きばいやんせ!私のレビュー・感想・評価

きばいやんせ!私

劇場公開日 2019年3月9日
6件を表示 映画レビューを書く

ちなみに夏帆目当てでした。

夏帆が好き、大賀が好き、鹿児島出身、放送関係です、町役場に勤めてます、田舎へ引っ越し検討中、等々。この映画の構成要素に、何か特別な思い入れでもないと、ツライかも知れない。が、ある意味「正しい御当地映画」と言う見方もある訳で。

個人的には、胸を打たれる場面も台詞も無かったが、自転車二人乗りで叫び声を上げるシーンと、大賀の四つん這い絶叫シーンは好き。

bloodtrail
bloodtrailさん / 2019年3月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

きばいやんせ!

鹿児島県南大隈町の大自然に魅了され、晴れ晴れとした気持ちになりました。
夏帆さんや大賀さんをはじめとした役者の方々も素晴らしかったです。
最後のシーンの夏帆さんの表情がとても印象に残っています。
また明日から、きばれそうです。
息抜きにオススメの作品です。

nono
nonoさん / 2019年3月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

う~ん❗どっちつかずの映画⁉

星🌟🌟たぶん夏帆演じる貴子のストーリーを絡めて祭りを紹介したかったのだと思うのですが…前半貴子主体なのに後半貴子そっちのけで祭り主体になっていてどっち付かずの散漫な作品になってしまってる気がします❗その為夏帆演じる貴子が凄く我が儘な嫌な女になっていて全然感情移入して観ることが出来ませんでした❗夏帆もふわっとした役は上手いのに…最初から祭りを主体にしてところどころ貴子のエピソードを入れればまだましな作品になってたと思うけど…夏帆も太賀も岡山天音も上手いのに残念❗あと映画監督役の鶴見辰吾はこの作品にはいらないと思う❗上手い役者さんだけど、…

ミリン一番搾り
ミリン一番搾りさん / 2019年3月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

鶴見辰吾さんえんじる映画プロデューサー鏑木の胡散臭さが最高でした。...

鶴見辰吾さんえんじる映画プロデューサー鏑木の胡散臭さが最高でした。野田役の眼鏡太郎(がんきょうたろう)さんが何ともいえない存在感でした。

たのくら
たのくらさん / 2019年3月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

鹿児島の人ならわかるのかな?

見所はクライマックスの祭りシーンだけど、前半がグダグダで今一つピンと来ない、と言うか手に汗握る展開にならなかった。
テレビクルーは良い人達でした。←そこが一番感動したかも。

めんめん
めんめんさん / 2019年3月10日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これぞ、鹿児島の伝統!

全国津々浦々色々な祭りはあるけど、鹿児島の最南端にこんな祭りがあるとは…。

タイトルの雰囲気から、もっとドタバタの破茶滅茶な映画かと思ったのですが、思ったより真面目な作品。

てっきり夏帆ちゃんと太賀くんのラブコメチックな話だと思っていたので、期待を大いに裏切られる展開でした。

前半は、夏帆ちゃんのクソ女っぷりが前面に出ているので、夏帆ちゃんファンとしては嬉しかったです(^^)

こういう汚れ役は彼女しかできないと分かっているからこそ楽しめる!
不倫、酒豪なんでもありの汚れ女子アナ役が多いにハマっていました(笑)

そんな彼女の相方役は、不良ヤンキー、農作業何でもこなす太賀くん。

なんでもこなせる二人だからこそ、この映画は前半で盛り上がったのだと思います。

さらに、鹿児島弁の強いこと強いこと。

途中何言ってるか全然分かりませんでしたが、雰囲気で感じ取れって感じだったので、何となく観てしまった感じです(笑)

このまま、メチャクチャなストーリーが展開されるのかと思いきや、一気に真面目になる後半…。

鹿児島の最南端にある、南大隅町の御崎祭の文化に触れる貴重な機会となりました。

神輿を担ぎ、急な下り坂の山道を大勢の大人たちが必死になって下山する姿は圧巻。

小雨の降る中、体力の消耗により、なんども神輿が倒れそうな危うい状況を必死になって下山する男たち。

20分近くひたすら祭りの映像が流れますが、退屈することなくグイグイ引き込まれてしまうのが不思議…。

中でも男の人たちの筋肉隆々な姿に感動しまた!
やっぱり男って女とは全然違うなと感じてしまいます。

もちろん、太賀くんも祭りのメンバーの一人として、立派に神輿を担ぎ祭りを盛り上げてくれていました。

47都道府県には、様々な祭りがありますが、どの祭りも伝統や文化の継承によって成り立っているもの。

大人から子供、男の人たちを支える女性たちの協力あってこそ、祭りは完成して人々に親しまれ愛されているのだと感じました。

祭りによって、人との繋がりを感じることのできた、満足な映画でした。
ありがとうございました(^^)

ガーコ
ガーコさん / 2019年2月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報