劇場公開日 2018年1月27日

  • 予告編を見る

ジュピターズ・ムーンのレビュー・感想・評価

3.021
9%
39%
33%
13%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全21件中、1~20件目を表示

3.5不信感がもう当たり前の世界で。

ytoshikさん
2020年5月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

興奮

知的

全面的にキリスト教的教養もないと、何の話?で終わるのは日本では当然かも。
これSFなのか、科学的に楽しむ要素はほとんどないし。まさか題名からそうジャンル付けしてないよね。w
ハンガリーが、難民拒否の時代によく作ったなと思うけど、本編では金がある程度自由になるから、カンヌではあまり受けなかったのかも。
シリアで父親大工は分かりやす過ぎて、「あ、そうなのね、じゃ飛べるわけだ。復活したわけね。」と急に納得するわけだけど、靴ひももエピソードとしては、分かりやす過ぎて聖書的にちょっと安易に見えたのかもね。
メッセージとしては、経験のない事をただ怖がって逃げるだけの社会に幸福が訪れるのかという問いかけかな。
天使も復活も、経験として認知してないから、ありえない事で終わり。
空中浮遊も、できる人間がいる事を人類として認知してないだけなんだけど、絶対にないという世界。
そして、それを超えて来る奇跡は、却下されていく。ラストシーンは、立ち止まって空を見上げて、神の意志の表れを受け取るべし、というような安直な演出と受け取られちゃったのかなぁ。
登場人物にあまり魅力がないのと、キリストをもってきたわりに、医師の悔い改めも中途半端で、佳作といった所。リアリティ保ちたいのはわかるけれど、という。
でもメッセージは、とても重要な点をついているので、もっとそこを深堀したものを次回以降に期待。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ytoshik

4.0奇蹟を眼にした人達

ずんさん
2020年5月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ずん

3.0卒倒する人、大金をくれる人、自殺する人

kossyさん
2019年7月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 アリアンを天使だと信じさせて金を稼ぐ医師シュテルン。執拗に追いかける刑事ラズロ。そして本物のテロリストがアリアンのパスポートを持っていたという事実・・・

 宗教を信じているかどうかで空中浮遊する少年の見方が変わる。シュテルン自身が無宗教だたために諫められるシーンもあったりして興味深い。刑事からも逃れなければならない金儲けの旅、父親の職業を尋ねたときの反応も面白かったのだ。もしやキリストの再来?単なる超能力者ではなさそうだった。

 シリア難民問題と、根強い人種差別。こうしたテーマに乗せて幻想的な人間浮遊をファンタジーだけでは終わらせないところが良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

2.0ヨーロッパ映画やな

JKさん
2019年7月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

この感じは、俺には合わない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JK

1.0これは

2019年4月4日
iPhoneアプリから投稿

たまに映画借りる人は、借りない方がいいですね。
淡々としてるかな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
のりぽん

3.5天使

2018年12月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

シリアからハンガリーにやってきた不法難民が主人公。
越境するとき、国境警備隊から銃撃され死んだはずだったが、息を吹き返し不死身で浮揚する能力を身につけていた。
これを見た医師がうまく利用して金もうけしようとするが・・・。
自分がどうなったか分からない青年と、とてもせこい医師の組み合わせだが、ラストは感動ものだ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.5初感覚の興奮と映像美

2018年8月8日
iPhoneアプリから投稿

撃たれたことによって空中浮遊する事が出来るようになった難民の少年と、当初それを利用して金策を企むが、次第に彼に息子的な愛情を持ち始める医師の話。
まずハンガリーが難民問題でこんなにも混沌とした世界に描かれているのに驚き。
そして何より空中浮遊という奇想天外な設定ながら、その混沌とした世界を舞う少年の姿は、息を呑むほど美しい。
近いところで、ヨーロッパの難民問題を独自の視点で描いた作品ではカウリスマが記憶に新しいが、こんな斬新で興奮に満ちた世界観は見た事がない!
ただ少し長尺で医師の話に焦点が当たるあたりは中だるみするので4.5。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
まぁみどり

3.5シリア難民について知りたくなる

reiさん
2018年2月25日
iPhoneアプリから投稿

SFエンターテイメントの皮を被った社会派映画です。いい意味で、監督の策略にはめられました。
視聴後、監督のインタビュー記事を読んで評価が上がりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
rei

3.0苦手

ひでさん
2018年2月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

23本目。
最初は面白そうって思ったけどね。
アート感覚な感じがしないでもないけど、長い。
時間の長さをテンポでカバーして欲しいとは思うけどね。
ちょっと苦手。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひで

3.5確かにヨーロッパの映画

Momokoさん
2018年2月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難民への態度が厳しいハンガリーは、それでもヨーロッパへの玄関として難民があの手この手でやってくる。
難民に銃口を向ける国境警備にまずびっくり。

空中を浮く能力を、天使として利用するなんて、医師としては?ですが、みんなに信仰心があるのが前提ですね。しかし、この天使は病気は治さない。

リズムや展開には入り込みにくい所がありましたが、最初の川と森、街並み、空の美しさにうっとりしました。夕暮れ、朝焼けの空の美しさが心に残りました。

音楽も良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

3.0がっつり社会派な作品

A.TAKEさん
2018年2月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

移民問題や紛争、宗教や民族が絡んだがっつり社会派な作品。予告で感じるSF的な要素はほぼないです。小説を読んでいるような観る側に想像と判断を委ねられている感じがしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
A.TAKE

2.0あれ?少年ってあらすじにありましたけど。

saramaroさん
2018年2月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

色々な映画サイトのあらすじに「少年が」と書いてあったのは記憶違いかしら?
少年?青年?…どうみてもどちらにも見えない30過ぎだよぉ…。
最初の出だしの、難民となりヨーロッパを目指す迄は良かったのだけど、それ以降話がどこに軸を置いてるの?と。
監督が大好きな人以外お勧めしません、時間とお金の無駄です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
saramaro

2.5「空を浮遊できること。」の意味合いが薄い。

2018年2月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

ラスト、アリアンの浮遊する場面が良かったです。
最近のシリア問題・難民問題を題材としている作品。
しかし、主人公アリアンが重力から解き放たれ、空を浮遊する。この自由に
飛べることを「天使」のように着想させるのは「?」。
思いのまま浮遊できるということは、この作品の主題にも繋がっているのだろうが、都合が良いものに仕上がっている気がしないでもない。父ムラッドは、空を浮遊できない。アリアンとシュテルンの関係がホロリとさせらた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
突貫小僧

2.0おいらは救われなかった…

2018年2月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

悲しい

空中浮遊はワイヤーだそうな。
平衡感覚奪われそうなカメラワーク。
ムンドルッツォ監督の
前作のワンちゃん映画に続き
ラストシーンの神々しさが印象的。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しげぴい

1.0おもんない

2018年2月2日
iPhoneアプリから投稿

難民問題と繋げたいんだろうけど、全く感情移入できないのでそのテーマにすら気付けない。
最初は金儲けで近づいた医師が今の欧州人のメタファーなら、彼が主人公を助けたいと思い直すきっかけと理由がこの作品において最も大切なはず。
だけど、いきなり優しくなって「君は天の遣いだ」なんて言われても、こっちはついていけませんわ。
金儲けの方法も、飛んでるだけでなんでみんなお金くれるの?すごーいとしかならんだろ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おっくん@今年は劇場で50本目指す

3.5シリア難民問題で揺れるヨーロッパに、天使が降臨する

Naguyさん
2018年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Naguy

5.0こんな映画を待っていました

Noboruさん
2018年1月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

普通のアクション映画や、SF映画を期待して観にいかれた方には納得出来る作品ではないです。

これは、アンドレイ・タルコフスキーやイングマール・ベルイマンのような
文芸作品を観るつもりで、観に行くべき映画です。

それでいながら、マーケット向けの展開や演出もあり、
個人的には、エンターテイメントと映像芸術とのバランスがとれた作品だと思います。

ただ、日本人として説明不足に感じるのが、
冒頭で説明させる、映画の題名となった木星の月のひとつ、エウロパがヨーロッパの語源であること、
これが説明されないので、
映画を解釈する上で大きなマイナスになっているのが残念です。

これを念頭に、映画をみれば見方が変わると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Noboru

3.0ジャンル不明

ゆうさん
2018年1月29日
Androidアプリから投稿

面白そうだったが、可哀想だし微妙だった。医師が人間的に成長する(年だが) のは良いが、逃げるシーンが多く何だか慌ただしい 現代人は空を見上げないというのは確かにと思った いつも低い所ばかり見てるので

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ゆう

4.0ハリウッド・リメイクもありでは

hanataro2さん
2018年1月29日
PCから投稿

こちらのレビューでは評価が低いが、自分は楽しめたし、良作だと思いました。主人公が神的存在になりえたのか否かはわからないが(映画後半の屋上で主人公が、医師の頭に手を置くシーン)、内容は非常に面白い。ハリウッドでリメイクされるのではと思います。ただ、酔っ払い運転で、あんな運転は出来ない。医局でパーティーはしない(私は医師です)。あんなに胸をはだけたナースはいない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hanataro2

2.0天使

Bacchusさん
2018年1月27日
Androidアプリから投稿

幸せ

悲しい

ハンガリーに不法入国した際に銃撃を受けて何故か身の回りの重力を操れる様になったシリア人難民の青年と、彼を利用して金儲けを企む難民キャンプで働く医師、それを追い蛮行を隠蔽したい警備隊の話。

ただ浮かぶだけではなくてそんなことも!?というところはあったが、基本的には凶暴さが微塵もない主人公で、そこからの拡がりはあまりなし。

なんか色々出来そうだけどそういう話じゃないからということか。

はぐれた父親との再開の為に、欺されていると気付きながも医師を頼る主人公と、金儲けの為だった筈が情がうまれる医師との関係の変化をみる作品という感じで、それ程衝撃的なものはないし、みる側に委ねるところが結構あるラストではあるものの、それなりには楽しめた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Bacchus
「ジュピターズ・ムーン」の作品トップへ