リズと青い鳥のレビュー・感想・評価

メニュー

リズと青い鳥

劇場公開日 2018年4月21日
77件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

映像でないと表現できない何か

言葉で語れないものを語るからこそ、映像作品には価値がある。しかし、本当の意味でそれをできる人はそう多くない。この映画はそれが非常に高いレベルで出来ている。「名前のない感情」を描きたいと監督はいっているが、まさに名付けようのない何かを捉えている。無理に名付けた瞬間、壊れなそうな何か。

アニメは動きを追求するものだ。動きによって何かを表現する、というのは芝居で言えばパントマイムのあり方に似ている。ウォルト・ディズニーは新人アニメーターにキートンなどの芝居を見せて教育したらしい。

しかし、この映画の芝居は何か別の方向を向いているように思う。パントマイムで「喜び」を表現するなら「笑顔」を作る。従来のアニメもそういう表現になる。しかし、この映画は「笑顔」であっても、その裏には違う気持ちがあることを描く。生身の役者ではなくアニメーターが描く芝居にもそういうものがあるのか、と驚いた。

何度観ても新しい発見がある。すごい、本当にすごい。

ローチ
ローチさん / 2018年4月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 7 件)

心に響く作品です

TVシリーズに比べ、大人びた作画に変わっていましたが、こちらの方が話の内容に合っており良かったです。
個人的には、滝先生の登場シーンが少なかったのが残念でしたが、今回は仕方ないですね。
それはさて置き、みぞれのオーボエの演奏には、涙が出てしまいました。
鑑賞後数日はオーボエの音が頭から離れず、仕事中つい涙が出そうになりました。
それほど私の中に残る作品になりました。
もう一度観に行くべきか、BDを買うべきか・・う〜ん、悩みます。

はるっち
はるっちさん / 2018年5月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

描写の繊細さ!

以前のユーフォニアムシリーズのアニメも映画も原作も知らずに映画を観ました。余りに印象深かったので一週間後にもう一度鑑賞し、やはり素晴らしい作品だと思いました。最後に原作小説『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』を読みました。

ここの他の方のレビューを見ますと、この映画の良さを同じように感じ取った方がたくさんいらっしゃるようで、意外ではありますが、嬉しい。

「意外」と言ったのは . . . この映画のように、話が余り展開せず丁寧な心理描写に集中した映画は、往々にして「退屈だった」「眠くなった」という感想が多くなりがちなもの。丁寧な描写を褒め称える声が、こんなにレビュー欄に並ぶのは珍しいと思ったからです。

アニメには、実写映画とは違った難しさも有るでしょうが、実写版には出来ない自由度もたくさんあり、まだまだ表現の開発の余地が大いにあると改めて思わせてくれました。

以下の感想は、他の方々が上手に言って下さっていることが大部分です。

*描写の精密さに惹き込まれて退屈する暇がない。

*実写映画並みの細かい表情・仕草の描写 . . . いや、アニメならではの部分も大いにある。例えば、目だけであれだけ語らせるのは、実写だと難しいかも。

*演出の斬新さ(僕にとっては)。例えば、足の動き。後ろに回された腕と手のアップ。

*音楽と映像のリズム感の一致。吹奏楽の場面のことではなくて、普段の場面で、音楽のリズムと映像のリズムが心地よく合ってる。これはアニメならではか。音楽自体もいいですねぇ。

*音楽がないところの音が活きてる。足音とか。

*物や風景など人物以外へのフォーカスのあてかた。鳥が飛ぶ場面が長回しだったり . . . 人物以外の描写も、人物のこころの表現に寄与している。

*画面の美しさがすごい。

*原作でも男子生徒は出てこない方が良いと思いましたが、映画ではほぼ完全に女子校になっていて、さらに繊細になっています。みごと。

*例の、関係性の変化を象徴する演奏での音楽の表現が素晴らしい。

Ryo
Ryoさん / 2018年5月23日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

空気感を味わう映画

山田尚子監督がインタビューで語っていた様に、この映画は「少女たちの秘密のやりとりを、息を潜めてこっそり覗き見する」映画でした。
それっぽい言い方をするなら、山田尚子節炸裂といったところでしょうか。

登場人物は決して多くなく、またストーリーの展開もそれほどあるわけではありません。
ですが、その分全編にわたって詰め込まれた間がこちらの心に訴えてくる様で、気がついたら涙を流していました。
動きのひとつひとつ、音のひとつひとつ全てに意味があって、登場人物たちをリアルに感じさせてくれます。

特に気になったのが音に関する部分です。
高校の吹奏楽部が舞台ですが、BGMも控えめで無音のシーンも多く、無音もまた音なんだと強く感じました。
私が気に入ったシーンとしては、無音ではないですが、みぞれが水槽のフグを見つめるシーン。
水槽の空気ポンプの音だけが聞こえてくるところで、実際にそんな記憶があったかは定かではありませんが、私の学生時代を想起させる様な不思議な引力を持っていました。

アニメだからこそ、実写以上にリアルな描写ができるということを、まざまざと見せてくれました。
空気感を味わう90分、おススメです。

Kujo-i
Kujo-iさん / 2018年5月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

テーマは「依存」と「成長」

良い意味で、誰かに依存した事があるような心の弱い人向けの物語だと思った。「Papa told me」とか好きな人にはささると思う。

マイキー
マイキーさん / 2018年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

青春だなぁ〜

若いっていいね。

オレオレヲ
オレオレヲさん / 2018年5月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい映画だ、最後で涙は出ました

いい映画だ、最後で涙は出ました

akagi0506
akagi0506さん / 2018年5月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても良かった

が、人を選びそうな作品ではあると思う。
1から10まで説明されないと分からないような人にはウケないだろうなと
僅かな動きから心象描写をしていて2人の位置関係ですら意味を持っていたりする、そういったとことんこだわったアニメーションやストーリーを汲み取れなければ凡作といった感想になるでしょうね
確かにこれを初見で見れないことはないけど、根底には今までのユーフォニアムのお話しがあって魅力を伝えきれるといったとこかな?
リズと青い鳥始まる前に2期まで視聴して心待ちにしてましたが…最高でした

ゆうあ
ゆうあさん / 2018年5月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

言葉では表現できない90分間

この映画は観るというより聞くそんな感じの映画で音で魅せるそんな作品だと思います。
主人公の性格上なかなか声に出さないがそんな彼女の心のなかを音で表現していて集中を切らせないそんな引き込まれるような作品です。
見終わった後のなんと表現したらいいのかわからないが、いい物を見たなと感じる彼女たちの儚くも美しい青春の一部の話です。

まふゆ
まふゆさん / 2018年5月8日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

☆☆☆★★ マイケル・アプテッドは以前に、007シリーズで監督をし...

☆☆☆★★

マイケル・アプテッドは以前に、007シリーズで監督をしており。言ってみれば、今回の作品はその女性版…と言えなくもない。

最近では『アトミック・ブロンド』や、『レッド・スパロー』等が有り、多少の既視感は否めないか?

そして、前者2作品を含め。どれもこれもその内容には、裏切り有り。どんでん返し有りで、二転三転四転…と果てしない。

前者2作品の主人公は、過去には一瞥もくれずに前に向かって突き進む強い女性像としてのキャラクターだったのに対して。この作品の主人公は、過去の出来事から自身の《責任》の呪縛に囚われており。それは一見すると、【人間的】には見えるものの。作品中に於いて、自身の為に死んで行った人を悲しむ様子が、今ひとつ薄い(様に伺われる)面が有り。その辺りが、主人公のキャラクター及び。作品としての弱さに繋がっている様な気がしてしまう。

交わされる視線。上履きの色で表現される上級生と下級生との関連性。
主人公2人の会話は、ハイソックスの色の違い。脚の組み方・上履きの脱ぎ方・目線の動かし方等の違いで(勿論喋り方も)性格を表し。
また画面背景のボカシ方・風にそよぐスカートの袖や髪の毛等…。
観終わった直後には気付かずにいたのですが、時が経つにつれジワジワと心に響いて来ています。

2018年4月26日 TOHOシネマズ日本橋/スクリーン4

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2018年5月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

語るに術なし

言語表現に頼らず、映像と音楽による表現に全振りしたような映画で
ダイレクトに痛覚を剥き出しにしたような感情の渦を流し込まれた感覚だった
よって、基本的にこの映画を言葉で評することに不可能性を感じる
言語化して語ろうとすればするほど本質から遠ざかる
とにかく一度見てくれと言う他にない

lak510
lak510さん / 2018年5月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

期待しすぎた

絵はとても綺麗だったけど、ストーリーは別にって感じ。話に面白味がない上に、盛り上がりもなし。ただただ退屈。
同じ京アニの聲の形も劇場で観たけどあまり好きになれなかったし、自分京アニの作品と相性合わないのかなと思ってしまった。

Stockholm
Stockholmさん / 2018年5月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 短い映画なのだがドラマがなかなか展開せずけっこう長い時間退屈だった。主人公が鬱か自閉症気味で、うちの娘があんな風に育ってしまったらどうしようと心配になる。音楽の才能に恵まれていてもあんなに暗い顔で生活していたら何も楽しくないのではないだろうか。暗闇に閉じ込められているような人生だ。

 音楽の才能がなくても明るくて友達がたくさんいて、気遣いができる希美みたいになって欲しい。

 みぞれがガツンと演奏を決める場面はよかったのだが、音楽がとても地味で渋い選曲で、もっと感動的な曲ならさぞ泣けたのではないだろうか。

 『声の形』が素晴らしかったので見に行ったが渋すぎて、攻めの姿勢は感じたのだが、期待したものとはずいぶん違っていた。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2018年5月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少女漫画

大変美しい少女がたくさん出演
これは大変と思いましたが、とても引き込まれる作品でした

Daikokumai
Daikokumaiさん / 2018年5月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何度も繰り返し鑑賞したい作品。けれど、万人におすすめできる作品では...

何度も繰り返し鑑賞したい作品。けれど、万人におすすめできる作品ではない。

主人公と友人の感情のもつれを描写しているが、それによって事件が起きるわけではなく、決定的な対立があるわけでもない。主人公は一人で悩み、音楽を通じて答えを出し、友人との関係を修復する。それだけ。
ストーリーだけを追うと、かなり地味。主人公や友人の心の葛藤(およびその描写)に興味がない人には退屈だと思う。
この作品にカタルシスを求めるなら、終盤のオーボエ演奏とそれ以降の流れがそのタイミング。でも、そこに至るまでの積み重ねに共感できていなければ、感動するのは難しいだろう。

自分としては、映画館で見て、またすぐに映画館で鑑賞したいと思った。あれだけ繊細に描写を重ねているのだから、一度見ただけでは見逃してたものがいろいろとあるはずなので。それに、全体の構成を知った上で見直すと、新たな発見もあるに違いないし。

原作からの改変は残念。もちろん、この映画は完成された素晴らしい作品だと思うけれど、それはそれとして、原作に忠実な映像作品も見たかった。

dsk
dskさん / 2018年5月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どうでしょうー

男、女、年代で、全然意見が別れる、主人公の同世代ならかなり、共感する作品だと思います。

人との距離感がものすごーーーーい、重要な位置をしめていて、ものさしで測って作画したんじゃないかと思うほど。
歯がゆくて、切なくて、どうしたらいいの?(笑)みたいな、感情で僕は見ました。

jointになって良かったです。そう思った方がこの映画が、面白かったか、面白くなかったかの境目だと思います。

僕は、テレビアニメも見てたので、キャラがテレビと違って少し寂しかったです。

hide
hideさん / 2018年5月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

言葉以外で伝わる感情

人物の細やかな動きや表情から感情が感じ取れる作品。

感情を読み取ろうと一挙手一投足に釘付けになってあっという間に終わってしまった。

アニメーションはここまでできるのか。

もつく
もつくさん / 2018年5月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

好き

原作もTVアニメも楽しんでいる愛着のある作品のスピンオフではありますが、本作品独特の映像で新鮮に感じました。「リズと青い鳥」の演奏シーンが特に印象的で、久しぶりにサントラを購入してしまいました(´▽`*)

こーだ@北九州(チームあるあるYY№7)
こーだ@北九州(チームあるあるYY№7)さん / 2018年5月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良いですよ、これは

響けユーフォニアムは未視聴。というかOPが始まるまでこれがユーフォニアム関連のお話だということも知らなかった。なので、人物相関はおろか登場人物の顔と名前さえわからない状態での視聴。
しかし、描写がとても丁寧。まずは言葉も交わさず表情も差し込まずに主要人物の関係性を描き、そのうえ心情描写のほとんどがちょっとした仕草で表されている。本編の間、ずっとそう。

表情はむしろ何かを隠しているサインとして使われ、ちょっとした仕草で何を想っているのかほんのり匂わせてくる。非常に文学的である傍ら、文章の表現を超えており、これが本当の「アニメーション」かといたく感心した。
……という分析はともかく、画はもちろん話も美しい。そして、ずっと表情に出さなかったがゆえに、気持ちを隠さなくなった瞬間からがより美しく輝いて見える。
どこに、なぜ、はよくわからなかったが、とにかく泣いてしまった。

サブレ
サブレさん / 2018年5月5日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ひどいwwwいい意味でwww

ちょっとwwwこれなんかひどい悪い意味じゃないけどいい意味で
思春期にありがちなことだよね~
新キャラもてできたし
なんか言葉で説明できないけどたぶんこれ二回みないと内容がなんかつかめないと思うのは私だけでしょーか

零
さん / 2018年5月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

77件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi