「設定は楽しいし才能を感じる。ただ、もうひとつだけ壁を打破してくれれば。」ルームロンダリング ぐうたらさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ルームロンダリング

劇場公開日 2018年7月7日
全54件中、19件目を表示
  •  
映画レビューを書く

設定は楽しいし才能を感じる。ただ、もうひとつだけ壁を打破してくれれば。

マネーロンダリングなら聞いたことがあるが、こちらはルームロンダリング。その言葉に触れた瞬間に、本作の光景が脳裏にすっと広がっていくのがすごいところだ。この世に住んでいる以上、住居、それも事故物件について考えたことのない人なんていないと思うので。

ならばこの映画は一体どんな色彩やテイストで「物件ドラマ」を描いていくのか。『シックス・センス』プラス『アメリ』といってしまえばそれまでだが、しかしその組み合わせも決して悪くはない。色彩もポップで愛らしいし、同居人たちもなんだか愉快だ。オダギリの飄々とした役柄も最後まで飽きさせない。

残念なのはそのようにして巧みに立ち上げた設定を、劇中でもう一味、効果的に展開させられなかったこと。中盤以降は空気の対流が止まってしまって、見ている側もどうしても「待ち」の姿勢になってしまう。この確かな才能ある監督が、次回作はもう一つ壁を打破して、孵化することを願う。

ぐうたら
さん / 2018年7月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報