魔法少女リリカルなのは Detonationのレビュー・感想・評価

魔法少女リリカルなのは Detonation

劇場公開日 2018年10月19日
41件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

もう限界だろうな…

正直コレ書いてる時点で公開2月、その時点で最早ほぼ公開終了の状態。
出来の酷かったストライカーを避けたとしても、この有様。
やはり、このシリーズの限界がこの辺りなのだろうな…

作品としてもキャラが出過ぎの上インフラし過ぎて、誰が誰で悪党なのだか判らん有様。
正直、別コンテンツから予習して映画を観るなんぞ論外だし。

それでもこのシリーズ、トータルで劇場を4本もやれたのだから、ソコソコだったのだろうか?

nori
noriさん / 2018年12月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動した

見応えがありました。

オレオレヲ
オレオレヲさん / 2018年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い、面白いのだが...

ただひたすらに詰め込んだ感がすごい。
ストーリー自体は悪くないのだが詰め込んだせいで唐突感がすごい。主に敵側。
ラスボスも目的は理解できるがぽっと出感強く、なんとも言えない感じ。
これなら映画にせずアニメ1クール放送してもっとちゃんと描写にて欲しかった。

極石鹸
極石鹸さん / 2018年11月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

全力全壊(違!!)の戦闘シーン

作品としての出来は概ね満足です。なのは元々王道的な展開が売りなので話がワンパターン化は仕方ないにしてもバトルアクションは何度も見ても飽きない展開になってたと思う。
さすが『熱血魔法バトルアクション』シリーズを売りにした作品だなと、概ね2005年に放送されたTV版A's頃に確立させた製作スタイルは健在だなと実感できました。
挿入歌も今回は4曲入りと大盤振る舞いな上にここぞというシーンに直接かかりますので場の雰囲気作りに一役買ういい構成でした。
新旧問わずなのはファンの方には見て頂きたい作品です。
今後のシリーズの躍進に期待してます。

kurose kurono
kurose kuronoさん / 2018年11月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

萌えではなく、燃え映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

1回じゃ涙腺が潤い過ぎて内容が頭入らないので数回視聴しました。
最高に熱くて泣ける最高のなのは映画でした。

バトルアクションは一番派手だったかな?あれもうガンダムだし(笑)
ただ派手すぎて目が疲れる…1回見ただけで頭痛が、、、。

良い点
・可愛いキャラ達の派手なバトルアクション
これに尽きます。映画のほとんどが戦闘シーンでしたねぇ
特に後半の合体技には痺れました。

難点としては
・敵が小物に感じる
周りに強い味方が多すぎて、敵がフルボッコのリンチ。
もっと距離的な制限をした方がよかったのでは…。

・キャラが多すぎて一部のキャラ以外凄い薄味。
前編はともかく後編は戦闘だらけだったせいか非戦闘キャラの子が一言二言程度の子ばかりで呼んだ意味あるのかと…。

・バックアップ体制強すぎ
どんな怪我しても簡単に復帰しちゃう辺り、さすがなのはシリーズって感じ。
あそこまで大怪我したら家族総出でお見舞いするシーンがあってもいいと思うのですが…治るとは言えなんか軽くない?
フェイトちゃん可愛かったからいいけど。

・変身シーンがない(これ重要)
魔法少女アニメだよね?変身シーンがないのはアカン(笑)

ボロボロに泣かされて素晴らしい映画でしたが、最後のムービーはやめて欲しかったかな。

ちくわぶ
ちくわぶさん / 2018年11月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

「うつむかないでいられる生き方」の答えを散りばめた物語。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

タイトル括弧の言葉は、なのはシリーズを語る上での一要素として度々目にしてきたものなのですが、つまりは各キャラクター達の生き方の指針…命題について注目し本作を観た時、この言葉を当て嵌めるのが非常にしっくりきたという評価です。

俯きたくなる瞬間っていうのは人それぞれ心当たりがあると思いますが、逆に一度も俯くことなく生きられる人はいないはず。普遍的なテーマです。
だからなるべく前向きに生きたいけど、もし目を伏せてしまった時にはどうするか。というのが個人的に思う「なのは」の人間ドラマの部分であり、実際あらゆるキャラクターにそのドラマは用意されていたと思います。

俯いてしまった者がもう一度顔を上げ前を向く方法は二つ。
「誰かの呼び掛けに応える」か「自分でなんとかする」かです。

前者は周りの人達の助けを借りることで立ち直るという手段。優しさや愛情を受け取り、それを受け入れる。
キリエや守護騎士達をはじめ多くのキャラクターはそうやって未来に向かっているのではないかと。
「与えられた愛を受け止める強さ」がドラマになる子もいて、これはフェイトが特に顕著でしょうか。

後者は作中でも限られた人物にのみ言えることだと思います。基本的にみんな身近に大切な人がいてお互い支えあっているわけだから、誰の助けも借りられないという状況にはならないので。

でも本作を観て確信したのは、主人公・高町なのはは完全に後者だったということでした。

彼女が選んだ道、俯かないでいられる生き方は多分、「常に顔を上げて、救うべき誰かに呼び掛け続けること」だったのではないかな。下を向いていても、好きになれないままの自分の足元しか見えないから。
でも同じように下を向いて泣いている子の声に気付ければ、声を掛けて目を合わせ、自分の全てを捧げることが出来れば、それが自分の存在理由になる。
どこまでも遠く、まっすぐに届く魔法も、そんな彼女の気質の表れかも知れない。文字通り自分の身を顧みないあの戦いぶりも。

当然なのはにはそんな自覚はないでしょうしファン目線の単なるこじつけに過ぎませんが。
それでも今回はじめて描かれた主人公・高町なのはの深い内面とその人物像にもの凄く納得がいったのと、それがこれからの未来では良い方向に向かっていくという希望が垣間見えたので、本当に素晴らしい感動がありました。

現時点で3回観賞済みで、初回から十分に感動していたんですが、3回目はもう何度泣いたか分からないくらい胸を抉られました。
長いファンの方は分かるかもですが、「なのは」の魅力は何度も見ることでやっと理解できる部分が多いんです。

自分はまだまだ映画館に通う予定でいます。
少しでも興味がある人は特典がもらえるうちにでも是非とも。

fumina
fuminaさん / 2018年11月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)

残酷です

昨年の前編と同じように、なのはの活躍が少ないのが残念でした。
まあ、あれだけキャラがいたら、仕方ないですかね。
話の展開も、いつものパターンですね。
せっかく前後編にしたので、もう少し練った展開にして欲しかったです。
それより、ラストの宇宙空間での結末は酷すぎます。
いくら世界を救ったとしとも、あそこまで残酷にするのは、納得出来ません。
相手が強いのをアピールしたいのでしょうが、限度があります。
魔法で元に戻るから・・では済まされません。

はるっち
はるっちさん / 2018年11月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

なのはDetonation見てきました~~ 前作から続いていたもや...

なのはDetonation見てきました~~
前作から続いていたもやもやの数々が
本作で全て払拭されたので好印象です
バトルシーンも最初からクライマックスの状態を維持したまま
終わりまで突っ走るので興奮覚めぬまま最後まで見れました
見れてよかったですよ~~

リュオン
リュオンさん / 2018年11月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

面白い面白くなかったではなく、辛かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

※そもそも私は前半が辛かった人です。
※過去作との比較とか知らんがな、という人はそっ閉じでお願いします。

背景がすごく動いていたのはよかったです。
BGMも。
良かった印象はそれぐらいです。

多分なんですが、StrikerSから入って、StrikerS大好き!という人には良かったのではないでしょうか。

映画の尺もあって仕方がないと思うのですが、キャラクターの抱えてる葛藤がほとんど見えなくて、とても見ながら「うーん…」となってしまいました。

*********

・キリエの心の切り替えが早すぎる。
過去作を掘り返してで申し訳ないんですけど、フェイトも葛藤の末協力。
八神一家も思いつめながら、最後には和解して協力。
キリエにはそういったカタルシスがなく、「お姉ちゃんの言うことを聞いてればよかったごめんね」で今作開始時から協力。
どうせなら最後の最後までアミタとイリスのことを悩んで第3勢力でいてほしかった。

*********

・ムナクソボス
これまた過去作引っ張り出しですが、無印もA'sも、敵対していた相手にはそれなりの理由があり、最後には踏ん切りをつけて責任を取りますが、
山ちゃんは特に改心もなく、ポッと出てきて「とりあえず地球欲しい。お前も娘にしてやる!」だったので、完全に君必要だった?という気持ちでいっぱいでした。
やってることはジェイルみたいなものだと思いましたが、話に係る機関が短すぎてジェイルの方がまだいい悪役していたと思います。

*********

・過去キャラの趣向が変。とても。
前線攻撃特化のシャマルや「蛇腹剣?そんなものはない」と言わんばかりの弓フォームシグナム。
鋼のくびきなんてないがアンパンマンポーズで空を飛んで物を破壊する(というかそれしかしてない)ザフィーラ。
まだそこまで時間がたってないはずなのに教官めいてるヴィータ。
前線に出てきているのに私服のセクハラふぇれtt…ユーノ。
とりあえず出ただけー、アルフ。(これはA'sあたりからですけど)
すずかとありさに関しては本当に出てきただけで、でている過去作キャラクターがぞんざいに思えてなりませんでした。
「尺が…」と言われるでしょうけど、それならフレンズ2人は出す必要なかったでしょうし、ザフィーラやシャマルも後方支援に徹するだけでよかったのでは?とか、とりあえず出しとけ感がつらい。

*********

・主役ズは掃除人…?
正直、今回のなのはへ掘り下げも何もなく、急にアクセラレータを使ったり、とりあえず大気圏へ行ったり、特に思いつめることもなかったのに内なる自分と話したりと、なのはらしくなかったように感じてなりませんでした。
戦闘相手に無理にでも優しさだったりだったりを説いたり、相手を受け止めるために力が足りなかったことへの悔やみなどがほぼない。
シュテルとのからみもほぼ0。
フェイトもはやてもとにかく添えてあるだけ。
主役たちがサポートだけに徹するのを延々見続けるだけなので「もうこれなのはじゃなくてよかったのでは?」とまで思ってしまったりしました。
なのは節もまさかの前半の敵対役だったキリエでしたし。
とにかく「なのはを借りて新しい作品を描いた」感がきつかったです。

*********

・殴り合いの方向性違い
ごめんなさい、これが一番大きいかもしれないです。
少なくとも私は「魔力の殴り合い」が見たかったわけで、「物理的な殴り合い」が見たかったんじゃないんです。
科学的なものと魔術的なものの融合、と言ってますが、なのはさんはビームライフルをぶっぱなし、特にブレイカー級を使うこともなく終了。
最後に至っては借りた銃から”デバイスなしの”パルマフィオキーナ(手からビーム)で敵を倒すとか、「違う、そうじゃない」という気持ちでいっぱいいっぱいでした。
アミタさん終始バイクにお熱とか、そうじゃなくて魔力を使ってくれ…お願いだから…。
血はダバダバ出るし、なのはの右手は吹っ飛ぶし、もう、「うん」としか言えませんでした。

……絵がよかったじゃん!?と言われる方もいるかと思いますが、シグナムやリンディさんのデザインが酷すぎたことを、私は忘れられない。

水没王子
水没王子さん / 2018年11月2日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

終始戦闘

前編は数多くいる味方を活躍させるための敵で。その為の戦いで、と言う印象でしたが後編はまだお話としても無理なくまとまってたと思います。前編楽しめた人は後編も問題なく楽しめると思いますが楽しめなかった人は今回もしんどいと思う。

だいこん
だいこんさん / 2018年10月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

なのはファン待望の傑作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

一応、既存なのは作品はほとんど全て見たつもりで劇場に足を運びました。
さて、今回のdatonationは非常に素晴らしいモノであったと感じます。最初はa'sポータブル、godの焼き直しかもしれないと心配もしましたが、見事に予想を裏切られました。特にマテリアルズの正体についてが一番印象深かったです。その伏線に関しても、シュテルの髪とリボンおよびバリアジャケットのデザインの変更とレヴィの「ご飯をもらった」の一言がとりわけ巧妙であったと思います。レヴィに言わせるのはズルい。
ラスボスの存在はイリスの行動のおかしな点からその存在は匂わせていたので文句はない。(山ちゃんが出てきたからとか言ってはいけない。)このラスボスにも一考の余地がパンフレットの情報や行動の端々から十分にあるように感じます。ポッと出感は否めないですが、薄いキャラというわけでもなかったと思います。
今回は他の方々も仰っていますが、「なのは」の物語でもあったと思います。1stではフェイト、2ndでははやてときて、当然の流れと思います。今作はアニメシリーズのパラレルワールド的要素(あり様としてはマクロスシリーズに近い)があるのでstrikersまでのなのは撃墜に関しては触れるべきではないでしょう。兎にも角にも、なのはの無印テレビシリーズからの「いい子でなければならない」、「誰かを助ける自分でなければ嫌だ。」にやっと解決編がきました。嬉しいことです。もちろんキリエの成長の過程、アミタの強さ、舞台挨拶でもあった「これ以上、あたしをどうしようもないやつにしないで‼︎」という台詞などに現れるイリスの心の移り変わり、フェイト、はやての成長、さらに言えば前編から続くリンディたちとマクスウェルとの間にある"親からの子への愛"の対比も非常に良かったです。
良い評価を下す理由として最後にあげたいのはやはり非常に泣けるということです。私の個人的な好みとしては「GET BACK」の流れたマテリアルズがユーリとの過去を思い出すシーンとディアーチェの最後の一撃のときのあの台詞そして「暁の祈り」が良かったと思います。背景に流れる歌詞はまさにキャクラクターの心に沿ったものであったのではないでしょうか。感服しました。
話は変わりますが、ここまで褒めといて星5にしない理由が二点。ひとつは結界がどこまで通用するものなのかがよく分からなかった点(主に衛生砲、なのはの最後の砲撃等)です。戦闘シーンは悪くはないが爆発が強すぎた(datonationだけど)。もうひとつはマクスウェルの武装をもっと増やしていいのではないかと思うという点です。たしかにアミタ、キリエと互換性を持たせる必要があったとは思いますが、あと一つくらいは増やしても良かったのではないかと(個人的にはGNフィンファングぐらいのを)。この二点ですかね。合計-0.3点くらい。
最後になりますが今作はなのはシリーズとしても、一本の前後編の映画としても傑作であったと思います。突っ込みどころもありますが、やっぱりリリカルなのはは最高です。よく考えると伏線(回想でのユーリの目線の高さとか)だらけであるので何回も見直すべきだなと思います。目標回数は何回でしたっけ?
あと最後に余談ですが、闇の書の記録は過去の映像(イリスの宣伝等)であっても記録したタイミングを問わず、実際にその出来事が起きた順に並べられているのかなと思いました。ユーリが後で閲覧したのでしょう。加えて、なのはたちを小学校から卒業させていたので、もしかしたらなのはが教導の道を志すかもしれないターニングポイントになり得る中学生編が今後あるかもとも思いました。2ndの最後がテレビシリーズでのa'sのものと違うように。
長々として申し訳ありませんでした。拙い文章ですが読んでくださりありがとうございました。

タカトー
タカトーさん / 2018年10月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)

Reflectionから続く物語の解決編

本作でなのはシリーズの劇場版も4作品目になりました。
本作は前作であるReflectionが残した大量の伏線を解決することを目的とした話となっています。
バトル描写もうって変わり人物の細かな動きやカットクオリティの部分は前作に
比べかなり昇華されています。特に砲撃シーンや爆発描写における撮影班の仕事は2ndと比べても負けていなかったと思います。
ネタバレになるので厳密には控えますが、本作はReflectionで最初に問題提起されたエルトリア事情の問題だけでなく、長らく描かれなかった主役である『高町なのは』の内面性に関する問題に対して一つの答えが描写されます。
それゆえに古参のなのはファン人ほど是非本作を見て頂ければと強く思っております。
唯一不満点があるとすれば音楽性に関して挿入歌は素晴らしかったのですが、画の迫力が凄すぎてBGMの印象が過去作に比べて残らなったのは残念でした。

G-kazu
G-kazuさん / 2018年10月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

高町なのはの物語 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前作と今作をまとめてのレビューとなります。

今回の映画でやっとなのはが戦う理由が分かりました。
これまでのシリーズでも断片的に語られていましたが、ここまではっきりと語られるのは初めてではないでしょうか。
劇場版1st~Detonationの集大成としても、なのは放送15周年としてもふさわしいラストではないでしょうか。

また様々な人々の思いがぶつかる今作を劇場版2作という尺でよく描き切ったなと思います。

しかしその反面、GoDからの登場キャラの性格が変更になっていたり、ラスボスも唐突に出てきたりとストーリー面で、ん?となる部分がありストーリー面で100点とは言えません。

また7割以上が戦闘シーンで大技の連発で作画はよかったですが、スターライトブレイカーなどのインパクトのある技が埋もれていしまっていました。

またBGMも戦闘シーンが多いせいか、効果音にかき消され印象に残るものがほぼありませんでした。1stならSLBを打つ時の”星の輝き”、2ndならフェイトが闇の書の見せる夢からの脱出の時に流れた”Dear My Sister Dear My Memory”といった各作品の名シーンを引き立たせる名曲が印象に残ります。

そして最後に疑問に思ったのがなのはの後遺症についてでしょうか。
StrikerSでなのはが成長し管理局で教導管となったのは、今回の劇場版の物語が展開される時期あたりに発生した撃墜事件が理由だったと記憶しています。撃墜事件で多大な後遺症で歩くことすらままならないという苦い経験を経て、他の人には同じ経験を味合わせたくないという思いを抱き、教導官となったのではないでしょうか。ラストでは今回の事件で負った怪我のリハビリのシーンがあっさりしていたので、教導官になるきっかけが弱くなってしまったかなと危惧しています。今回の物語だけでは、救助隊に入る道もまだ残っているので…。

いろいろと細々書いてきましたが、やはりなのはは面白い、と再確認させてくれる作品であることは間違いありません。面白いからこそ細かいことが気になってしまうのは仕方ないかなと思います。

でもやっぱり5年は待たせすぎだよ都築さん…。

鎚淳
鎚淳さん / 2018年10月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

コアなファンのための映画

前編と間が空きすぎて、復習してから観なかったのが悔やまれます。誰?って感じのキャラが続々と登場して、頭を整理するのに時間がかかりました。
で、それを差し引いてもイマイチな出来だと思います。そもそも論だけどあれだけ新キャラ出さなくても良かった。見せ場もぶつ切りで個性がぼやけてもったいない。レギュラーキャラがもっと活躍して欲しかった。なのはとフェイトのイチャラブや、はやての幸せそうな笑顔がもっと観たかった・・・と言いたいことがたくさんある作品です。
作画も崩壊ギリギリなシーンがけっこうあってハラハラします。
戦闘シーンに被る歌は流石の迫力で、内容はともかくジーンと来ます。
日常アニメでいいからもう一度なのは作ってください。

らいむ
らいむさん / 2018年10月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)

なのはファンが大満足。TV版から一変した写実的な都市戦闘舞台にびっくり ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

全シリーズの作品を何度も見た上での鑑賞。

前編より遥かに上回ってる後編だった!

ロジックも何も不自然なところがなく、

何より、闇の書との関わりのある展開が魅力的。
フォーミュラという新しいシステム定式も珍しくて面白かった。
魔法とフォーミュラの結合って敵の望む戦力だけど、
結局全ての人を助けようとするなのはの力になるっていうところも感動的。
また資源や環境、復興となどのキーワードで色々現代人の生活を考えさせられる。

そして何よりA‘sの主人公たちが一緒に空に飛んでいるのは懐かしくて良い。中距離のなのは、接触戦のフェイトと広域の疾風の協力プレイも少ないが、見れてよかった。

クロノ、やアルフやザフィーラ、ユーノくんもA'sのように出ている。

唯一最後の処理が少し雑。
なのはが宇宙までに飛ぶシーンがいらない。
闇の書の時はアースラが解決してくれるのに、なぜ急に軌道上まで飛べるようになるのよー

SLB見れなくて残念。
というか、アクセラレータモードなど色々高速の技が出たせいか、技の名称を声優さんにあんまり言ってもらえなかった。
みんなそれぞれの懐かしい技などもなのはシリーズの見どころの一つなのに!

最後は、やっぱフェイトと疾風の声が大好きって呟いておきたい。

2回目の鑑賞もあり。

Strickers、機動六課の物語を待ってる!

ただジャケットは前の様式に戻して欲しい。

レインオ
レインオさん / 2018年10月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

公開まで5年 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

公開まで5年、前作ぶつ切りで結果6年でR12指定。ぶっちゃけR12指定と思われるシーン全部削ってもよい。というか惨殺のシーン詳細に書きすぎ。全体通して見るとまあこんなもんでしょうという出来。もともと外伝的な話なので。ただロボット要らなくないですか?衛星砲のシーンSLBスターライトブレイカーの見せ場じゃないですか、衛星砲をも撃ち貫くスターライトブレイカー。結界とか交渉とかそういう後付け感がある設定理由。少なくとも宇宙にあがって殴りあいして自爆より絵になると思う。その衛星砲を腹にまともに受けて意外に大丈夫なアミタ、イリスの直撃を顔面に受けて普通に大丈夫なキリエ、背中にしがみつかれて自爆され、瀕死の重傷のなのはの回復の早さ。というか自爆のシーンも要らなかった。黒幕のおっさんが長年かかって使えるようになったアミタより強い技をなんとなく見よう見まねで出来てしまうのはさすがなのは。何回も見たから使えるかなぁと思ったら出来ちゃいましたって。黒幕のおっさんも何だあの少女はと驚愕。もうなのはは最後でいいと思います。こんな出来で新作出来ないでしょう。この映画単体なら評価に値しない。だから、前作は評価レビューしていない。二部作で映像技術、音響技術、ストーリー、キャラクター、声優、主題歌、挿入歌、なのはという伝説をあわせての評価。

ブラッドシエラ
ブラッドシエラさん / 2018年10月28日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 5 件)

実はよく知らない作品

 冒頭余談ですが先月末よりリフレクションの再上映が行われ、おさらい鑑賞し前半部分を再把握できました。前回は日常から事件勃発〜役者が揃うまでの流れで、今作がその後始末回となります。

 可愛い少女がドッカンドッカン派手にブチかます豪快なアクションが見所で、前編も相当凄まじく今回は更にてんこ盛りの大暴れ、もはや核戦争レベルを思わせる壮絶な絵面です。ソレに加え、彼女らは小学生だったと思うのですが物言いも素行もかなり大人びて、そのためモブの大人達や男性陣が情けなさすぎる程に小さく見えてしまいます。
 とは言え前後編通してストーリーは、オチの不可解を除いて基本的には無難に仕上がっていたと思われます。今回は戦闘シーンが主でしたので持ち味の迫力で見せ場も多く、ガチ殴りもありで退屈するヒマもない展開です。ただ、アッチもコッチも死闘展開を畳み込んだ構成はイササカ見辛く感じました。

 そこで気になるのは、攻撃の手数が忙しくてその一手一手に気が込められず印象が薄い事でしょうか。魔法少女を掲げるのであれば、その部分をもう少し大事に考えた演出を求めており、某宇宙戦艦の波動砲の乱れ打ち大安売りの様な扱いは好みではありません。
 ですが、すでに理解が及んだファン向けの演出ならばソレは仕方ない事かも知れません。
 その他、作画の不備が気になるシーンが幾つか、そして極めつけにはラスボスによる今回の騒動に至る根拠がヤケに不可解で、曖昧なのが気になります。作品にケチが付くとまでは言いませんが、個人的に引っかかりました。

 その様な印象でしたが、TV版からバトルアクションジャンルとして成立している作品なので、そう言う向きの感想は的外れかも知れません。作品のポテンシャル的にはほぼほぼと言ったところでしょうか。
 最後に、今作は死者やけが人を多く出すシナリオで、諸々丸く収める結末にするならば尚一層練り込みをしないと、観終わった後の余韻にノイズを残しかねないと思われますが‥‥

Geso_de_Nyoro
Geso_de_Nyoroさん / 2018年10月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ゲームしてなかったから感動できたのかな

アニメしか見て無くて、ゲームは知りません。だからなのか、新鮮でした。
途中ひどい展開で涙出ちゃいました。
なんか個人的な過去とか思い出してオーバーレイしちゃいました。
最後は
やっと平和になって良かったです。

二週目来場者特典でミニ色紙もらいました。シュテルでした。

シマリス琥珀斎
シマリス琥珀斎さん / 2018年10月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

間違いなく当たり作品ではある

前作に引き続き大幅な設定変更、作画変更によりファンの中では賛否両論の作品であると思う。
前提としてTV版なのはやその設定を引き継いだゲームと同じ流れではないという作品。
なのはにまつわる話であるはずがGODやマテ勢の回想や戦闘でなのは達の活躍の場が多少前作品に比べると薄いのが少し残念だったかもしれない。
反面映像作品としての出来映えは良く、SEでかきけされてしまいガチではあるもののBGM、主題歌、挿入歌のクオリティも高く迫力があり楽しめた。
GOD勢やマテ娘が好き人はなのは達との絡みや全員が主役級の迫力あるバトルが見えるのでかなりオススメ。
やはり残念なのはなのはさんの後遺症についての話はもう少し掘り下げて欲しかったなという所でしょうか。
とにかくリフレで投げてしまった人もデトネは割りと評価して見れるようになった良作品だと思います。

ウンコウンコスル
ウンコウンコスルさん / 2018年10月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

単純に面白かった

前作が派手なドンパチバトルでストーリーが進まなかったこと。
また黒幕の子であるイリスとラスボスと思わしき少女のユーリが出てきて終了したため本作では何かやることあるかと思いましたが、予想はいい意味で裏切られました。
本作品は一言で言えば前作で張られた複線の解決編という流れになっています。ユーリとイリスの関係、前作の途中から出現したマテリアルズの正体、真の黒幕などといった情報が2時間の映画の中に納まっているのでシナリオは非常に濃い内容になっています。
また涙腺を潤うシーンが多数入っているため視聴者の心を揺さぶられること間違いなしです。是非この感動を見ていない方にも味わって頂ければと思います。

ナカ隊長
ナカ隊長さん / 2018年10月28日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

41件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報