたら、
例えば映画を観ている途中で強制的に席を立たされても
全くスッキリせず、むしろ欲求不満になってしまうように
周りの人たちが強制的に「バーバラ戻っておいで」と言っても、いきなり目を覚ますことはできないし、むしろ逆効果だ

現実に戻るタイミングを決めることができるのはバーバラ自身であり
必ずどこかで、巨人と決着しなければならない

そして、最後にその時はやってきて、
巨人はバーバラにとても大切なことを教えてくれるのだ

その瞬間、私は号泣だった

どんな勇者でも、現実を避けることはできない

けれど、その時、バーバラは現実を受け入れられる程の勇気を十分備えていた

そして、バーバラは大人へと成長していく

バーバラの成長と、それを見守る巨人の関係も良かったけれど、彼女が困った時にはいつも側にいるモル先生とソフィアもすごく良かった
彼女たちの優しさに心が温かくなった

そして、最後の巨人がとてもかっこよかった

大切なことは、現実から逃げ続けてはいられないということであり、
誰もが、必ず心にいる巨人と戦わなければいけない時がやってくるのだ

とえ
とえさん / 2018年10月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

少女の気持ちがわからなくはないけど。

子供にとってはつらすぎる出来事で守ってあげなければならない部分も多々あると思うけどちょっと度が過ぎてしまい感情移入ができない…。巨人とかもしっかり映像で表現されているからそれなりに面白かったけどね。

peanuts
peanutsさん / 2018年10月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

しみる。

全ての秘密と結末を知った時、原題の「I KILL GIANTS」が心にしみます。
なかなかの良作でした!

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2018年10月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

東宝のタイトルセンス

今年に限って、英語タイトルを排除してる感がある東宝配給映画。
酷いタイトルだ、映画を観てからつけてるのか?と疑問を投げかけたくなるアホなタイトル。

反省してほしい。映画の魅力が激減するこのネーミング。

マーティー
マーティーさん / 2018年10月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

38件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi