「思いのほか過激だったw」ピーターラビット 青空ぷらすさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ピーターラビット」 > レビュー > 青空ぷらすさんのレビュー
メニュー

ピーターラビット

劇場公開日 2018年5月18日
全154件中、6件目を表示
  •  
映画レビューを書く

思いのほか過激だったw

ピーターたちとトーマスの争いが思いのほか殺伐としていてビックリ。
特に、ブラックベリーアレルギーのトーマスの口の中に…っていうシーンは、さすがにちょっと引いてしまった。

なので、好き嫌いは分かれるかもしれない。

ただ、トーマスの方だってピーターたちを殺そうとするわけで、そういう意味ではイーブンだと思うし、パッケージは随分変わってるとしても原作者ビアトリクス・ポターの精神や考え方は、映画の中に活きているのではないか。とも思う。

ただ、トーマスとは話せるのにビアとは話せないとか、動物が普通に服を着ていることを誰も不思議に思わないとか、その辺のルールが曖昧なのは少々引っかかったかな。

青空ぷらす
さん / 2018年11月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報