やがて水に歸(かえ)る

劇場公開日

  • 予告編を見る
やがて水に歸(かえ)る
やがて水に歸(かえ)る
0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

数多くの相米慎二監督作品で助監督を務め、1988年の「・ふ・た・り・ぼ・っ・ち・」などで知られる榎戸耕史監督が、劇場公開映画としては97年の「渇きの街」以来20年ぶりに手がけた長編映画。榎戸監督が教鞭をとっている桜美林大学映画専修の学生や講師たちとコラボレーションし、夏、冬、春の3つの季節をまたぐ物語を、3年の歳月をかけて完成させた。水の都・東京を舞台に、近代の記憶と現代の風景を重ね合わせながら、すれ違いを繰り返す男女の姿を描いた。大学院を中退した青年・石上は、大学の研究室で助手をしている同期の矢内から、2人の師でもある「先生」の依頼として、ある女性に会ってほしいと頼まれる。神田の昌平橋の上で、その女性・雛子とすれ違った石上は、その後もたびたび雛子と偶然出会うが、その裏にはある必然が隠されていた。ヒロインの雛子を、「リンダ リンダ リンダ」の前田亜季、先生を名優・寺田農が演じる。

2017年製作/82分/日本
配給:桜美林大学映画専修共同研究

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る