劇場公開日 2018年6月8日

  • 予告編を見る

「曖昧な境界線に立たされる人々」万引き家族 ローチさんの映画レビュー(感想・評価)

3.8818
30%
51%
14%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0曖昧な境界線に立たされる人々

2018年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

家族とは何か、という問いはあまりにも多くなされているものだが、是枝監督の描く家族は常にその存在に揺らぎがある。家族であるかどうかギリギリの線を常についてくるというか。それによって家族とは何かという輪郭を浮かび上がらせる。家族であることが自明ではない共同体が、家族としてもし機能するなら、それにはどんなことが必要なのか。
『誰も知らない』の母親は子ども達を見捨てたが、なおも彼らは家族であるのか。『そして父になる』は育てた子どもが実は血のつながらない他人だった、それは家族であるのか。あるいは『ディスタンス』で浅野忠信が演じた元新興宗教団体の信者は、教祖はお父さんみたいな人だったと言う。家族と単なる共同体の違いはなんだろうか。
経済的困窮という理由で一緒に暮らす本作の家族は、ふとしたきっかけでバラバラにされてしまう。彼らは家族だったのか、ただの共同体だったのか。問いに答えはなく、監督は見つめるのに。安易に答えを出せないことが監督の誠実さの現れだ。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 34 件)
杉本穂高
怠惰さんのコメント
2018年12月5日

いやいやおまえは二度と映画を語んな何も分かってないぞ

怠惰
石橋コーヒーさんのコメント
2018年8月1日

是非、見てみたい

石橋コーヒー
「万引き家族」のレビューを書く 「万引き家族」のレビュー一覧へ(全818件)
「万引き家族」の作品トップへ