劇場公開日 2017年12月23日

  • 予告編を見る

ダンシング・ベートーヴェンのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全12件を表示

3.0人類皆兄弟

2018年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

ベートーベンの第九、振り付けはモーリス・ベジャール、踊るのはベジャール・バレエ団と東京バレエ団、演奏はズービン・メータ指揮のイスラエル交響楽団、会場は東京。
カメラはリハーサルを追いかけながら、この公演の意義を提示する。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0才能の怖さ

ふわりさん
2018年2月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

ダンスシーンは少ないんですが、才能の差が歴然とわかる作品。
ドキュメンタリーとして、とても良くできた作品だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふわり

2.0友達は良いといったが…

あきさん
2018年1月20日
iPhoneアプリから投稿

贔屓目にもあまり良いとは思わなかった。 ダンスシーンが少ないと言ったところ事情があり納得。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき

5.0佐々木忠次さんの功績

2018年1月14日
iPhoneアプリから投稿

映画ではエンドロールに名前が出てきただけだけど、日本舞台芸術振興会の佐々木忠次さんの夢が実現した公演だという事を改めて実感しました。オペラの客はオペラしか観ない。バレエの客はバレエしか観ない。クラシックの客はクラシックしか聴かない。そんな状況を打ち破るには、うってつけの作品だからです。

東京バレエ団を作り、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場などの一流歌劇場の招聘。パリ・オペラ座バレエ団、英国ロイヤルバレエの招聘など、その恩恵を受けたファンが多く存在しています。でも、ファンはバラバラ。

モーリス・ベジャール、ズービン・メータ、イスラエル・フィル、東京バレエ団を結びつける事が出来たのも、日本のインプレサリオと賞賛された佐々木忠次さんの存在があっての事でした。

「第九」公演自体は、東京で上演されたパリ・オペラ座バレエ団と今回の公演を観ていますが、ベジャールの作品としては大掛かりというだけで平凡なものでした。

映画では、本番もリハーサルもいいとこしか見せないので、作品の傷が分からないのです。リハーサルが一番面白いので大満足ですが、バレエ評論家の三浦雅士さんの俗っぽいところや東京バレエ団の飯田宗孝さんのコメントなど、かなりいたたまれない感じになります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
劇場の天使2

4.0オプチユニストで行こう

Momokoさん
2018年1月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

音楽をそのまま踊っているかのような、素晴らしいバレエだった。彫刻が動いているみたい…
人類はみんな兄弟。この楽観性にこそ未来がある。繋がってない人はいない。辛い孤独に苛まされている人はまだこの繋がりが見えないだけ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

3.0良い映画

stoneageさん
2017年12月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

バレエ公演のリハーサルをドキュメントした映画。しかし、肝心の本公演をもっとしっかりと見せてくれなければ、この映画の中で語られる「人類は皆兄弟」というテーマが伝わって来ない。バレエが超一流なのに残念。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
stoneage

4.0バレエダンサーは選ばれし人

2017年12月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

バレエダンサーは贅肉とは対極の位置にいて、でも踊るための筋肉は必要で、さらに美しくなくてもいけなくて。怪我をせず、もししたとしてもうまく付き合える能力も必要で。
見事な踊りをみせる彼らは選ばれし人だなあとつくずく思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
moonlight70

3.0舞台は熱い!

ころさん
2017年12月25日
iPhoneアプリから投稿

ラストに説教されるとは。それまでの映像で伝わっていたのに、残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ころ

4.0「希望はつねに勝利である」

SungHoさん
2017年12月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SungHo

4.5ベートーヴェンの第九×モーリス・ベジャール×ズービン・メータという天才たちによる豪華絢爛な舞台

Orbitさん
2017年12月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

興奮

知的

今は亡き、バレエ界きっての振付師であるモーリス・ベジャールによって完成された”第九交響曲”。当初は再演不可能とされたこの舞台が2014年に東京のNHKホールで上演され、21世紀史上最高と称賛されることになる。

圧倒的なスケールで魅せたこの公演には、ベジャールの後継者であるジル・ロマンはじめ沢山のダンサーたちのたぐいまれなる努力と覚悟があったことは優に想像はできるが、映画を鑑賞して更にその凄みを感じられた。しかし、そこにはベジャールや作品、仲間への愛が溢れていて、その”人間臭さ”が心地よく、ついついわたしも彼らの世界にのめりこんでしまった。

晩年難聴だったベートーヴェンがこの舞台を観たらなんと言っただろうか・・・。きっと頭の中で彼の思い描いた音が鳴り響いたに違いない。

2017年の年末をこんな作品で締めくくれたことが嬉しくてならない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Orbit

4.5舞台裏が熱い。

KAZUOさん
2017年12月21日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

幸せ

第九を踊りで表現するダンサー、指揮者、オーケストラたちの情熱。総勢350人にものぼる人たちが創りあげていく舞台裏がめちゃめちゃ熱い。年末年始に観ると気持ちいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KAZUO

3.5ドキュメンタリー色が強めです

2017年12月20日
PCから投稿

知的

難しい

もっと踊りのシーンが見られるかと期待していたら、予想より少な目。
ラストはスクリーン上で圧倒的なシーンを見せ付けてもらい、余韻に浸りたかったので、ちょっと物足りない感じ。
あくまで「ドキュメンタリー」映画です。

ベジャール自身も写真でしか登場せず、2014年の『第九』の再演にかかわったメンバー達を追う構成。

実際にモーリス・ベジャールバレエ団の日本公演を見に行くレベルのファンなら、関係者・ダンサーのインタビューや練習風景といった舞台裏を覗くのは楽しいと思います。
私は三浦雅士さん(舞踊研究者)の語りがすごく印象に残りました。

でも「バレエ興味あるかな」くらいの方だと、少し退屈かもしれません。
(試写会で鑑賞しましたが、居眠りしている方が散見…)

コアなバレエ好きのための映画です。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
めいべいびー
「ダンシング・ベートーヴェン」の作品トップへ