彼が愛したケーキ職人

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
彼が愛したケーキ職人
18%
58%
24%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イスラエルの若手監督オフィル・ラウル・グレイツァ監督が、同じ男性を愛した2人の男女の姿を描き、イスラエルのアカデミー賞といわれるオフィール賞で9部門にノミネートされたほか、国外の映画賞でも多数の映画賞を受賞した作品。ベルリンのカフェで働くケーキ職人のトーマスと、イスラエルから出張でやって来る妻子あるなじみの客オーレンは、いつしか恋人関係へと発展していった。「また1ヶ月後に」と言って、オーレンは妻子に待つエルサレムへ帰っていったが、その後オーレンからの連絡は途絶えてしまう。オーレンは交通事故で亡くなっていた。エルサレムで夫の死亡手続きを済ませた妻のアナトは、休業していたカフェを再開させ、女手ひとつで息子を育てる多忙な毎日を送っていた。アナトのカフェに客としてトーマスがやってきた。職を探しているというトーマスにアナトは戸惑いながらも雇うことにするが……。

2017年製作/109分/PG12/イスラエル・ドイツ合作
原題:The Cakemaker
配給:エスパース・サロウ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)All rights reserved to Laila Films Ltd. 2017

映画レビュー

4.0なんだか気持ちが安らいでいく。静かで優しく深みのある人間ドラマ

2018年12月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

映画を観る前と後ではこれほど印象が変わるものなのか。私は本作のことを誤解していた。いや、宣伝云々に文句をつけるわけではなく、むしろいい具合に裏切られたと言っていい。これほど悲しみに満ちた物語だとは思ってもみなかったし、愛する者の喪失で空いた心の穴を埋めようと、二人の男女が不可思議な関係性を温めていく展開も予測がつかなかった。

ドイツとイスラエルにあるカフェ、そして「彼」を愛した過去を持つ男と女は、ある意味、互いの「分身」のような存在だ。彼らはこれまで互いに面と向かって会うことはなくとも、それぞれの存在や影は強く意識していたはず。そんな間接的な間柄だった両者がここで出会い、感情をぶちまけるわけでもなく、ただ日々の営みやクッキーとケーキの味わいを通じて静かに何かを積み重ねていく。そこにえも言われぬ妙味が光る。かつイスラエルの食文化をめぐるカルチャーショックも盛りだくさん。一見に値する秀作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
ぐうたら

4.0自然に手がのびて……うなじをさわらずにはいられない。

2019年12月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

いい映画だった。

子どものこと、(順調だけど)仕事のこと、義理の兄との関係、亡き夫のこと、疲れ、そんないろんな事があって、純粋に小麦粉をこねるトーマスの うなじを触ってしまったんだ。
カフェのキッチンでのシーンは、すごくいい。寄り添いたい。あふれる。せつない。孤独。ひとつになりたい。いたわりたい。好き……

色んな『優しい感情』が溢れたシーンだった。

トーマスは優しい。
一言言いたい。トーマスはわるくないと思う(いい、わるいではないけれど…)。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
night runner

4.5ドイツとイスラエルの距離を超え、ケーキが取り持った縁に魅入られる。

NOBUさん
2019年9月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

 切ないストーリーである。

 小さいながらも評判のケーキ店をベルリンで営む若きケーキ職人と、彼のケーキを楽しみに定期的に店を訪れる男(途中で彼が、ドイツとイスラエルの合併会社で働いていた事が分かる)。そして二人はある事がきっかけで、関係を持つようになる。

 だが、ドイツ出張の際には必ず訪れていた男と音信普通になり、逡巡していいたケーキ職人がイスラエルを訪れるところから物語のスピードは上がっていく。

 男には妻と息子がおり、彼が不慮の事故で亡くなった事も判明し、今は
妻が独りで店を切り盛りしている・・・。

 ケーキ職人がその窮状を見かね、且つての愛人の妻(色々ややこしい・・)手助けを始めるところから、更に物語のスピードは上がり、面白さも比例して増幅していく。

 私が知らなかった、ユダヤ教にも色々なレベルがあることを知った作品でもある。

 小品ながら、異文化を理解する事の難しさも描いた秀作。

<2019年1月3日 旅先のミニシアターで鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

3.5同じ男を愛した男女が、その気持ちを分かち合う

栗太郎さん
2019年3月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
栗太郎
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る