「大人向けでシラけてしまった自分」プーと大人になった僕 巫女雷男さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

プーと大人になった僕

劇場公開日 2018年9月14日
全340件中、26件目を表示
  •  
映画レビューを書く

大人向けでシラけてしまった自分

字幕にて鑑賞。田舎者でしたのでプーさんと縁が無い人間がレビュー。
男なんでぬいぐるみと遊ぶなんて事も無い。

出てくる動物がぬいぐるみなのね。
ピーターラビットやパディントンを最近観た私には拍子抜け。

児童文学の原作やアニメを見てないせいか、前半はプーさんと動物達が森で楽しむシーンも無く、クリストファーの幼少期も補完が出来ず(他で描かれてるすら分からない)、困った困った状態でした。

大人の仕事の話にプーさん関与。森に戻ったらある意味ホラー。猿芝居も見せ付けられる。

マデリンの近くに赤い風船であんな口調ならitのペニーワイズ登場だろ。
物語的に大半が何したいんだか分からない。
最初から娘が主人公で二世代にまたがる脚本作った方がまだマシだったのでは?。(スピルバーグ辺りならそうするだろう。夢売る商売得意だから。)

プーさんを好む大人へのプレゼント映画かな。
子供が楽しめないなぁ〜。
個人的に残念。ディズニーの最近の方向性が益々分からなくなりました。

巫女雷男
さん / 2019年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報