僕の帰る場所

劇場公開日

  • 予告編を見る
僕の帰る場所
僕の帰る場所
26%
37%
15%
11%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本とミャンマーを舞台に、ある在日ミャンマー人家族に起こった実話をベースに描いたドラマ。東京にある小さなアパートに暮らすケインと幼い2人の息子たち。夫のアイセが入国管理局に捕まってしまったため、ケインは1人で家庭を支えていた。日本で育ったため、母国語が話せない子どもたちに、ケインは不慣れな日本語で精いっぱいの愛情を注いでいたが、兄弟は父親に会えないストレスからケンカを繰り返す毎日。そんな日常から、今後の生活に不安を抱くようになったケインは、生まれ育ったミャンマーへ帰りたいという思いが募っていく。監督は本作が長編デビュー作となる藤元明緒。2017年・第30回東京国際映画祭「アジアの未来」部門に出品され、同部門の作品賞および国際交流基金アジアセンター特別賞の2つの賞を受賞した。

2017年製作/98分/G/日本・ミャンマー合作
配給:E.x.N

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5家族に共感すればするほど、この国の冷淡さにやりきれなくなる

2018年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

幸せ

夫婦役2人と子役2人、その驚くべきナチュラルな演技に、この家族がミャンマー人だとか難民だとかは関係なくたちまち魅了される。そうして自然と彼らに感情移入すると、この家族を翻弄する現実の過酷さと不確かな未来に激しく心揺さぶられることになる。日本人がほとんど知らないわが国の難民受け入れの現実や難民家族の暮らしぶりなど、観客にとって学ぶべき点が多々ある。

ドキュメンタリータッチの手持ちカメラが、作品のテーマを効果的に浮き上がらせる。BGMで流れる分散コードのギターは、シンプルな和音と残響が印象的で、あるときは家族の距離感と孤独、あるときは調和と絆を象徴するかのよう。本作が長編デビュー作となる藤元明緒監督。またひとり、才気あふれる映像作家が登場した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高森 郁哉

4.5グローバル化ーこの映画は日本にたくさんいる子の心の代弁。

2019年9月28日
PCから投稿

泣ける

萌える

長男ーカウン君ーの、物静かで、いろいろなことを訴える瞳が忘れられなくなる。

帰国子女の逆版。
二つの祖国。自分はどこに根差すのか。
産まれてから/もの心ついてからずっと染みついた文化。
自分のルーツの文化。

大人なら自分で選択していけるが、子どもはただ受け入れるしかない。
この映画の子どもたちは特殊なケースに見えるかもしれないが、東京都の幾つかの区では、クラスに数人、日本人以外のルーツを持つ子や、帰国子女は当たり前で、とてもとても身近な問題。(映画での、長男の友達も普通に長男を受け入れている)

UNHCR WILL2LIVE映画祭2019にて鑑賞。
映画の上映後、監督の話も伺えた。

あえて、”難民の〇〇”さんというレッテルではなく、日本に暮らすあるミャンマー人家族の風景として撮影したそうだ。
 だからか、彼らがなぜ自分を難民とみなしているのかが、伝わってこない。
 単に、日本で暮らしたい/育てたい/教育を受けさせたいだけじゃないかなんて思ってしまう。ミャンマーでダメなら、日本で、日本でダメなら、ミャンマーでと動いているだけのようにみえ、申し訳ないが、親の都合に子どもが振り回されているように見えてしまう。だから余計に、二人の子どもの心の叫びに身が引き裂かれる思いがする。

とはいえ、このように撮ってくださったからこそ、日本で暮らす、日本以外のルーツを持つ方々の子どもーダブルと言われる子も含むーや、帰国子女たちを思い出して、胸が痛くなってしまった。

不法入国労働者。
 彼らは自分の国で稼げないから日本に来る。けれど、彼らを必要としているのは日本だったりもする。いわゆる4K・5Kと言われる労働現場。失業率が0%でないのにも関わらず、後継者・労働者不足で閉鎖せざるを得ない零細企業。労災を産む、もしくは生み出しかねないような労働環境を整えられないくらいのギリギリの経営を強いられている下請け。そんな経営者にとっては、まじめに働き続ける外国人労働者は救いの手なのだ。
 不法入国労働者というと、すぐに犯罪というイメージが刷り込まれているけれど、それはマスコミ等の取り上げ方のせい。多くは、警察に目をつけられたら強制送還になるから、ひたすら目立たぬように地味な生活をしている。幼子を公園で遊ばせている時に、警察に捕まったら、家族離散になるからと、家の中だけで子育てしていた家族に出会ったこともある。3歳だという子の体格は1歳くらいしかなかった。救いは、ネグレクトされた子とは違い、愛着・精神発達の点では問題がなかったこと。

不法以外の人々も来る。
 すでに日本に定住している人を頼って、送り込まれる子ども達。日本で質の良い教育を受けさせるためだ。勿論、大学等は、もっとスッテップアップできる異国の機関を狙っている。子が望んでくるのならいいのだが、本人は国で親や友達と成長したいのに、親の意思で送りこまれる。受け入れる家族が、その子のために配慮できるならいいが、『シンデレラか落窪物語か?』という生活を強いられている子もいた。ディズニーランドに行くなら、その子も連れて行ってやれよと怒ったこともある。そこまでひどくなくとも、一族の期待を背負わされて、どれだけのプレッシャーなのだろうか。
 家族で来て、友人ともうまくいったケースでも問題が出る。宗教や親の考え方で、遠足や給食・部活・TV番組・コンサート等、友人と同じ活動ができないで、泣いている子も多い。
 親の都合・考え方で、あっちの国とこっちの国を行ったり来たり。自分がどこにアイデンティティを持っていいのか混乱して、引きこもりとなる子もいる。
 日本で叱られれば、あっちの国で暮らすからといい、あちらでうまくいかなければ、日本で暮らすからといい、努力しない子もいる。
 国・文化によって、認められるポイントや制度が違うから、どう頑張っていいのか混乱してしまい、最終的に努力する気がなくなる子もいる。

安定した生活・安定しかつ高度な教育を求め、ステップアップすることを望むことの、何が悪いのだろう。詐欺のような手法で誰かを食い物にしてのし上がろうとするのではない限り。
 悪いのは、自国でそれが叶わないこと。
 そして、相田みつを氏の「奪い合えば足りぬ。分けあれば余る」が頭をよぎる。

勿論、うまく適応している子もいる。
 留学の最大の長所は、世界各国に友達ができること。留学した先の人々だけでなく、その留学先に集まった人々とも友達になれる。そんな縁が平和に繋がるのだとしたら、日本人が世界に出ることを推奨する前に、今日本にいる外国籍の方々を大切にしなくちゃいけないだろうに。

言葉。それはコミュニケーション・意思疎通を助けるもの。
と同時に、文化の継承。
そして、考えを深めるためのツール。
 早期からのバイリンガルで、思索を深める手段を失ってしまった人たちもいる。
 この映画の母と子も、言葉が通じなくとも、気持ちは通じている。
 途中で映画に現れるディズコミニュケーションは、実は言葉の問題ではない。
 母の「こうあってほしい」と、子の「こうあってほしい/こうしたい」のぶつかり合い。それは、同じ言葉を話していても起こりうること。
 伝えたいことと伝えたいという思いと、理解したいという努力があれば、ボディランゲージだってなんだって伝わるんだ。母が怒っていること、嬉しがっていること、調子が悪いこと、良くなってきたことは、母をみている長男には全部わかっている。反対に、心配に押しつぶされて、子の心の動きを見なくなった母には自分の心配しか見えていない。

そんな一般家庭でも行われているような自然な交流がドキュメントのように紡ぎだされる。
 母と長男・次男は本当の親子だそうだ。そして、実際の撮影の1か月前から父役と家族として接してもらっていたそうだ。次男以外には”演技”をしてもらったが、次男には、映画として欲しい言動が起こるようなシチュエーションを作って、次男の反応を待って撮ったという。「演技ということを理解できない年齢だった次男役のテッ君に悪いことをしてしまった」とおっしゃっていた監督の、彼らを見つめる優しさが、そのまま映画の雰囲気となっている。
 初めて演技する出演者が、やりやすいように設定を工夫したとはいえ、父を演じたアイセ氏も、母を演じたケインさんも、初めての演技とは思えぬ姿に引き込まれる。
 そして、何よりも、長男を演じたカウン君。何もかも初めての中で、その時々に起きる出来事に、大きな目を見開いて、一生懸命、自分なりのやり方で対応しようとする姿が心に残る。

 異国の地、というだけでなく、同じ県内でも”転校”せざるを得ない子ども達。
 抑うつ状態の親を持つ子ども達。
 離婚や単身赴任等、家族が別れ別れになってしまった子ども達。
 家族や友達、保育士や教員他、慣れた場所とか、やり方がわかるということも含めて、子どもを取り巻く環境を考える上でも、カウン君のような経験をする子どもが見せる表情・サインを受け取れる大人でいたいと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とみいじょん

3.0私達は正解の無い世界に生きている

2019年4月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
bloodtrail

3.5日本って難民とか関係ない話だと思ってるけど

2019年1月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

日本で暮らす難民認定待ちのミャンマー家族の物語。
.
何回も何回も難民申請するんだけどいつも通らず、審査官的な日本人は国に帰った方がいいんじゃない?と冷たい態度。
.
このエピソード実際の日本在住ミャンマー人の体験談らしくて、いつもヨーロッパとかの難民の映画見てもうちょっと気持ち考えろよとか思うけど日本だって同じなんだね。泣けるよ(笑).
.
そもそも自分達日本に難民なんていないって思ってるような所あるけど、申請してる人はめちゃくちゃいるらしい。ヨーロッパではまだ問題になってるけどニュースにもならない日本はもっと酷いな。
.
なんか最終的に奥さんが日本にいたくなくなって、ミャンマー戻るんだけど、子供が可愛そうだったな。ずっと日本で暮らしてきたからミャンマーの汚い生活は無理でしょう。変なお祈りとかさせられてるし(笑).
.
お母さんは子供にミャンマー人なんだからってミャンマー人になることを押し付けてるようなところが気になった。日本かミャンマーか選ぶのは子供の自由だと思うんだが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
せつこん
すべての映画レビューを見る(全12件)