劇場公開日 2019年3月8日

  • 予告編を見る

シンプル・フェイバーのレビュー・感想・評価

3.5144
10%
58%
27%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全144件中、1~20件目を表示

4.0ステレオタイプを逆手に取ったブラックコメディ

村山章さん
2019年3月28日
PCから投稿

笑える

楽しい

知的

リアリティなんて捨てて置け!とばかりに、戯画化されたキャラクターを演じるアナ・ケンドリックとブレイク・ライブリーの潔さよ。しかし物語が進むにつれて「空気を読めないサエない主婦」と「誰もが憧れるキャリアウーマン」というステレオタイプが、人間の裏と表を描くための装置だったことに気づかされる。

主人公の二人は、結局は「主婦」「美女」という世間が作り出した枠に押し込められた女性であり、そしてそれぞれのやり方でその枠を打ち破ろうとしたのではないか。ろくでもない人間しか出てこないブラックコメディだが、それでもこの映画の女性たちはどこか痛快なのである。

セルフイメージを玩具するかのようにハジケまくったアナケンとライブリーだけでも見応えがあるし、その先の皮肉をバシッと決めた監督にも拍手。普通にジャンル映画を期待すると、戸惑う人もいそうですが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
村山章

3.0見て損はない

2021年4月24日
Androidアプリから投稿

■好きなところ
出演者たちのキャラが全部よく出ている
二人の女優さん
話の展開
内容が今どき
綺麗な家

■嫌いなところ
解決がスムーズに進み過ぎ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
プチトマト

3.5 弱肉強食

胃袋さん
2021年4月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

クライムサスペンスとしては
普通のストーリーだと思う。
コメディー要素がエグいから、
そういうの楽しめる人にはいいのかも。
主人公が、親友(?)に対して
どう落とし前つけるのかが
個人的に最大の見どころだったので、
ラストは肩透かし食らった。
強い奴が勝つ、だけだと、
ちと殺伐とし過ぎでないかねぇ…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
胃袋

3.0ひねりすぎ?

bigsukeさん
2021年3月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

裏をかくストーリーは好きなんだけど、ちょっとしつこかった。
あとステファニーの捜査が完璧すぎて興醒め。うまく行きすぎ。
BGMも鼻についた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bigsuke

3.521003

2021年1月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

すっきり爽快とは行かないけど、最終盤までどっちと組んでいるのか分からない展開で楽しめた。
大好きなアナケンとブレイクを堪能させていただきました。
聖人にも闇はある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たかたかたか

4.0グロくも無く、後味の良い優秀なブラックコメディー

2021年1月2日
iPhoneアプリから投稿

期待せずに観たけど楽しめた。展開が読めなくて、最後まで飽きずに観られる。ブレイクライブリーとアナケンドリックの配役も良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シェリー・ゴメス

5.0大好きな二人なのでみました! なかなか面白かった!最後ライブラリー...

sさん
2020年11月22日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
s

3.5ひっちゃかめっちゃか

Normanさん
2020年9月13日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Norman

4.0結果いるべき場所に納まった

ずんさん
2020年8月29日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ずん

3.5サスペンスではないですね・・・

よしさん
2020年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

親しくなったママ友が行方不明になり、謎解きに興じることになる主人公の物語。

う~ん、何とレビューして良いか悩むような作品ですね。
サスペンスとしては特筆すべきものはなく、特にラストの展開は雑に感じられ戸惑いを覚えます。
ただ、それでも面白く感じるのは主人公ステファニーの人間性と、それをコミカルに描いているからなのでしょう。

シンママのステファニー。お道化ながらも、他人の目を気にしてすぐに謝ってしまう臆病な女性。
でも、『 狡猾 』
エミリーを親友と呼びながら、その「はっきりとした性格」、「キャリアウーマンの生活」、「素敵な夫」、そして「贅沢な暮らし」を羨望して止まない、妬んで止まない・・・そんな人間。
行方不明になったエミリーの家に上がり込み、そのドレスを着こみ、嬉々として謎解きを始める・・・そんな人間。
そう、エミリーを心配するのではなく、謎解きを『興じる』・・・そんな人間。

この映画は、そんな極めて人間臭いエミリーを時に笑い、時に腐し、時に共感する・・・そんな映画なのだと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
よし

3.0女性の好物でしょう

odeonzaさん
2020年8月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

料理にファッションにミステリーとくれば女性の好物ばかり、「GAPにエルメスを合わせるな!」なんておすぎかピーコが言いそうなセリフも痺れますね。
存在感の薄い旦那同様、男の私も手練れの女性陣二人に振り回されっぱなし、何が真実で誰が悪いのかも半信半疑、思わせぶりな演出や女性の下ネタ、カミングアウトには閉口です、退屈はしませんでしたが、正直、疲れました。
一応ミステリーなので観てのお楽しみということで・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

3.5ひゅ〜うっ!アッメリカ〜!

てけとさん
2020年8月23日
iPhoneアプリから投稿

スキャンダラスなドラマ調かな?と思って見たけど緊張感繋げつつ中だるみなくサスペンスなのに爆笑しながら楽しめる(書いてみると何言ってんの?な感想ですね笑)。

ゴーンガールっぽさありつつ別側面でのエグさもあって中々ブラックに笑えます。日本にも働く女と専業主婦のジレンマってあるけどアメリカ式はパンチ効いてんなぁ〜
全然関係ないのですが、見終わった後何だかgleeが見たくなりました。

いやこれはもう、アメリカ系ブラックジョークがいける口なら軽い気持ちで見てみて楽しめば良いんじゃない!って推していける1本です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
てけと

3.0くそつまらないあの原作本をよくここまで見れるものにできたなぁと感動...

2020年8月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
あかね☪︎ *.

3.0表現しづらいけど、聖人はこわい。

2020年8月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

めちゃくちゃまっすぐな聖人は、時に悪人よりも怖ろしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
soleilヾ(´ε`○)

3.0シンプル・フェイバー

m@_@mさん
2020年8月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

話の展開にちょっと困惑してしまいました

次から次へと真実が

結局最後も、、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
m@_@m

3.5展開の読めないポップなサスペンス?

Tetさん
2020年8月8日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Tet

5.0期待しないで見る

2020年8月7日
Androidアプリから投稿

サスペンスなのに、面白くて笑える。人物描写が際立っていて、短い時間にそれぞれの人生がわかった気になる。娯楽の最高峰。俳優たちがまさにいい仕事をしている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マッターホルン2

3.0どんでん返し

Kさん
2020年8月2日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
K

3.5ナイスコンビ

JYARIさん
2020年7月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

3.0脚本はアナ・ケンドリックありきで書かれたのでは

Yukさん
2020年7月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

どこかでみたようなスリラーのような・・と思わせつつ、対照的な2人の振る舞い、立場の違いを軸に、終盤へ畳み込む展開が鮮やで楽しい。
それだけではなく、気が付くと舞台装置が何度か変わっており、誰もが予想しなかった後味を味わっていることでしょう。

サスペンスとしても十分面白いし、アナ・ケンドリックとブレイク・ライブリーの弾けた芝居が楽しい。脚本はアナ・ケンドリックありきで書かれたのでは。
彼女の、可愛らしく軽妙な雰囲気がなければ重くて微妙な映画になったかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Yuk
「シンプル・フェイバー」の作品トップへ