映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱のレビュー・感想・評価

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱

劇場公開日 2018年4月13日
50件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

年々

昔の方が面白かった気がする。
作画が
くねくねしてる気がする。

walkindude
walkindudeさん / 2019年4月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正義の為にたたかうしんちゃんとランちゃん。 そして正義のあまり暴走...

正義の為にたたかうしんちゃんとランちゃん。
そして正義のあまり暴走するらんちゃん。
この映画を見て感じたことは「憤怒」だ。

全てに憤怒している。

ハル
ハルさん / 2019年4月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドラッギーなラーメン描写にゾクッとした

クレしんは相変わらず、鋭いポイントを突いてくるなぁ〜、と思う。
皆んなが、ブラックパンダラーメン中毒になっていく様は、あたかも、上野のパンダに盲目し、ラーメン通が増加し続けている現在を皮肉っているかのよう。

中国に行く件は不要な気もするけど。まぁ、コレはコレで。

サケビオース
サケビオースさん / 2019年3月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルなし

正義論だとか、天才と凡人だとか、テーマの攻め度で言えばシリーズ1だと思う。

上手だな、と思ったのはしんのすけたちが習う拳法の設定。
基本的には受け流しだったり反射だったり脱力させたりがメインなので、かすかべ防衛隊でも大人相手に戦えるし、拳法=腕力じゃないってのにもリスペクトを感じるし、柔らかさ=柔軟さが大事、っていうのはこの映画のメッセージだと思う。
そのメッセージが刺さるかは置いておいて。

残念なのは、頻繁に話の舞台が行き来して、とっ散らかった印象をうけること。

あと、野原一家を無駄に使うとこ。
多分、話のオチの付け方的にも、ラスボスの出自的にも、今っぽさ的にも、血の繋がりのある家族はいっそ全無視した方がよかったんじゃないかな。
ロベルト出してひろしとみさえの親族関係出さないのは多分そういうことだし。
でもまぁ難しいんでしょうからよしとしましょうね( ᷇࿀ ᷆ )

ぜっと
ぜっとさん / 2019年2月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

飛行機

面白かった

のぞみ
のぞみさん / 2019年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クレヨンしんちゃんの映画だなとしみじみ

「これぞクレヨンしんちゃんだなぁ」というストーリー展開。ここのところイマイチな劇場版でしたが、久々に笑いが止まらなかったです!
最後の展開は人を選ぶかなぁと思うので、評価は3.5です。

じゃんじゃん
じゃんじゃんさん / 2019年1月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

奥義“クレヨンしんちゃん拳” ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画クレヨンしんちゃん26作目。
毎回毎回ユニークな題材がメインに据えられるが、今回は、『クレヨンしんちゃん』でカンフー!
…まあまあ、なんでカンフー?なんて事はこの際置いといて。

春日部にある中華街“アイヤータウン”。
そこで、カンフーを習い始めたマサオ。
彼に誘われ、しんのすけたちもカンフーを習う。
九つの“ぷにぷに拳”を会得し、目指すは伝説の奥義“ぷにぷに真掌”。
マイペースな師匠の下、一番弟子のランと共に、日々修行に励む。

その頃、春日部で怪事件が。
“ブラックパンダラーメン”製造の“食べたら病み付きになるラーメン”を食べて、人々が狂暴化していた…!

カンフーが題材なので、往年のカンフー映画のパロディーやオマージュ満載。
カンフー映画好きならニヤリとさせられるシーンもちらほら。
話の方も、修行して、横暴な悪漢が居て、それに立ち向かう…というカンフー映画の定番。
『クレヨンしんちゃん』という珍味を加味しつつ、前半は意外と正統派のカンフー・ムービー!

今回のメインキャラのランは、初期のクレヨンしんちゃん映画によく出ていた実質主役的ヒロイン。
明るく、ユーモラスな性格で、アクション仮面が好き。しんのすけとも気が合う。
元々孤児。アイヤータウンに育てられた。
正義感とアイヤータウンを愛する気持ちは人一倍強い。
ここ、終盤の展開の伏線。

主な舞台が春日部なので、お馴染みのキャラからサブのサブキャラまで多数出演。
売り上げ重視のチェーン店。クレーマーやコンプライアンスなどをチクッと風刺。
毎回ゲスト出演するその年人気になったお笑い芸人。今回はあのコンビ。

クレヨンしんちゃん映画は一作ごとに野原一家とかすかべ防衛隊の活躍が入れ替わり。
今回は、かすかべ防衛隊。
中でも、マサオに注目。
皆より先にカンフーを習い始めたマサオ。
その自信からか、幼稚園で不良園児に絡まれても泣かない。いつものマサオくんじゃない!
が、皆と修行を始めると、遅れを取ってしまう。と言うか、一つも技を取得出来ない。やっぱりいつものマサオくん…。
しんのすけに至っては、次々と技を取得。カンフーの天才児だった…?
それが悔しいマサオ。
つい、兄弟子だからと威張ったりしてしまう。
この人間的なダメダメな面や弱さ、分かるわ…。
嫌になり、遂にはかすかべ防衛隊を辞めると言い出すが…、
毎日地道でもコツコツと。
終盤、思わぬカッコよさを見せる。
かすかべ防衛隊の友情もいつもながら熱く、ほっこりと。

“右肩上がり”の勢力で、アイヤータウンを春日部を牛耳っていくブラックパンダラーメン。
師匠も敗北を喫してしまう。
そんな時、しんのすけとランが遂に九つの技を制覇。“ぷにぷに真掌”を会得する為、“ぷにぷにの地”に赴くのだが…、
ここの展開がかなりシュール。
カンフー映画から話がヘンな方向に…と危うくなるが、ちと意外な展開に。
ブラックパンダラーメンのボスと闘うが、その闘いの中で、闘う相手が、“悪”ではなく“正義”に。
誰がとは敢えて言わないが、憎しみ孕んだトゲトゲガツガツの正義感は、悪と紙一重。
正義とは? 平和とは?
ちょいと考えさせられる。

そんな絶対的正義に立ち向かうしんのすけたち。
その解決方法は…。
いかにも『クレヨンしんちゃん』らしい。
あの歌、耳に残る。
終始カンフー映画のノリを期待してたら、オチなど呆然とさせられるかもしれないが、おバカで、ユルユルぷにぷに、平和的に。
これぞ奥義“クレヨンしんちゃん拳”。

さて最後に、以前別の作品で触れたが、また改めて。
今年6月にしんのすけの声を勇退した矢島晶子さんにとって、最後のクレヨンしんちゃん映画に。
「お疲れ様でした」「ありがとうございました」の言葉を贈ったが、本作の台詞の中から、もう一つ言葉を贈りたい。

再見!

近大
近大さん / 2018年11月27日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最近の中ではよかった。

大人の~あたりからの作品は好きじゃないですが、懐かしキャラも結構出てきて個人的には楽しめました。

まさおが最高でしたね。今回は。

早く、昔のようなファンタジーあふれる映画に戻ってほしいと思っていますがその願いはいつかなうのかな、、、

第一歩として、旬な芸能人を登場させるのは止めにしませんか?
だれ得なんでしょう。みやぞんとか出しても、「あ、見たい!」と思う人は少ないと思いますが、、、

ちゃーるすとん
ちゃーるすとんさん / 2018年11月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

いろんな意味で記憶に残る ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ラストまでの流れはとても笑えるし、テンポ良い。
そしてあまりに唐突なオチを受け止められない人は居るだろうけど、まず記憶に残るし、もう一度ストーリーを見返したいと思える要素になっている。
やっぱり、子供向けのアニメ映画はクレしんが一番面白いなぁ

noritenpa
noritenpaさん / 2018年11月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待してなかった分面白かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

マサオくんがもっとかっこいい感じだとよかったな
ロボとーちゃんはまだ超えられない

桜井杏奈
桜井杏奈さん / 2018年7月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

テーマソング

GW恒例になりつつあるチビたちとの鑑賞だが、中学になった長男だけ巨匠の新作を観たいと別行動…
作品はさすが、安定の出来!私的には近年作品では一番好きかな!マサオくんが口ずさんでいたのはやはりあのテーマソング(๑˃̵ᴗ˂̵)

Shige12
Shige12さん / 2018年7月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

途中までは良かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

途中までの展開、特に蘭が力に取りつかれる流れはすごくいいと思ったけれど、最後の解決のしかたが微妙だった。
そこまではすごく面白かったけれど、オチを上手くつけられなかった印象。
主題歌はあれ以外考えられないくらいこの映画にあってました。
オチの伏線回収は良かったけど、ただあれは強引すぎるな、、という感じです。

しゅんぺー
しゅんぺーさん / 2018年6月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

軽すぎ

子供でも納得してなかった

とらきち
とらきちさん / 2018年6月17日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん

今までの歴代のしんちゃんは全て見てきましたが、
個人的には今作はあまり……。

ユメミーワールド頃から映画の内容の年齢層?みたいなものが下がっていると思うんです。
だから、幼稚園児くらいや小学校低中学年くらいなら終盤まで面白い作品だと思います。

でも話自体は面白いと思うので、見に行ってみてはどうでしょうか。

陽月
陽月さん / 2018年6月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

孤高のシリーズの意地を感じる傑作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

予告編からは想像もできない壮大なストーリー、そして練り込まれた…というよりも、絶対に順当には終わらせないぞとひねり上げた、意地を感じる脚本。
さすがとしか言いようがない。

まさか中国まで行くとは思っていなかったし、ランの闇落ち具合、ぷにぷにの精?の振る舞いなど、「ぷにぷに」のテーマの伝え方が秀逸。これってしんちゃんの作品の全体のテーマだよね、と。

ちなみに、思わず観光してしまう野原家のシーンは、ぷにぷにの魂を持つ野原一家と闇落ちするランの対比、そして「本物のパンダに触りたかったしんのすけ」の伏線になっていて、本当に緻密。

マサオの悲しみと素直さ、それを評価するかすかべ防衛隊など、キャラの立たせ方は完璧。マサオはちゃんとした大人に育つな、と確信した(笑)

大人にもこどもにも伝わる。このメソッドは「クレしん式」と命名すべきと思う。

こうへい
こうへいさん / 2018年6月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

しんちゃん★

設定に新鮮さがあって、
大人でも笑える要素がたくさんあって、
最初から最後まで飽きずに見れたのが
とても良かったです♡(o^^o)

cca☆oro★
cca☆oro★さん / 2018年5月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ぷにぷにと観られる

TVアニメはしばらく観られていない中、劇場版を鑑賞。久しぶりに見るキャラも登場しており、懐かしさも感じる。

カンフーがテーマという事もあり、春日部防衛隊のみんなや蘭ちゃんがよく動く。『クレヨンしんちゃん』らしくおバカな一面や突っ込みたい箇所もあり、ぷにぷにと柔らかく観られる作品だった。

ゆぅい
ゆぅいさん / 2018年5月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いやー

年々面白さが低減してるよね

ゆう
ゆうさん / 2018年5月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クレしん映画に社会問題を混入するとはなかなか…

鑑賞する人によって捉え方が違うであろうため、本作品はなかなかに秀逸といえる。
一見するとありきたりなテーマ性のいつも通りのクレしん映画だったが、その裏には今問題となっている「移民の受け入れ問題」を題材としていると観れた。
よく観ていると、冒頭辺りにアイヤーパークは中国からの移民たちが作った街と説明されている。

鳳凰院凶真
鳳凰院凶真さん / 2018年5月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

無理矢理感 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前半部分の、悪者にやられた師匠を助けるために修行して奥義を蘭ちゃんが会得してしまったシーンですが、正直無理があると思いました。
いくらパスポートを持ってるからと言って家族4人+蘭ちゃんの旅費を野原家が持ってるわけないですし、かと言って蘭ちゃんが持ってるのにも無理があるはずです。いきなり都合よく中国に行くのはおかしいなぁと。なにか説明のひとつは欲しいところでした。
蘭ちゃん可愛かったし、強大な力を手に入れたが正義感が強すぎて悪堕ちするという展開は僕としてはすごく大好物な展開なので映画自体は大変満足してます。

裏切り者の名を受けて全てを捨てて闘う藤原肇
裏切り者の名を受けて全てを捨てて闘う藤原肇さん / 2018年5月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

50件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報