「嘘は真実の陰…」祈りの幕が下りる時 にょむさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

祈りの幕が下りる時

劇場公開日 2018年1月27日
全299件中、8件目を表示
  •  
映画レビューを書く

嘘は真実の陰… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作未読
阿部寛ファンなのにシリーズ未見
2018年の映画だけど時代背景は昭和まで遡る
仕事にかまけて家庭を顧みない父、鬱になる母、旦那名義で借金して蒸発する母、娘を溺愛して生きる父
これ、当時の家族構成の破綻の話しでもあるんだよね

主人公の母にたどり着く流れの話しの筈なのにメインはそこじゃない
話は暗いのに淀みなく進み、停滞しない
主人公の母に対する想い、犯人の父に対する想い
そしてその両者の繋がり
つまり主人公と犯人、そしてその親同士は晩年において深い繋がりがあった事
その対比的な人物関係も秀逸
しかし犯人が主人公に会いたがるかは疑問かな
その逆は動機として十分だと思うけど

も一つ粗探し的な事でいうと、幼馴染の年老いた父親をあの人混みの劇場で観て判るなんてないよ、位かな

犯人の子供時代における親との逃避行、離別からの密会もよく描けていたけど感情移入はしなかった
結局、犯人(娘)のおかげで父親は別人になりすまして日陰暮らししながら娘の人生を見守ってたわけで、そもそもワゴン車で娘がした不可抗力の殺人をよく投身自殺に仕立てあげれたよねって思うし、他の生き方もあっただろうに父親の視野狭窄っぷり
最後は焼け死ぬのはイヤだよね?って娘に絞殺されるという狂気の沙汰

となると主人公の母親との繋がりがかなり希薄に感じてしまったりもするのですが、なんだろうこの満腹感は
とても満足したのです(*^ω^*)

にょむ
さん / 2018年8月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi