RE:BORN リボーン

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
RE:BORN リボーン
35%
38%
15%
4%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「HiGH&LOW THE RED RAIN」のアクション監督,も務めたTAK∴こと坂口拓が最強の元傭兵役で主演した格闘アクション。かつて最強の傭兵部隊に所属しながら、特殊訓練の最中に自らの手で部隊を壊滅させてしまった敏郎。現在は石川県加賀市のコンビニで働きながら、少女サチとひっそり暮らしていた。そんなある日、町で不可解な殺人事件が起きる。それは、敏郎が壊滅させた部隊の指揮官ファントムが発した、敏郎への警告だった。共演には斎藤工、元「AKB48」の篠田麻里子ら豪華キャストが集結。「GANTZ」「図書館戦争」シリーズのアクション監督・下村勇二がメガホンをとり、米軍特殊部隊の格闘技教官も務める稲川義貴氏が戦術戦技スーパーバイザーとして参加した。

2017年製作/106分/PG12/日本
配給:アルバトロス・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • スペイン一家監禁事件
  • ゲーム・オブ・デス
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • 寄性獣医・鈴音 EVOLUTION
  • ヒューマン・レース
  • ライアー・ハウス
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • ドクムシ
  • 忍者狩り
  • ザ・ブラック・ベア
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)「リボーン」製作実行委員会

映画レビュー

2.5メリハリの大事さ

shotgunさん
2019年7月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

恐るべき戦闘能力を持ち恐れられた敏郎は身を隠し少女と共に静かに暮らしていたが、静かな生活が殺し屋の襲来によって揺らぎ…。
坂口拓主演作。アクションは間違いなく一級品だが、中盤以降は1時間レベルでずっとアクションで凄い殺陣にも関わらず少し中だるみを感じてしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
shotgun

3.0アクション特化型殺陣映画

2019年6月13日
iPhoneアプリから投稿

棒読みのセリフ。
カッコつけすぎな演出。
ストーリなどあってないようなもの。
ドラマパートはとにかく酷く、日本映画の悪い部分を寄せ集めたような印象。

だが、アクションに特化しただけあって殺陣は本当に凄まじい。
キレのあるフレッシュなアクションとバイオレンス描写は日本映画にしてはかなり頑張っていると言って良い。

大塚明夫氏の出演もメタルギアファンとしては嬉しいところ。
容姿もビッグボスそのものだった。

アクションもドラマもギュッと凝縮して80分くらいに納めたら良作にもなり得たかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジョイ☮ JOY86式。

今改めてみると嫌いじゃないけど

wakanaさん
2018年12月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

演技はダメなのよね。せりふが臭すぎるというか下手なの。篠田麻里子さんや他のキャストで人気が一時的に出たのかしら。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
wakana

1.0擬闘を延々と観せつけられてもねぇ。。。

2018年4月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

現代のアクションという物をもう一度見直さなければならないのではないか?と思わせる作品。

主人公は身体的に凄いかもしれない。しかしこの映画でやっている事は格闘やアクションでは無く、擬闘である。

擬闘は対戦相手の能力ありきでアクション・格闘に似た形を表現でき、またそれが上手く絡み合う事により「本当の闘いの様に見えてこのアクション凄い」と思う訳だが、この映画からは相手が「100%負けるのが前提の動き」であり、そこから何もアクションの面白さが伝わって来なかった。
別の言い方で言うと「リアリティ薄い」とか「チープ」「最初から八百長臭い」である。主人公のキレに身体を任せているに過ぎない。

それが映画の時間で言うと9割型続くのである。苦痛である。仮面ライダーで言えばショッカー隊員と延々戦闘している様なもの。
擬闘に工夫が無くつまらない場面が多い。

主人公が半無敵状態な作品と言えばスティーブンセガール主演の沈黙シリーズがあるが、そちらの方がまだストーリーがあって面白い。

今の時代に合っていないと思う。

WOWWOWの「MOZU」の様に映画では無く、連続ドラマでストーリーがもっとあった方が面白かっただろうに。勿体ない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
巫女雷男
すべての映画レビューを見る(全23件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る