ルームロンダリングのレビュー・感想・評価

ルームロンダリング

劇場公開日 2018年7月7日
46件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

設定は楽しいし才能を感じる。ただ、もうひとつだけ壁を打破してくれれば。

マネーロンダリングなら聞いたことがあるが、こちらはルームロンダリング。その言葉に触れた瞬間に、本作の光景が脳裏にすっと広がっていくのがすごいところだ。この世に住んでいる以上、住居、それも事故物件について考えたことのない人なんていないと思うので。

ならばこの映画は一体どんな色彩やテイストで「物件ドラマ」を描いていくのか。『シックス・センス』プラス『アメリ』といってしまえばそれまでだが、しかしその組み合わせも決して悪くはない。色彩もポップで愛らしいし、同居人たちもなんだか愉快だ。オダギリの飄々とした役柄も最後まで飽きさせない。

残念なのはそのようにして巧みに立ち上げた設定を、劇中でもう一味、効果的に展開させられなかったこと。中盤以降は空気の対流が止まってしまって、見ている側もどうしても「待ち」の姿勢になってしまう。この確かな才能ある監督が、次回作はもう一つ壁を打破して、孵化することを願う。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年7月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エライザの愛らしさ。

誰かを入居させて「事故物件を洗浄」し、普通の部屋にしてしまおう。設定的にはオカルトかミステリーなのだが、フライヤーでも察しの通り、軽いコメディ。でも、主役の御子役のエライザが訳あり女子を好演しているお陰で、お茶らけ過ぎず、最後はちょっぴりしんみりほっこり。オダギリジョーの安定感もよし。

栗太郎
栗太郎さん / 2018年10月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

連ドラ化おめでとうございます…!

連ドラ化が決まったとのことで改めて感想を。

まず、衣装やセットをはじめとする色彩がとてもとてもとても…ポップでオシャレで可愛らしい…!
また、劇中に何度も登場する御子の描く絵画作品も魅力的で思わず見入ってしまいます…!

内容に関しては、御子を取り巻く個性豊かな登場人物と御子が少しずつ心を通わせていく様子や、御子自身がゆっくり成長していくシーンに心が温かくなります…^ ^

ものすごいインパクトがある訳ではないですが、また新しいジャンルのハートフルコメディが登場したなぁと思い感激しましたし、ドラマが始まるのも、より楽しみです…!!

夏野
夏野さん / 2018年9月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

温かな空気が心地よい

池田イライザが訳あり物件の幽霊たちと語らい真に浄化していく中で、彼女自身の孤独で屈折した心も前に向いていく。

温かい作品だった。彼女の唯一の血縁者らしきオダギリジョーのぶっきらぼうだが心あるサポートも泣かせる。

いい気分になって帰路に着いた。

まっくん a.k.a. エロくそチキン
まっくん a.k.a. エロくそチキンさん / 2018年9月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

文化包丁と出刃包丁

異能のこじらせ女子が職業を通じてこじらせを酷くして行き、最後にはねじ切れて普通女子になってしまうまでを記録した、極薄味映画。

展開・画面・セリフ・役者の表情・音楽の全てがシンクロし、「ここ泣くところです!」と切迫してくるヤツが苦手だ。原作者・カメラさん・脚本家・役者・作曲者・監督が、面前30cmに雁首並べ、こちらの顔をのぞき込み、涙を流すのを待ってるんですよ。

どんなストーカーだよ!

そういう点では、この映画はダイジョブでした。むしろ、そうなることを避ける余り逆相まで吹っ飛んでしまった感あり。そもそも登場するユーレイの役割は「客を笑かすこと」だもの。包丁ジョーズとか、本気で噴いちまいました。一番ユーレイらしく登場した光宗薫だったのに速攻でギャグキャラ化。

1回だけ切なくなってホロリとしてしまう映画で、そこがツボだったりします。

現世現実の人間と、成仏し損ねた元人間の接触交流は、巷に溢れ返っているネタで新鮮味も何も無いけれど、いかなるドーピングにも頼らず軽妙に話を進め、少しの事件と少しの種明かしで話を締めた後、ルームロンダリングなる職業を執行する新トリオを作っちゃってお終い。これ、2への布石でしょ。完璧じゃないですか。

女性陣の配役には、ちょっと苦言を呈したいけど、池田エライザは丁度いい感じで緩くはまっていたと思います。もっと頑張って欲しいけど。あ、渡辺エリさんには文句ありません。

とにかく、重苦しくなく・暑苦しくなく・怖くないシックスセンス。ただ、ちょっと軽くなりすぎたかな。

なお、文化包丁も出刃庖丁も、それ程までの殺傷力は無いと思う、経験無いけど。

bloodtrail
bloodtrailさん / 2018年9月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ん〜もう一声‼︎

渋川も良かったし
エライザゎ可愛いし
オダギリジョーも安定のカッコ良さだし
ストーリーも悪く無いのに
何故かイマイチでした。
勿体無い感じ...

あの原色のカーテンと
アヒルさんで
お部屋がオサレ〜

カセットテープの曲聴きたかった!

つみきみほの劣化がキツイ‼︎

あの白猫ちゃんは
「猫侍」のあなご⁇さくら⁇
エンドロール見逃しちゃった(T-T)

snowball
snowballさん / 2018年9月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

物足りない

ホラーコメディですがインパクトが無く物足りない印象。途中も何度か眠気に襲われzzz…内容には不満が残る。ただキャスト陣の演技は良かった。特に主演の池田エライザは独特の雰囲気を醸し出していてかなり良い。今後の活躍を期待している若手女優の一人。
2018-173

隣組
隣組さん / 2018年9月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

つまらない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

全体的にチープな作りになっている。扱っているのが「死」であるためあえてこのような作りにしたというのがみえるが効果的に作用していない。飛行機をつかむシーンなど意味ありげに見せておきながらのちにスルーされてしまう。主人公は暗く食事が質素でありセックスもない生活を送っていて最後にはそれが一変するのだが食事やセックスでそれらの変化を見せて欲しかったがそれがなかったのが残念。池田エライザのオカルト女子の様子はよく、暗い人をうまく演じられる女優だということが分かった。

くすり
くすりさん / 2018年8月21日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不思議と心が温まる。幽霊と織り成す、一風変わった人間ドラマ。

【賛否両論チェック】
賛:哀しい過去を背負い、他人に心を開けずにいたヒロインが、ルームロンダリングでの幽霊達との出逢いを通して、少しずつ変わっていく姿が印象的。
否:ストーリーは想像通り淡々と進むので、惹かれないと眠くなってしまいそう。ラストもかなり強引な印象を受けてしまう。

 心を許せる人がおらず、他人と上手く関わることが出来ない御子が、「ルームロンダリング」という不思議な仕事を通して出逢う、どこか憎めない不思議な幽霊達。彼らを前にして、始めはただただ無難に過ごそうとしているだけだった御子が、彼らの未練に触れるうちに、次第に少しずつ自分から心を開いて変わろうとしていく姿は、どこか切なくも心が温かくなります。
 そしてそんな御子を、非常に不器用ながらもずっと支え続ける悟郎や、やがて明らかになる謎の失踪を遂げた母親の真実にも、思わずグッときます。「愛情」というものを決して一身には受けてこられなかった、御子の哀しい過去。そんな過去を彼女がどう乗り越えていくのか。池田エライザさんのどこか陰のある雰囲気も、物語をより際立たせているようです。
 クスッと笑えてハラハラもして、最後には感動させられる。そんなステキな人間ドラマに仕上がっています。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2018年8月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

池田さん よかったね

ハートウォーミングコメディ、楽しかった。

池田さん、はまってた。これまでもドラマでは「ぼくは麻里の中」で際立っていたり、映画でも助演では「鳥ガール」はじめいい味出してたけど、映画の主演で当たり映画に出られたね〜、おめでとう!
美人はなかなか当たりが来ない場合も多いと思うので、自分もなんだか嬉しいです。
オダギリジョー、渋川清彦と優れた俳優に囲まれて本人の演技も冴えてたと思う。
ひとつひとつのエピソードは、殺人事件の真相をはじめ、びっくりするようなものではないけれど、全体を貫くテイストが安定しているので、作品としてのちょっとした感動になっていると感じた。
清川演じるキミヒコの時代遅れのパンクロック、すごくいいと思った。みんな、エンドロールまでいてね。
この映画、観て損しないです。

CB
CBさん / 2018年8月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今ひとつな映画

"マネーロンダリング"ならぬ"ルームロンダリング"…アイデアは良かった…。けど、その設定、必要だった?なんか、活かせてないと思った。そして、主人公とその家族のストーリー…泣けるシーンで全く泣けない…。
もっとオカルト寄りにした方が面白くなったかも…。いづれにしろ、なんか中途半端な作品でした。

*なんかコンテストの準グランプリなそうな…あら!?ふ〜ん(笑)

stoneage
stoneageさん / 2018年8月3日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良かった

悪者をとっちめるシーンとカセット投げつけるシーンは雑に感じたけど・・・
最近の邦画では気持ちよく見入ることができました

しんげん
しんげんさん / 2018年7月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あたたかい気持ちになれる映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

見終わるとあたたかい気持ちになりました。
ひとりだと思っていたミコちゃんの周りには生きている人も死んでいる人も優しく見守っている。色々と突っ込みどころはあるけど、ほっこりしてちょっと泣ける、優しい映画です。
キミヒコ素敵。
思ってた5倍くらい池田エライザが可愛いのと、オダギリジョーがカッコいい。
脇が豪華な俳優さんたちで良かったです。

かな
かなさん / 2018年7月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白いアイデア

実際にルームロンダリングという仕事があるのかは知らない。
自殺・他殺等の事故物件に対し、次の入居者にそれを告知する義務がある。なので人を雇い一回住まわせれば、次からは告知義務から外れる。
その手法が「ルームロンダリング」と呼ばれるという。

それで雇われたネクラ女子の話。
幽霊が見える彼女は、生きてる人とはコミュニケーション不全なのに幽霊とは上手くやれる。
彼女にとっては幽霊より、嘘をつく生きている人間の方が恐ろしいのだ。

コメディだが、割と静かで落ち着いている。
バカなお化けが騒ぐドタバタではない。
飛行機に手を伸ばすなど『アメリ』のような空想的感覚もあり、主人公を演じる池田エライザが単なるネクラではなく魅力的な雰囲気を漂わせている。

イジメや母の失踪が原因で心を閉ざした主人公や、幽霊たちを通して現代社会の生きづらさや閉鎖性を訴える。幽霊のセリフに多少の説教臭さはあるが、面白く見られる。
幽霊の数が少ないので、もう一人くらい出しても良いと思った。
語られない過去の事案に孤独死老人、自殺に追い込まれたエリート、育児放棄で餓死した幼女のケースがあったようだ。社会性のテーマが強すぎてコメディらしさや、主人公の持つ空気感がなくなるのと尺の問題で削除したのかも知れない。

ただ主人公の母親が失踪した理由と、彼女を世話しているオダギリジョーがルームロンダリングさせる事には矛盾が生じている気がする。
ルームロンダリングさせると、彼女の霊視能力は益々磨かれると思うし、それを母親は望んでいなかったのではないか?

また、後半のカタルシスが畳みかける感じではなく、少し間延びした印象もある。それでも死者を通して生きる意味を問うた青春物だと思う。ネクラな彼女にとってはこれが青春。

るるびっち
るるびっちさん / 2018年7月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

思ったより

ジュラシックワールドを見ようと思ったが
時間が合わず
で この映画

何も 情報なしで見たので
ドキドキしながら 楽しめました

じすんえいだ
じすんえいださん / 2018年7月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見守られる人、見守りたい人

半年に一度くらい出会う『思わぬ拾い物』という作品。
幽霊に化体した人たちとの出逢いを通して心を開いたり、成長していくというプロットはさておき、家族の中における『おじさん』という存在の重要性が分かりやすく描かれています。

少年少女の成長過程においてはオジという立ち位置の存在が不可欠です。本当の血筋上のおじさんかどうかは問いません。
世の中には表もあれば裏もあるわけですが、親としては建前上、表側の真っ当な事しか教えられない。世の中には要領良く、場合によっては抜け道を通って進むことがある事は親だって大人なので知っている。しかし、自分の子どもと向き合って道を説かなければならない時、正攻法で努力するように諭すのが、一般的だと思います。勉強でも部活でも友人との人間関係などでも。恋愛関係などはもし親がそもそも勉強や受験の阻害要因だと、つまり真っ当な事だと思ってくれなければ聞く耳すら持ちません。そこで登場するのがオジ、もしくはオジ的立場の大人です。ミツオにとっての寅さんやハリーポッターにとってのシリウスブラックやハグリッドのような人たちです。
彼等はマトモな常識人からすれば反面教師的な部分がありますが『見守る』事に関しては親と変わらぬ情を持ち合わせています。成長途上の若者にとって、親には聞けない、聞きたくないことを大人扱いで受け止めてくれる『オジ』という存在の有難さ。
そしてまた、『オジ』の方にも『見守ってあげたい』存在は自分よりも愛おしく、自分が経験し得たものを惜しみなく与えたくなる。親子とは違った形の家族の絆かもしれません。

琥珀
琥珀さん / 2018年7月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごくいまいち..

とにかくつらかった。つらい2時間だった。話が面白くない。淡々とした演技が続き(演技が悪いといっているわけではない)、展開が陳腐、盛り上がりに欠け、登場人物たちにまったく感情移入できなかった。最初の幽霊がうるさすぎて好きになれず、キツかった。音楽もいいという人もいるが、なんともいえないテイスト。レビュー高評価も多いが、好みや感性が違うだけ。TKO木下いらない。

ta928
ta928さん / 2018年7月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エライザとグースランプのシュールさ

想像していたよりは面白かった。

前半は淡々とストーリーが流れていき、後半はまぁ想像通りの盛り上がりがあるが期待を越してこない感じ。

エライザの浮き沈み激しい表情には見とれたし、グースランプ可愛かったし、なんだか色々シュールな空間で面白さを誘うが、感動ものにしたいのか、コメディにしたいのかどちらも中途半端な感じで終わる。

ストーリーよりも音楽が好きだったなぁ。

オダギリジョーもいい役だし、健太郎も上手いし、キャストは言うことないんだけれどね…

日常の軽めのストレスをクスッとした笑いで流したいなら、見るべき映画。

あとエライザかわいい。

ちゃーるすとん
ちゃーるすとんさん / 2018年7月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ほのぼの映画

変な家族の変なお話

miyako385
miyako385さん / 2018年7月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

目移りする ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

お母さん、なんで死んじゃったんだろう。

オダギリジョーがぐれたのはこの能力のせい?

歳のせいか、アイドルに次から次へと心をひかれ、映画でみたSUNNYのトレーラーでエライザさんに一目惚れ。この映画で堪能できました。

本当のロンダリング(浄化)できましたね。いいお話でした。

かぴ腹
かぴ腹さん / 2018年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

46件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi