劇場公開日 2018年6月8日

  • 予告編を見る

万引き家族のレビュー・感想・評価

3.8805
30%
52%
14%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全805件中、1~20件目を表示

4.5コロナ時代に貧困問題を考える手がかりに

2020年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

ケン・ローチ監督と同様、是枝裕和監督は貧困の問題をたびたび扱ってきた。共通するのは、低所得ないし無所得の庶民の視点から制度の不備や社会の非情を明らかにしつつ、家族やコミュニティの非力だが確かな思いやりと絆に希望をつなぐ点だ。

この「万引き家族」に、元々内包されていたが今のコロナの時代に観るとより鮮明になる要素があるとすれば、彼らを貧困状態に追い込む制度も社会も問題だらけだが、そうした状況を温存させているのは民主主義社会を構成する有権者の私たち一人一人という不都合な真実だ。コロナ対策で失態を続ける現政権だが、過半数の支持を与えてきたのは有権者であり、緊急事態宣言と活動自粛で経済を止めてコロナの死者より多くの自殺者を生み出すのもまた“社会の空気”なのだ。

万引き家族たちは可哀想だが健気に助け合って感動!ではなく、こんな社会を保つのも変えるのも自分なのだ、という視点を持ちたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高森 郁哉

5.0曖昧な境界線に立たされる人々

2018年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

家族とは何か、という問いはあまりにも多くなされているものだが、是枝監督の描く家族は常にその存在に揺らぎがある。家族であるかどうかギリギリの線を常についてくるというか。それによって家族とは何かという輪郭を浮かび上がらせる。家族であることが自明ではない共同体が、家族としてもし機能するなら、それにはどんなことが必要なのか。
『誰も知らない』の母親は子ども達を見捨てたが、なおも彼らは家族であるのか。『そして父になる』は育てた子どもが実は血のつながらない他人だった、それは家族であるのか。あるいは『ディスタンス』で浅野忠信が演じた元新興宗教団体の信者は、教祖はお父さんみたいな人だったと言う。家族と単なる共同体の違いはなんだろうか。
経済的困窮という理由で一緒に暮らす本作の家族は、ふとしたきっかけでバラバラにされてしまう。彼らは家族だったのか、ただの共同体だったのか。問いに答えはなく、監督は見つめるのに。安易に答えを出せないことが監督の誠実さの現れだ。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 32 件)
杉本穂高

3.5みごとな演技、みごとな映像。

村山章さん
2018年6月30日
Androidアプリから投稿

多くの人が口をそろえて言う通り、安藤サクラはすげえなあ。ほかのキャストもツワモノ揃いでみごとだと思う。ただ、どこかに作品が、セリフのひとつひとつが、演者に頼りすぎているような違和感も覚えた。世の中から見向きもされない人たちに光を当てている意図はわかるのだが、さすがに名演技に、映画的なロケーションと撮影に、役者そのものの魅力に負い過ぎてはいないだろうか。例えば風俗に通い詰める聾唖の男性が池松壮亮だと分かったあのシーンで、自分は引いてしまった。あそこにナイーブ風な男前が現れてしまった時点で、見栄えのいいファンタジーになってしまっていないか。それが映画だもの、と言われてしまえばそれまでだが、社会的に阻害されている者を描くには作品自体がカッコよすぎないか。好みの問題でしかないかも知れないが、どこかしっくりしないものを抱えて劇場を出ました。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 42 件)
村山章

4.0ホンモノの愛はウソの家族でも

2020年6月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

知的

難しい

今更ながら鑑賞。
そこそこ気になっていたし、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールも取っているということで中々期待度は高め。

これは、面白いというか素晴らしい。
JOKERもパラサイトもそしてこの作品も現代社会に訴えかけるような映画は、難解かつ心が苦しくなる。

血の繋がりがほとんど無い5人家族は、祖母の「年金」で繋がっていた。年金で買えないものは協力して万引きをする。汚れた心しか持っていないと思いきや、この家族はいつも笑って過ごしていた...。

リリーフランキーと安藤サクラの魅力を最大限に引き出した所がこの映画の最大の見どころ。
暴力的な2人かと思いきや、心は心底優しく、でも恐ろしい。この映画に"恐怖感"を産み出したのはこの2人だろう。

そして、松岡茉優。
完全に彼女に魅了されちゃったんですが、結構今までの見てきた松岡茉優出演の映画の中でもトップクラスで可愛かった。もちろん、見た目だけでなく演技も。

子供って意外と筋が通ってるんだな。
直感と表情で自分を操作していく。
こんな家族の中でも2人は格段に成長を遂げた。

エンディングの曲はすっごい良かった。
不思議と涙がこぼれ落ちた。
何故だろう、彼らはもっと幸せになれたはずなのに。

大きな欠点としては、過去の振り返り。
逆にここを描かなかったから、コンパクトになっているのかもしれないがコンパクトにし過ぎた。

最近観た映画で例を挙げさせていただきますが、「恋は雨上がりのように」の1番の良かったところといえば時系列。何故、こうなったんだろうと思いながら見ていると後半にさしかかろうとした時に、過去に振り返る。あえて過去と現代をバラバラにすることで、最後まで飽きずにスッキリした気持ちのまま終えることが出来た。

この万引き家族では、見ている人がどう捉えるのかは自由とあえて縛らない作風にしていると言ったらいい意味になるだろう。しかし、見ている人の捉え方の自由度が広すぎるのは完璧な映画とは言えないのでは?
経歴、経緯、出会い、別れ、描くべき所は描かなくっちゃね。

たとえ、血の繋がった家族だとしても嫌いな人は嫌い。たとえ、血の繋がってない家族だとしても好きな人は好き。だって、結婚するってそういうことでしょう。
血が繋がってれば母親?家族以外の子供を育てたら、育てた人は母親になれないの?

映画館で見た方が染みただろうな。
松岡茉優出演の映画制覇の旅は、まだまだ続く!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
サプライズ

3.5考えさせられる、自分と向き合う映画

2020年6月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

誰かのせいにしたくなること、
もっとどうにかできたんじゃないか、
なんていろいろ考えてしまう映画でした。

邦画の問いかけの濃さがしっかり詰まった映画だとおもいます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
株式会社H5 本間優太

3.5良い感じ

えりさん
2020年6月21日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

幸せ

柳楽裕也の誰も知らないという映画を思い出した。
若干似てると思う。
誰も知らないも良いし、この映画もとても良かった。
私が小さい頃に隣の家に5人兄弟の家族がいて
いつも遊びに行っていたんだけど
そこの家族はカップラーメンをみんなで食卓で食べてゲームをするような家族でそこに私が家族同然のように朝から晩まで遊びに行っていたのでその頃の事を思い出した。家の中は、この映画の家族の家にそっくり。
自分の家と180度家庭環境の違う家に家族のように可愛がってもらいそこにいた不思議な感覚がこの映画と全く一緒だなぁと感じた。
その家族とお風呂にも入ったし海にも行った。
私の家は母が常に働き家におらず父は離婚していなかったので祖父母に可愛がってもらって育った。母からも可愛がってもらい家族には感謝してるけれど、小学生の頃は寂しかったから近所のその家族のところで過ごすことが大好きだった。もし、私にその家族がいなければ、母は厳しかったし、今頃カップラーメンもゲームも知らない浮世離れした子になっていたか、とってもグレていたはず。

この映画に出てくる大人は、人として欠落している部分もあるけど、普通の大人が持っていない部分も沢山ある。普通の大人が持ってない部分って何か?それはここには書かないというかうまく言えないから書けないけど、それを感じるのがこの映画の見どころだと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
えり

3.5お金も大事だけど、それだけじゃない。

きゃなさん
2020年5月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

生きていく上でお金はものすごく大事だけれど、それが全てではない。でも、やっぱり大事。。

色々な社会問題とその犠牲者についても考えさせられた。

でも、どんな理由があっても、やっぱり犯罪はいけない。治と信代にはもうちょっと器用に生きられないかと、そしたらもっと良い未来があっただろうに、と少しもどかしく感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きゃな

0.5日本の映画って何で、、

2020年5月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

日本の映画ってなんで、わざわざ、エロシーンが長々と入っているのだろう。
お母さんと万引き家族見たいねって前から話してたけど、一人でレンタルして見てみたら、あー、親と見なくてよかったって思った。

家族で見れない映画とかは、印とかなんかつけておいてほしい笑

内容自体は、
悪くないと思うけど。
一人で見るならまあ、よかったかな?
感想が、違う方向にいってしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かおりん

5.0血がつながっているだけが家族とは言えない

チャミさん
2020年5月19日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
チャミ

4.0確かに世界に通用する映画だわ

Iwarenkonさん
2020年5月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

基本的に邦画はあまり観ない人なんだけれど、これは良い映画だった。
ストーリー的にも良く練られているし、メッセージ性もある。俳優陣もリリー・フランキーと安藤サクラ、実に素晴らしい。樹木希林に至っては日本の至宝であった事に間違いはない。
エンディング間近の子役二人の微かな台詞…見逃さなくて良かった。かなりの涙腺刺激ポイントだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Iwarenkon

5.0本物の家族よりも本物の家族。

みーやさん
2020年5月17日
iPhoneアプリから投稿

家族って一緒に暮らしたから家族になるわけじゃなくて心を通じ合わせたかどうかが大切で、万引き家族には愛を感じた。

たぶんこの映画に批判的なレビューを書いてる人は普通に幸せな家族で育った人たちなんだろうなって気がする。
自分は家族に愛情を感じたことがあまりなくて、親は仲が悪く、家族のコミュニケーションもあまりない家庭で育ったので、映画の中の貧しいけど笑顔の絶えない仲の良い血の繋がってない家族。を見て幸せな気持ちになった。
さすがに貧困でありたいとは思わないし、万引きOKでは無いけど、あの家族の空気感がとても心地よかった。

そしてみんな演技が自然で普通にリアルなドキュメンタリーを見てる気分になった。
役者って凄えなぁ

家族ができたら心が通った仲のいい家庭を持ちたいなと思ったし、愛情をたくさん与えられる人になりたいと思った。

久々にいい映画を見たなぁって
満足した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みーや

2.0ごめんなさい、共感出来ません😥

Aprilさん
2020年5月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

この家族と見える共同体、ありえない・・・。
個人的には演技力とか云々より共感できない。
息子も気持ち悪いとか言い出し、なんとか2日かけてみました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
April

4.0期待しすぎたかも

takantinoさん
2020年5月9日
iPhoneアプリから投稿

是枝監督の映画は大好きなのでちょっと期待しすぎたかもしれない。
似たストーリーの「ごっこ」と比べて要素が多い分一つ一つが少し薄く感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
takantino

4.5パルムドールおめでとう

2020年5月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

是枝フリークの私は狙って撮ったなと感じる野心作でした。
初めて是枝映画を観る人にもわかりやすい構成になっていますし、キャスティングも完璧です。安藤サクラと松岡茉優という初起用ながら間違いない名女優二人を。リリーフランキーと樹木希林はもはや是枝作品に欠かせないメンバー。
さまざまな家族の形を描いてきた是枝裕和が勝負をかけた集大成ではないでしょうか?数々の是枝作品に出てきた樹木希林に関しては「これが最後かも」と予見していたのではないでしょうか?
安藤サクラが警察での取り調べの長回しのシーンは心震えました。新自由主義の格差社会をベースに人間の孤独と絆を描いています。

ケンローチ、ポンジュノ、是枝裕和新自由主義下の闇を描くこの三人の監督からは目が離せない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
トシくん

4.0見終わった後

アツコさん
2020年5月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

見終わった後
さびしさと温もりが一緒に
余韻として残る映画でした。

さびしさは、
社会や元の家族の中で
疎外されたり虐げられたりした
登場人物の抱える境遇を
目の当たりにしたからでしょうか。
温もりは、
それでも誰かと繋がって生きていこうとした
登場人物たちが
肩を寄せ合った温もりを
感じ取ったからでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アツコ

4.0キャストが素晴らしい

masyaさん
2020年4月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

安藤サクラ、樹木希林の演技力、松岡茉優の自然な色気、子役二人の自然な演技に魅了される。日々流れる児童虐待のニュースを見る度に、血の繋がりや家族の意味を感じさせられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
masya

2.0血の繋がりだけが家族じゃない。 産まなくても母親になれる。 けど万...

2020年4月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
あかね☪︎ *.

5.0愛とは外から見える形ではない

2020年4月25日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
richappy555

4.0家族とは

2020年4月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

家族とは、本当の愛とは何かを考えさせられる映画でした。こんな家族の形もあるのかと思いました。寄せ集めの家族で、貧乏で世間からは逸脱した家族ではあるが、そこには愛があった。

松岡茉優のおっぱいエロかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
わだっち

4.0実話であっても驚かないような話

tbgohさん
2020年4月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tbgoh
「万引き家族」の作品トップへ