LOW DOWN ロウダウン

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ウィンターズ・ボーン」のジョン・ホークスと「マレフィセント」のエル・ファニングが共演し、実在の伝説的ジャズピアニスト、ジョー・オーバニーの半生を娘の視点から描いた伝記ドラマ。1970年代のハリウッド。偉大なジャズピアニスト、ジョー・オーバニーの娘エイミーは父のことを心から愛していたが、父は薬物依存から抜け出せず、刑務所送りを繰り返していた。アルコール依存症の母とも別居が続いており、エイミーは父と同じように薬物中毒のミュージシャンや、売春やポルノを生業にする人々に囲まれた不安定な環境の中で成長していく。そんな中、エイミーに初めての恋人ができるが……。ロックバンド「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のフリーがトランペッター役で出演。

2014年製作/114分/アメリカ
原題:Low Down

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0"ジョー・オーバニー"

2019年3月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

萌える

50年代〜60年代には重度のジャンキーだったらしいジャズメンのピアニスト、"ジョー・オーバニー"を恥ずかしながら始めて知った。

70年代に入り復活して精力的に活動していたようだが、本作は正に70年代の彼を娘の視点から描いているような伝記映画である。

娘思いで優しい父親とそんな"ジョー・オーバニー"を尊敬し健気に寄り添う娘を中心に仲睦まじい親子って、簡単には行かない。

いや、父親思いの優しい娘がどんな状況でも見捨てずに尊敬も薄れず父親を愛し続けた健気さが描かれた本作で、ダメ親父も懸命に父親であり続けようとしていたのであろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

ジャズが生きていた時代

そんぼさん
2017年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

 ひさしぶりの70年代。
「自由」と「ベトナム戦争」と「くすり」と、「ジャズ」。「ジャズ」にしろ「ロック」にしろ、音楽はいつもそのシーンの「未来」だった。
彼のピアノがよかった。プレイヤーがセンスだけのヤク中のクズだった現実を理解していれば、もっと良くなったのに。
そんな時代が、あの時代。一種の「熱狂の時代」だった。よくもわるくも、二度過ごせない時代。
日本のバブルもそうであったように。
時代は、ひと達の希望や意思の反映であり、現実なのだ。それが、すばらしいと思えた「ケネディー」の米国の夢であっても、地に落ちた「日本のデフレ」の日々の経験であれ。
ぼくらの選択の結果なのだ。

 大人になった エル・ファニングは「ふぅーん」、わりといい味をだしている。
祖母の存在がベースの低音のようにリズムを刻む。
芸術家の、何のコトバを拾えるのか?
それでも、また観たいと思わない映画を評価できるだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
そんぼ
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る